1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【社員インタビュー】25歳までに起業したい! ゼロからでもITベンチャーで働こうと決めたワケ

こんにちは!最近筋トレを始めました、住吉です。

大学3年で内定が決まり、今はインターンとしてmiracleaveで活躍してくれている、

ひなのちゃんにインタビューをしていきたいと思います!

それでは、よろしくお願いします!!


大学ではどんな勉強をしているのですか?

文学部のコミュニケーション学科を専攻しています。

受講できる授業の幅が広く、心理学やオルガンの授業もあります。笑

また、ゼミではメディア系の勉強をしています。


ITとはあまり関係のないことを大学で学んでいるみたいですが、
就活中はIT企業に入りたい!と思って会社を探していましたか?

初めは、文系だからIT企業には行けないって思っていました。

ですがバイト先の文系の先輩がIT企業に行ったのを聞いて、私も行けるのでは!と思いました。

そして、大学3年の夏頃から就活サイトに登録し、そこで企業からオファーをもらい、

説明会に参加するようになりました。

そこで初めてベンチャー企業の存在を知り、私の未来が明るくなりました。

ベンチャー企業=IT ✖️ ○○

という会社がほとんどで、色々な会社の方とお話していくうちに、

IT企業だと無限の可能性があることを知り、

IT関連で起業したいなって思うようになったのがきっかけです。


もともとIT企業で働きたかったわけではなかったのですね!
無限の可能性・・・その通りだと思います!! 
やりがい、仕事内容、福利厚生、人・・・などなど、
会社を選ぶ上で、どんなことを重要視していましたか?

私が重要視していたのは、

人・距離感・空気感です。

人については、一緒に働く人って家族や友達よりも長い時間共にするので、

一緒にいることができる仲間かどうかですね。

miracleaveの先輩たちとは内定もらうまでに2〜3回しか会っていませんが、

なんか落ち着くというかフィットする感がありました。

また、私は出来るだけ初期メンバーで早い段階から経営に関わりたいと思っていました!

距離感について、先輩方は、良い意味でほっといてくれますね。

でも助けるときは助けてくれるし、よく見ていてくれています。

面接だからって根掘り葉掘り聞かれるのが嫌で、

選考辞退しまくっていた私からしたらそこも決め手になったかもしれないです。

空気感についてですが、ベンチャー企業を見ていくうえで、

キラキラしすぎてて眩しい!!って感じの雰囲気の会社が多くて、

私はここに週5出勤するのは無理だなって思ったところがいくつかありました笑



ベンチャー企業ってイケイケでキラキラしているってイメージありますもんね 笑
miracleaveはほどよい空気感ってことでよかったです!

やりがいはどんな仕事でも自分から作ろうと思えば作れるだろうし、

仕事内容はベンチャーなら選べるし、 福利厚生は全然気にしていませんでした。

miracleaveの福利厚生が整っていることも後から知ってびっくりしました。笑

また、年収が高いかどうかではなく、

自分が力をつけられる会社かどうかを重視していましたね!


自分が成長できる会社かどうか、を重視していたのですね。
では、数ある企業の中で、miracleaveを選んでくれた理由を教えてください!

社員の人との懇親会で、この会社に入りたいなと思いました。

皆さんと話した後になんかワクワクするなと思ったからです。

miracleaveに入らなかったときのことを想像してみたら、

miracleaveが気になって気になって仕方がなかったですw

就活は学生が会社を受けるっていうよりも、学生がやりたいことを話して、

会社とマッチしたらよろしくねって手を取り合う対等なものだと思っていました。

社員の方はそれいいねって言ってくれたし、歳の近い先輩社員と話して、

自分を偽らないで話すことができて、相性の良さを感じました。


実際に社員と交流してみて、空気感を知るっていうのは大事ですよね。
まだ規模の小さい会社に入社することに対して、不安はありませんでしたか?

当時は社員が10人くらいしかいないし、新卒1人だし、内定を出してもらうのが早かったし、

親の意見も聞くと、1ヶ月近く悩みました。

そこでもう一度お話を聞きたいです!とお願いして社員の方とお話をしたところ、

「やっぱりここがなりたい自分になる一番の近道だ」

と確信し、次の日に内定承諾書を出しました。

エンジニアを目指しているわけでもなく、初対面で起業したいって言ってた子に、

その場で「いいよ、チャンスをあげるからやりな」って言ってくれる会社なかなかないと思います。

実際に今そのためのカリキュラムを組んでくれていますし、

今思うとmiracleaveと会えて本当にラッキーだったなって思います。

採用してくれて本当にありがとうございます!



それだけ説得力のある話を聞けたのですね。
これから一緒に頑張っていきましょうね!!
実際に内定をもらい、miracleaveのインターンとして、
先輩のお仕事を手伝ってもらっていますが、一緒に働いてみた感想を教えてください!

仕事のスピードが速い人が多いなと思います!私が遅いだけかもしれませんが。。笑

また、皆さんやりたいことがはっきりあって、前を向いているなと思います。

そして人の言うことを否定せず、年齢経歴関係なく対等な立場で話せるなと感じました。

メリハリがしっかりしていて、社員同士の関係もすごくいいなと思いました!


私もそれは毎日感じています!
対等な関係で話し合えるっていいことですよね!
これからmiracleaveの一員として、これからどんな人生を歩みたいですか?

自分の人生に誇りをもって生きたい。

早く松本さんの横に立って仕事がしたい。

多分私が思っているよりも世界が広いし、そこから見える景色は、

今より明るくて楽しいはずだから、まずはそこに行きたい。

そしてそこからが自分の人生のスタートかなって思います!!


最後に、現在就職活動中の方に向けて
メッセージをお願いします!!

まずはフットワーク軽く色んなところに顔を出した方が良いです。

色んな会社に顔出せて、普段会えないような立場の人と、利害関係なく話せるのは学生の特権です。

時間は使うかもしれないけど、マイナスになることはないと思うし、

たとえその会社を受けたりしなくても、後々応援してくれたりすることもあります。

選考受けに行くというか、知り合いを増やす感覚で行くと楽しい就活が出来ると思います。

面接受けた期間は1ヶ月くらいしかありませんでしたが、

その時は友達と話すよりも、色んな会社の人と話すのが楽しくて仕方がなかったです。

面接を受けに行くというよりは、お話ししに行ってた感じでしたw



まだ何をすれば良いか分からない人は、

やりたい仕事の前に、なりたい自分を頭の中に描くと良いかもしれません。

ランボルギーニに乗っているシーンでも、都内を颯爽と前髪かきあげながら歩くシーンでも、
 
お客さんに直接お礼を言われているシーンでも、叶わなそうでも、くだらなくても良いから、

描き続けると自然とそこに向かおうとすると思います!


(私はみなとみらいのタワマンに住む姿と、
パンツスーツで都内をヒールで颯爽と歩く姿をよく妄想してましたw)

なりたい自分が描けたらひたすら発信する。

説明会の隣の席の子とかその辺歩いてる人とか、どこの誰でも良いから発信し続けることが大切です。

発信し続けると自分がやりたいことがさらに明確になるし、

話を聞いた人が色んな人や会社、職種紹介してくれたりすることもあります。

そして面接のときは、どんなに事前に調べて面接でそれっぽい事言っても、

面接官にそれは伝わっていると思います。

気になる会社を見つけたら、理由つけて何度も行ってアタックするところから始めると、

業界の流れも知れるし、自分が入りたい理由も自然と見つかるので良いと思います。

企業研究を家でするくらいなら、フットワーク軽く説明会とかインターンとか、

その業界の会社に行って話を聞いた方が効率も良いし、顔も広がるし一石二鳥です!

最後に、とりあえずここに決めた!はやめた方が良いです。

就職って自分の若くて輝いている、人生で一度しかない
大切な20代を投資するって考えることもできます。

自分の貴重な時間を投資してもいいなって思える会社にしてください。

そして、一度決めたら周りになんて言われようと前だけ向いて頑張りましょう。

私は今までやっていた色々なことと、

miracleaveを天秤にかけなくちゃいけない場面が何度もあった中、

この1年間miracleaveを選び続けてきたからこそ今が楽しいって言えます!

この記事を読んで、人とか距離感とかやりたいこととか、

自分と合うって思う人がいたらぜひお話しましょう!



アツいメッセージをありがとうございます!!
本日はありがとうございました。
miracleave株式会社's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more