1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

新しいワークスタイル、始めました ~家でやるもよし、会社でやるもよし~

こんにちは!採用担当の松崎です。

新型コロナウイルス対策のため、4月からLATEGRAも強制的にテレワークを実施していました。

6月に入って緊急事態宣言が明け、どこの企業も今まで通り(基本出社)に戻すか、どうするか...!?...という議論が起こったと思います。LATEGRAは議論の末、7月からはより自由度の高い、新しい働き方に挑戦してみることにしました!今回はその経緯と内容をご紹介します!

なぜワークスタイルを変えるの?

以前のLATEGRAは基本的には出社をし、自分の席で仕事をするという勤務スタイルでした。それでも、裁量労働制やフルフレックス制をとっているので、比較的個人の自由度の高い働き方だと思っていました...

ところが、このコロナ禍でテレワークをやってみて、オフィスにいなくても仕事ができる、ものづくりができる、ということを実感しました。そして振り返ってみると、「オフィスに来て、指定された席で仕事をする」という従来の働き方には「自分で自分の働き方を考える」というプロセスがないことに気が付きました。働く上で重要な要素である「働く場所」について特に意識をせずに、会社の方針や常識にただそのまま従っており、言い換えると会社の判断に依存している働き方ともいえます。

LATEGRAというチームは、「メンバー各々が自立した個人であり、その個々の強い力が集まることで、ガツンと面白いものを創り出す」という在り方を目指しています。これを徹底するために、働く場所についても各自が意思を持って考え、実行する、という新たな働き方を目指すことにしました。

自立した個人による、自立した働き方


それは、「テレワークを基本に、出社したいときは出社 ~家でやるもよし、会社でやるもよし~」という形です。
各自が自立して、自分の仕事内容や環境を考え、家でやった方がいい場合は家で、オフィスに来た方がいい場合はオフィスに来ることを選択します。自分がどこで働くかについての事前の申請や承認は一切不要です。※ただし、コロナの状況によっては感染拡大防止のため出社に制限をかけることもあります

「テレワークを基本に」としたのは、まだまだコロナの終息が見えないことと、出社が基本という今までのやり方から何かを大きく変えないと、いつの間にか今までの基本出社、テレワークは滅多にしない、という働き方に戻ってしまうのではないかと考えたからです。変化を起こすなら徹底的に起こそう!という意図です。

オフィスはどうするの??

テレワークを推進するならオフィスは縮小しよう!という考えに至ると思いますが、、、LATEGRAは拡大します!!(笑)
来年2月にこれまでで一番広いオフィスへ引っ越しをします!!

新オフィスは「人との有機的なコミュニケーションを生む場」として位置づけています。直接会えることが当たり前ではなくなったので、オフィスで直接会う機会は最大限に生かそう!という意図で、1人でできる作業は家で集中してやって、オフィスは人としゃべりに来る、遊びに来る場所、という感覚です。新しいワークスタイルに合わせて、今まさに新しいオフィスのデザインを進めています!

試行錯誤しながら自分たちで働き方を作っていく

まずは、これまでと大きく方向を変えた働き方からスタートしてみることにしましたが、コミュニケーションの問題、ネットワークの問題、業務効率の問題などなど、想像するだけでも課題は山のようにあります。そんな課題に対しても、各個人がLATEGRAらしい働き方はどんな形なのか考えながら、トライアンドエラーを繰り返して進めていきたいと考えています。

以上、LATEGRAの新しいワークスタイルでした!
こんなワークスタイルで働いてみたい!ワークスタイルを試行錯誤しながら一緒に作ってみたいという方、エントリーお待ちしています!

株式会社LATEGRA's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more