1
/
5

What we do

クラウドの価値を最大限に活用
DWSの目標は、クラウドのプロフェッショナルとして、コンサルティングから設計・開発、クラウドネイティブなアプリケーション開発、攻めの運用までをワンストップで対応し、お客様のビジネスを成長させることです。 プロジェクトはすべてプライム案件(元請け)であり、お客様と直接話し、悩みに寄り沿い、協力して課題解決を行っていきます。 事業の柱として以下のサービスに注力しています。 【デジタルトランスフォーメーション(DX)】 ビジネスモデルの変革を目指して、事業に最適なAWSの設計・導入支援、オンプレミスからAWSへの移行、老朽化したレガシーシステムのリプレイスなどを行います。ビジネスロジックのスクラッチ開発、リファクタリングなど、磨き上げたワークフローやナレッジを駆使して、体系的なアプローチを行います。 【DevOps支援】 実践的なプラクティスやツール、カルチャーの浸透を行うことで、開発業務の改善や、スピーディーな新規事業の立ち上げを行います。DWSは、様々な開発現場をサポートしてきた実績が認められ、DevOpsに関するAWSの認定「AWS DevOpsコンピテンシー」を取得。DevOpsの専門家として、顧客の開発業務を包括的に支援します。 【コスト最適化】 クラウドを活用し、間接的な必要経費や、企業価値に対する潜在的なリスクも含めた「システム総保有コスト(TCO)」を可視化。各項目ごとに詳細な削減・見直しの施策を実施することで、TCOの最適化をはかります。 【Technology】 DockerコンテナやDatadogの活用、WordPressの先端ソリューションなど、最先端のテクノロジーを導入してITシステムのモダナイゼーションを行い、高い付加価値を実現します。サーバーレス(AWS Lambda)とAmazon CloudFrontの高い専門知識はAWSにも認定され、「AWS サービスデリバリープログラム(SDP)」を取得しています。

Why we do

DWSのミッションは、「情報化社会を生きる人々の幸せに貢献し続ける」です。 情報技術の活用を通じて、"より良い社会”、”より良い働き方" を実現し、人々の幸せに貢献したいと願っています。 そのためには、私たち自身が情報技術のプロフェッショナルとして進化し、より良い働き方を実現することが大切だと考えています。 変化を恐れず、挑戦し続けること。仕事も遊びも本気で取り組むこと。一緒に汗を流すメンバーを尊重し、ともに成長すること。More Professional、More Trust、More Fun。この価値観を大切にして、これからもチャレンジし続けます。

How we do

スピードと品質を生むためのチームビルディング
独自カリキュラムによる体系的なスキル習得
ミッションの実現のため、以下のような取り組みを行っています。 【エンジニア全員がクラウドのスペシャリスト】 DWSのエンジニア全員が、クラウド分野の専門能力を備えたスペシャリストです。 高い専門性を持つメンバーがチームを組むことで、挑戦的なプロジェクトや、広範囲に渡る深い知識が求められるプロジェクトを、数多く成功させています。 また、多くのメンバーが「AWS認定ソリューションアーキテクト・プロフェッショナル」「AWS認定DevOpsプロフェッショナル」などの上位のAWS認定を取得しています。 【スピードと品質を生むためのチームビルディング】 メンバーの専門性をふまえて、以下のような領域ごとのプロフェッショナルチームを編成します。 - クラウド基盤の開発・構築 - クラウドネイティブ・アプリケーション開発 - フロントエンド開発 - SRE(Site Reliability Engineering) - クラウド活用のコンサルティング チームプレーで課題解決に臨むことで、開発の品質やスピードを確実に担保します。 【独自カリキュラムによる体系的なスキル習得】 技術領域ごとにMMM独自のカリキュラムを整備して、体系的・効率的なスキル習得を図っています。 新しく参加したメンバーも、いち早くスペシャリストとしての道を歩み出すことが可能です。 【メンバー全員がフルリモートワーク(テレワーク)】 ワークライフバランス向上と業務効率化のため、会社設立当初から全員がフルリモートワークを実施しており、場所を問わずプロジェクトにフルコミットすることができます。 地方移住や海外移住、ワーケーション(Workation)など、ライフスタイルを大胆に切り替えることも可能です。 また、すべての業務をリモート勤務を前提に設計しており、リモートワークならではのワークフローやコミュニケーションのノウハウを築いています。