1
/
5

外国人が感じる日本文化の疑問と日本企業

近年、日本も外国人の採用を積極的に進めている企業も増えてきていると思いますが、それと同時に外国人のカルチャー問題も課題となっています。


日本人同士では当たり前になっている文化や習慣は、知らず知らずのうちに、日本で働く外国人に不満を募らせてしまっているのかも知れません。

異文化コミュニケーションへの馴染みが薄い日本では、実際には外国人の意見を素直に受け止められず、気付かないうちに日本の文化を押し付けてしまっているケースも存在しているかと思います。

外国人からみる日本文化は、例えば仕事に対する考え方においても「精度が高い」「真面目」などという肯定的な意見も多い一方で、「無駄なルールが多い」「生産性が低い」などの否定的な意見が多い事も耳にします。

近年では世界の先進国との働き方の違いを認識し、古い慣習を撤廃したり、残業自体を軽減するような動きが以前に比べて活発になってきましたが、未だ日本特有の慣習が多く残る職場環境では、外国人が働きやすい環境とは言い難く、グローバル社会にも適用しづらい環境であると言わざるを得ないのかも知れません。

今後、さらなる少子高齢化に伴い外国人の労働力を必要とする日本企業が、世界の先進国のみならず近年発展が著しいアジア諸国でグローバル社会に適応する為には、外国人が働きやすい環境を整備する事は必要不可欠だと考えます。

外国人労働者が働きやすい環境に改善する事は、同時に日本人も働きやすい職場環境を創出する事にも繋がります。

外国人採用という取り組みから自社の改善点を見出す事は、日本企業がグローバル社会に適応する為の最善策なのかなと私自身は考えます。

その様な中、マレーシアからの留学生で青森の大学を卒業して今年、弊社へ新卒で入社したWくん。
日本で働く上でのカルチャー問題を研修期間中にしっかりと教えていき活躍して欲しいと思っています。

株式会社 リープ's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more