1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

新卒0年目で部長になった話。~Part2~


入社する以前は、

言葉では「インターン生としてアルバイト」とは言えど、

実際には悪く言えば雑用のような、

シンプルなタスクを淡々とこなしていくことになるのかな、

と考えていました。


ですが実際の業務内容は、

バリバリに実案件に関わってくるようなものばかり!


JSで文字入力機能を作ったり、

同じくJSで簡易的な計算シミュレーションを作ったり…。


はたまた年始一発目には、

まだまだ発展途上の知識状態であるにもかかわらず、

技術系ブログ記事の執筆まで任せていただけました。

↓初執筆記事

【JavaScript】イベントリスナーの引数(e)~トラブル回避の備忘録~


そんなこんなでがむしゃらに頑張ってきているのですが、

インターン4か月目の2月下旬。


PR部長から、突然の呼び出しを受けました…!

突然の呼び出し。

いつも通りに業務をこなしていた2月26日。

突然、PR部長のノテさんから、

と、呼び出しを受けました。

うん、ごめんカール。誇張した。


話を戻して…先輩からの突然の呼び出し。

身構えたかと言われれば、今回はそうでもありませんでした。


どちらかと言えば、

といったような空気で連絡をいただいたため、

余計に構えずに済んだのかもしれません。


同様に突然の呼び出しを受けたHAYATO1さんと、

「新しい動画プロジェクト関連のミーティングですかね…!?」とかなんとか予想しながら、

指定された会議室に向かうと…


開口一番。


「次のPR本部長・次長になっていただけたらと。」


…驚きです。

ご丁寧に、後日、このような辞令までいただいてしまいました…!

「ほとんど何も教えてないけど頑張ってね」…?

混乱とプレッシャーで、若干笑いました。

部長、受け入れる。


突然の呼び出し&まあまあ重大な宣告で驚きはしましたが、

ほとんど間を置かず、

「やります!」

と返しました。


こういう経験は、転がってきたならば基本やらない手はありません…!


また、万が一どうしようもなく困ってしまった場合には、

しっかりと周りを頼れば助けてくれることも、

この数ヶ月で実感済みです。


何も全てを自分一人で抱え込む必要はない、と改めて自分に言い聞かせつつ、

「手探りでもいいから、とにかくやってみよう」という思考に落ち着きました。

部長、(きっと)大変。

正直なところ、まだ1度ブログのスケジュールを組んだ程度なので、

部長としての実際の業務がどれほど大変なのか、

身をもって体感は出来ていません。


ただ、口頭で仕事内容を聞いた時点でも、

どれほど大変なものなのか大方想像がつきました。


ブログ更新のスケジューリング・執筆経過の管理が主ですが、

今週更新分はもちろん次週更新分、ひいては来月分のスケジュールも、

各執筆担当者のタスク状況などを踏まえ、

その時々の状況に応じて常に調整・対応していく必要があります。


まず楽な仕事ではないと思いますが、

時間管理やマルチタスクの経験として、

有意義なものとしていけるよう頑張ります。

次長、HAYATO1さん!

こんな、「部長」と言うにはまだまだ発展途上の私を支えてくださるのは、

頼れる次長、HAYATO1さんです!


次長からは、こんな頼もしい・嬉しいお言葉も頂きました。

120%!

引き出していただけるからには、それ相応の働きをしたいですね…!


特筆したブログ知識も無く、右も左も分からない本部長(私)のサポート役として、

頼りにさせていただきます!

おわりに

冗談抜きに、まだほとんど何も分かりません。


ブログの執筆をオファーする立場であるからには、

SEO等ある程度のブログ知識が欲しいところですが、

それもまだありません。


さらに言えば、肝心のプログラミング関連の知識だってまだまだです。


ただ、某サッカー選手風に言えば、これらは全て「伸びしろ」なわけで…!


何でも出来るより出来ないことだらけの方が、

むしろこの先を考えると面白いかもしれない…。

とかなんとか色々考えながら、とにかく今は頑張ろうと思っています。


最後に一言。

前PR部長の意思も引き継いで、この言葉で締めさせていただきたいと思います。


「記事の執筆者、募集しています!」


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ちなみに…「新卒0年目で部長になった話」の第1弾はこちらになります!

新卒0年目で部長となった人間の心情が、前部長ver.で赤裸々に語られています。

こちらもぜひ、ご一読ください!


新卒0年目でも大きな経験が出来る環境…!興味が湧いたら、ぜひ以下からご応募ください!


フロントエンドエンジニア
即戦力募集!最新技術を追い求めるフロントエンドエンジニアをWanted!
ロジカルスタジオは、テクノロジーとデザインの視点からクライアントの課題解決をめざす、大阪のクリエイティブプロダクションです。 クライアントの期待を超えて「もっと良くなる、を見つける」のが私たちのスタイル。企画・提案からデザイン制作・システム構築、運用、改善提案をワンストップで行えるのが一番の強みです。近年ではその実績と品質が評価され、案件も急増しています。 代表の古川が掲げる企業理念は「絆を大切に、周りの人を豊かにし、社会に貢献する」。 私たちはこのミッションを推進するため、「新しい技術へのチャレンジ精神」を軸に、「切磋琢磨する仲間」と「働きやすい職場環境」を整え、「成長と可能性を大切にする風土」を育ててきました。 2019年9月に増床し、外部向けのセミナーにも活用できるカンファレンスルームを拡充。スタッフによる公式ブログや、マスコットキャラクター「ロージー&カール」によるTwitterなど、情報発信も強化しています。 可能性の芽をすくい上げられるこの場所を、より大きくしていきたい。 私たちと一緒に、このビジョンを実現しませんか。
株式会社ロジカルスタジオ
株式会社ロジカルスタジオ's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more