This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【2019年新卒】諦めていたスポーツ業界に就職できた理由

こんにちは!4月から入社する木田です。

私たちの会社は、今後積極的に新卒採用を行っていきたいと考えています!

そこで、現在「就職活動真最中の方」「これから始める方」に向けて、会社紹介や、自分自身の経験を踏まえて、採用までの経緯などお話ししていきたいと思います。

諦めていたスポーツ業界に就職できた経緯

早速ですが私の内定までの過程について話していこうと思います。

私は今春に大学を卒業し、4月より株式会社ジョインハンズスポーツに入社します。

ここに来るまでには色々な事がありました。過去のブログにも記載はしていますが会社との出会いは、アルバイト先の方に紹介していただいたのが始まりです。

スポーツ業界は新卒での採用枠・求人ともに少ないことに対して、業界への希望者が非常に多いことから新卒で入るには狭き門であると言われていました。

実際に私も、求人を出している球団やクラブへ履歴書を送りましたが、内定を得ることはできませんでした。

そんな時に、並行して選考を行っていた会社から内定をいただき、地元企業で「安定」・「転勤なし」の言葉に自分を納得させることでスポーツ業界への就職を諦め、就職活動を終えることにしました。

内定式も終わり、残りの学生生活をどう過ごそうか考えていた、そんなタイミングで、会社を紹介していただいたのです。

最初は話を聞くだけの予定でしたが、その場で選考ステップに進む意思を伝えました。

その後、初めて社長の小林さんにお会いしてから、わずか1ヵ月半程で内定となりました。

実際の現場と向き合える課題内容

自分が与えられた課題は、SPIや小論文といった一般的なものではありませんでした。

実際の現場で扱われる内容がそのまま課題となっているため、より実践的で現実味のある内容になっていました。

このような課題は年齢、学歴問わず、現在いる社員全員が取り組んできました。

また、課題を提出して終わりではなく、自分の答案に対して社長の小林さんをはじめ、社員の方々からもフィードバックをいただきました。

どの点が良く、どの点に課題があるのかなど、細かいところまで触れていただきながら最前線で働いている方々の意見を聞くことができ、非常に勉強になりました。

キャンペーン用の備品準備が大変すぎて、こんな顔になることも多々あります

何事も経験することで分かること

これから就職活動をされる方々へ1番伝えたいことは、スポーツ業界を諦めなくてよかったなということです。

エントリーする前に情報だけで判断し、諦めてしまうのは勿体ないことです。

直接、会社の説明を聞くだけでも、考え方や業界の見え方が変わってくると思います。

志望理由は何でも構わないです。私も事務所が渋谷(表参道)にあることが入社理由の一つでもありました。

この記事を読んで会社に少しでも興味を持っていただける方がいれば嬉しいですし、これを何か行動するキッカケとなればと思います。

私も実際に会社のインターンに参加しましたが、新たな自分を発見することができました。

前回紹介した三ツ井さんを始め、個性的なメンバーで日々働いています。今後も会社のことをどんどん知っていき、新しいことに挑戦したいと思っています。

スポーツ業界で働きたい人集まれ!

冒頭でもお伝えした通り、私たちの会社では、今後積極的に新卒採用を行っていきたいと考えています。

実際に会社の業務を知っていただいたり、体験したりしていただくと、決して球団やクラブなどに入社することがスポーツ業界で働くということではない、ということが実感できるのではないかと思います。

最後に

今回は私の就職活動を振り返りましたがいかがでしたでしょうか。

スポーツ業界は厳しいことも多くあると思います。しかし、自分たちが関わったことで大勢の人に影響を与えられる仕事でもあります。

これから就職活動本番を迎える20年卒の学生の方々には後悔しないようにしていただきたいと思います。

その中で弊社を志望する会社の一つに選んでいただけると嬉しいです。

例えばインターンなどにご興味のある方は、是非ご連絡をお待ちしております。

株式会社ジョインハンズスポーツ's job postings

Weekly ranking

Show other rankings