1
/
5

インターン生インタビュー企画 第1弾「新卒社員と現役ベテランインターン生に聞く急成長スタートアップの魅力とは」

パンフォーユーにインターン生から新卒入社した新卒社員とパンフォーユーの現役インターン生で座談会を開催しました。

座談会ではインターンを始めたきっかけから、急成長スタートアップでのインターンの魅力まで語ってもらいました。

■インタビュワー
・金丸慎太郎(かなまる しんたろう)
 2020年11月からインターン開始。2021年4月に新卒入社

■インタビュイー
・山田武蔵(やまだ むさし)
 2020年2月からインターン開始。2022年4月に新卒入社予定

・鈴木実乃里(すずき みのり)
 2020年11月からインターン開始。

ーインターンでの業務内容について

[金丸]
まず、簡単にお二人の業務内容について教えてください。

[山田]
私は、パンを販売したい事業者とパン屋さんをつなぐプラットフォーム『パンフォーユーBiz』の営業を担当しています。具体的には、パンフォーユーBizの中でも商品開発、スーパーや催事での発注におけるオペレーション業務全般を行なっています。

[鈴木]
私は、個人のお客様向けの冷凍パンの定期便サービス『パンスク』のチームに所属しています。これまでは、パン屋さんがパンスクを開始するまでに必要となるサポート業務、パン屋さんへの営業、パンスクユーザーの情報収集等を主に行なってきました。現在はパンスクだけでなく、新たな新規事業に関する業務にも取り組んでいます。

[金丸]
ありがとうございます。
今回の座談会には、インターンに興味のある学生の方が多く参加されていますが、そもそもお二人がパンフォーユーでインターンを始めたきっかけを教えてください。

[山田]
私はパンフォーユーが本社を構える群馬県桐生市出身で、大学も群馬県にあるため、群馬県内でインターン先を探していました。しかし、地方ということもあり、なかなかいいインターン先を見つけられていなかった時に、たまたまパンフォーユーに出会ったのがきっかけです。
当時、パンフォーユーでは桐生本社インターン生の募集をしていませんでしたが、色々と調べていくうちにここで働きたいと強く思うようになり、代表の矢野さんにFacebookでDMを送って、なんとか働かせてもらえないか、とお伝えしました。

[金丸]
すごく珍しいですよね。私も社長へ直接DMを送った人は初めて聞きました。私含め、今日参加されている皆さんは彼のバイタリティの高さを見習わないとですね...!
鈴木さんはどんなきっかけだったんですか?

[鈴木]
私はお休みの日にパン屋さん巡りをしたり、自宅で1からパンを作るくらいパンが好きなのですが、パンが好きすぎてインターネットで色々調べていた時に、たまたまパンフォーユーを見つけたのがきっかけです。その時に『パンスク』のサービスを知り、「こんな魅力的なサービスがあるんだ!」と感じていたところ、長期インターンを募集されているのを知り、すぐに応募しました。

[金丸]
ちなみに、僕はもともと地方創生や食という領域に興味があり、パンフォーユーの『新しいパン経済圏を作り、地域経済に貢献する』というビジョンに共感したのが入社のきっかけですが、話を聞けば聞くほどいろいろな背景をもったメンバーが集まっている、とても面白い会社ということを改めて実感しますね。
インターンを始める前と後でインターンやスタートアップに対するイメージにギャップはありましたか?

[山田]
私は、パンフォーユーでインターンを始めるまでスタートアップに対してすごくキラキラしたイメージを持っていました。しかし実際は泥臭いことも多く、地道なことをコツコツと成し遂げた上にキラキラした未来があることに気付きました。

[金丸]
私も、端末の動作不良で1日で20km以上も都内を走り回ったこともありますが、責任ある仕事を任せてもらえているからこその悩みですよね。そんなお二人は、パンフォーユーで長い間勤めていますが、今まで働いてきた中で感じた会社の変化などはありますか?

[山田]
私が最も感じた会社の変化は、メンバーが増えたことです。会社の成長とともにメンバーも増え、それに伴い立ち上がっていく様々な事業における『0→1』の部分を身近に体験できたことは、とてもいい経験になったと感じています。

[鈴木]
私も、会社のメンバーが増えたことが大きな変化だと思います。
それに伴って事業の規模も大きくなったことにより、関わるパン屋さんや会員さんの数が増え、今まで以上にサービスに対する思いややりがいが増していったと思っています。

インターンにおける自分自身の成長について

[金丸]
ここまで、入社した経緯や会社の変化についてお聞きしましたが、ご自身の成長についてはどのように考えられていますか?

[山田]
私自身は、行動力が1番成長したと感じています。限られたリソースや時間の中で、どう効率よく業務を進めていくのか、目の前の案件をどう取っていくかを常に考えながら業務に取り組んできたので、考えた上で行動するといった行動力が身についたと思います。

[金丸]
特に、山田さんに関しては法人向けの営業ということもあり、商談相手は比較的年上の方だと思うのですが、その点で何か成長を感じたことはありますか?

[山田]
はい。法人向けの営業ということもあり、かなり経験豊富な上司の方々と一緒ができているため、日々本当に多くの学びを得ることができています。

[金丸]
私もその点には、大変共感します。やはり、スタートアップという環境だからこそ経験豊富な上司の方々と直接一緒に仕事ができるのが、パンフォーユーの1つの魅力ですよね。鈴木さんは、どうですか?

[鈴木]
私は、『組織の中で仕事をすること』について学ぶことができました。チームの一員として、周囲の状況を見ながら働くことは、長期インターンであるからこそ学べることだと思います。パンフォーユーでは、インターン生・社員関係なく本当に様々な責任ある業務を任せてもらえ、その分わからないこと教えてくださる環境もあるからこそ、周りを見て学びながら業務を行うという点で成長できたと感じています。

[金丸]
周りを見ながら働くのは、最初は難しい所だと思うのですが、苦労したことやその中で意識したことはありますか?

[鈴木]
インターンを始めた時は、わからないことを人に聞けず一人で溜め込んでしまっていました。しかし、業務を行っていくにつれ、聞かないと解決できないこともあると気づいてから、躊躇せずに色々な業務に取り組めるようになりました。

[金丸]
本当にすごいスピードで業務が進んでいくので、わからないまま放置すると分からないことが積み上がっていってしまいますよね。

パンフォーユーでのインターンの魅力について

[金丸]
パンフォーユーをはじめとしたスタートアップ企業でインターン生として働く魅力は何だと思いますか?

[鈴木]
私は、通常のアルバイトとは異なり、会社の中でどのように業務が進んでいくかをリアルに体験できることだと思います。その上で、責任をもって業務を任せてもらえるところがありがたいと日々感じています。

[山田]
私は「圧倒的な経験ができること」だと感じています。私が行っている法人向けの営業でも、最初は上司の方と一緒に商談に参加していましたが、経験をつむにつれ自分一人で営業をする機会も増えてきました。私の場合は営業ですが、職種問わずインターン生でも1人で任せてもらえることは多く、他では経験のできないことだと思います。言ってしまえば、やる気さえあればなんでもさせてもらえる環境であるため、新しくインターンを始めたい学生にとてもおすすめできるポイントです。

[金丸]
インターン生として任せてもらえる業務の幅が広いことはパンフォーユーの魅力ですね。
鈴木さんは現在大学3年生ですが、将来に対して何か考えていることはありますか?

[鈴木]
私の直近の目標としては、現在資格を取得を目指しており、その資格を用いて仕事をしたいと思っていますが、将来的には地方の中小企業の方々と一緒に仕事ができるような場所で働きたいと考えています。

[金丸]
最初は、偶然パンフォーユーにジョインした鈴木さんですが、将来についてきちんと考えられていて僕自身驚きました。

[鈴木]
私はパンフォーユーに入って、この気持ちがより強まった気がしています。今思えば、パンフォーユーに入って本当によかったと思っています。

[金丸]
最後になりますが、お二人はどんな人にパンフィーユーのインターンをお勧めしたいですか?

[山田]
私は、インターン生でも広い裁量をもって働きたい学生に勧めたいです。パンフォーユーでは、インターン生をインターン生だと思わず、ひとりのメンバーとして思っているからこそ、裁量を持って働くことのできる環境なので、圧倒的に成長したい人や経験を積みたい人におすすめしたいです。

[鈴木]
私は、インターン生であっても様々な業務ができるので、何か1つのことに熱中して真剣に取り組みたい方、責任を持って働きたい方にお勧めです。さらに、パンフォーユーの事業やサービスに興味の持てる方であれば、無理のない範囲でなんでも任せてもらえるので、興味のある方はぜひ一緒に働きませんか。

株式会社パンフォーユー's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more