1
/
5

What we do

地域の食材が届くオンラインイベント「ふるさと食体験」が急成長!全国50以上の地域と実施してきました。
イベント予約 / 動画視聴 / EC 機能をもつ自社開発のWeb・アプリを展開しています。
地域の食材が届くオンラインイベント「ふるさと食体験」が急成長!全国50以上の地域と実施してきました。 イベント予約 / EC / 写真・レビュー投稿機能をもつ自社開発のWeb/アプリを展開しています。 【Mistletoe・MTG Ventures・メルカリ等から、計4.5億円の資金調達を完了】 キッチハイクは、博報堂メディアパートナーズ出身の山本雅也と、野村総合研究所出身の藤崎祥見が2012年に創業した、「食べることから、豊かな社会をつくる」チームです。 地域の生産者/食の作り手とつながるオンライン食体験「ふるさと食体験」事業や「食と文化を旅できる」オンラインストア事業などを通して、人と地域がより豊かにつながる社会を目指しています。 ▼サービスサイト https://kitchhike.com/ ▼コーポレートサイト https://kitchhike.jp

Why we do

「おいしいものを、おいしく食べよう!」 そんな話を、よくしています。 おいしいものをおいしく食べると、世の中がどんどんよくなります。 いったい、どういうことでしょうか。 それは、社会が、私たちの食べるものでできているからです。 何を食べるか? どう食べるか? 誰と食べるか? 「食べる」は、日々の営みです。 その一食の選択が、世の中を大きく変える力を持っています。 食べることを通じて、人に出会い、文化を知り、地域とつながる。 由来やつくり手の想いを尊び、味わうその瞬間に歓喜する。 持続可能であると同時に、文化創造する食と暮らしを実践する。 食べることで社会がより豊かになっていく、そんな世界を描いています。

How we do

2021年採用「ふるさと食体験の準備室」イメージ
Zoom、Slack、Discordなどを駆使して、リモートワークでも距離の近いコミュニケーションが生まれています。
Zoom、Slack、Discordなどを駆使して、リモートワークでも距離の近いコミュニケーションが生まれています。 グロース・エンジニア・デザイナーを合わせて20名程度の小さなチームです。 すべてのメンバーが自分の手で未来を良くするというマインドを持ち、キッチハイクを通して「世の中に、ワクワクする食体験を生み出す」ことに全力で向き合っています。 ◎コロナに対応したリモートワークスタイル 2021年4月よりリモートワークを導入し、ZoomやSlack等を駆使したワークスタイルに移行しました。 オンラインでの定期的な全社ミーティングや1on1、時には東京・上野のオフィスで少人数でのワーク・交流会を実施して、心理的な距離の近いチームビルディングを行なっています。 ◎全国どこにいてもOK ふるさと食体験事業をスタートしてから自然と地域に関心が向くメンバーが増え、この1年でチームの約1/3が地域に移住しました。また、リモートワーク導入以降は全国各地からジョインするメンバーも増えています。 ▼“ふるさと食体験の準備室”(メンバーの想いを記事にしています) https://kitchhike.jp/recruit-2021