1
/
5

「うちの会社どうですか?」~先輩社員に聞いてみました②~

2018年中途入社 武田 祐太郎 / シニアコンサルタント 公認会計士

――前職はどんな仕事をしてましたか?転職しようと思ったきっかけは?

PwCあらた有限責任監査法人で、資産運用会社の監査を8年間やっていました。従事していた8年間、クライアントはほぼ変わらず、監査を行う上での基本的な手続きも一緒だったので、求められる事といえば時間削減=効率化という点ばかり。自分が望む会計士としてのキャリアはこのままで良いのだろうか、と物足りなさを感じるようになりました。コンサルティング部門もあったので横異動という選択肢もあったのですが、どうせなら環境を思いっきり変えてみようと思い立ち、転職を決めました。

――事業再生を志したきっかけは?

転職先の希望がはっきりとせず、最初は漠然としたままの状態で転職エージェントに話を聞きに行きました。会計士であればM&Aや事業再生分野が転職しやすい傾向があるので、エージェントからはその業界を薦められました。当時、事業再生といえば財務DDのイメージしかなかったのですが、ちょうど転職活動をし始めたタイミングで、エージェント主催の事業再生をトピックとした独立会計士の方のセミナーがあったので参加してみたんです。そこで、それまでの自分が持っていた事業再生のイメージとは違い実際は色んな事をやっているという事が分かり、転職先の業界として事業再生を志望するようになりました。

――何社と面接しましたか?みそうに決めたポイントは?

4社と面接しました。内2社は、事業再生と聞いていたけれど実際面接受けてみたら殆どが税務とM&Aでちょっと違っていたので、みそうともう1社に絞りました。

みそうに決めたポイントは、面接の雰囲気が良かったから。自社の事を良く見せる為に、面接の時は少し脚色などしている場合もあると思うのですが、みそうの面接は話している内容に嘘がないというか、実態を話してくれていて本音を聞く事ができたので、そこが決め手になりました。

――実際入社してみてこれまで、どうですか?

事業再生は「泥臭い」という人が多いけれど、そこは確かにイメージ通り。まだ自分だけで業務全般をできる訳ではないので、日々色々な新しい経験をしてまだまだ学んでいる途中です。入社当時は、それまでの職務経験が監査業務だけだったのでマインドセットを変えていかなければならず、そこの部分がついていけるか正直不安でしたが先輩が色々アドバイスしてくれてとても助かっています。段々と出来る業務が広がっているので、仕事は楽しいです。

――モチベーションが満たされる瞬間は?

自分ができる仕事の範囲が日々広がっていっているので、成長を実感できていること。そこが一番モチベーションに繋がっています。

みそうパートナーズ株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings