1
/
5

イベント「ベンチャーキャピタルと研究の関わりとは?」を開催する私たちの想い

※内容は、2019年11月時点のものです。

「研究者が研究に没頭できる世界をつくる」をミッションに研究支援事業を行うInner Resource。第一弾として研究業界に特化したクラウド購買システム「reprua(リプルア)」を提供し、2018年9月の正式サービス開始より利用者数は民間企業約40社、研究機関90ラボに達する等業界から関心を集めている(2019年11月現在)。また東京都が支援するアクセラレータプログラム「Blockbuster TOKYO」に採択された。

「研究者の選択肢の1つ」

今回リプルアでは初開催のイベントを企画しております。

研究者の方々が広くベンチャーキャピタルについて知ってもらい、スタートアップへの参画や研究者が企業すること、技術を有するスタートアップの立ち上がり方について理解を深めてもらうイベントです。

このイベント開催のきっかけになった一つのブログがあります。それはベンチャーキャピタルANRIさんの宮崎さんの「研究者の選択肢の1つ」というブログです。ぜひ、下記のリンクを読んでみてください。

インターネットも科学技術もスタートアップのチャレンジが社会のエンジンとしてアメリカでは認識されています。日本でもこの10年でインターネットの文脈ではスタートアップは普通のものになってきましたが、科学技術の分野では未だ日本発のスタートアップというとペプチドリーム含めて数件であり、代表格は常にペプチドリームという感じがしています。日本の研究者の皆さんの優秀さからして、ここの層がもう少し厚くなっても良いなって思っています。
ただし、良い発見・発明があっても、取得している特許が弱い・事業化する経営者がいない・正しくリスクを取るお金がない等と課題を挙げていくとキリはありません。

(「研究者の選択肢の一つ」より引用)

スタートアップにリプルアが貢献できること

私たち「リプルア」はバイオベンチャーをはじめとする多くの研究系/技術系スタートアップを研究雑務から開放するという点で支えております。彼・彼女らがアカデミアなどで試薬の購買管理で不便を感じていた分、新しくバイオベンチャーでラボを立ち上げるときには、慣習などに囚われない発注管理業務部門を立ち上げてもらっているように感じます。

我々のミッションは「研究者が研究に没頭できる世界をつくる」ことです。

バイオベンチャーも技術系スタートアップもアカデミアも企業もその場所で研究者が研究できる場を提供できればと思っています。

リプルア主催で研究者向けイベントをやります

今回、宮崎さんのブログを読んだ研究者の方から「ベンチャーキャピタルの仕事」について研究者の自分も知りたいというTwitterの投稿がありました。「もし、興味がある方が多そうならばイベントしますか?」と聞かせていただいたところ、多くの方が参加を希望されました。

早速、2日後には仮イベントを立て、宮崎さんにもご連絡しご快諾いただきました。「いつでもどうぞ!」と声をかけてくださり、無事イベント開催の運びに。今回は技術系スタートアップとしてIcaria株式会社CTOの市川さんにもご登壇していただきます。

ぜひ、奮ってご応募ください(10名の抽選制イベントですが、締め切りは2019/11/29までです。)

当日お越しいただけることを楽しみにしております!

株式会社Inner Resource's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings