1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

#いえつなキッチンカバー
#いえつなキッチン
株式会社hakkenは、テクノロジーで常識をアップデートし、社会問題にも果敢に挑むスタートアップです。 企業のフィロソフィーは「その1秒を、もっと豊かに。」 もっと便利で楽しい世界がきっとあるはず、そのために必要なサービスをアンテナを広く張りながら日々考えています。 ”待たない世界”を実現する整理券アプリ開発からスタートしたhakkenは、アフターコロナの先頭に立つべくいち早く自社サービス「#いえつなキッチン」を企画開発し、その他フードロス問題の解決、Social Good事業、地域開発など、多岐に渡るプロジェクトに携わっています。  <プロジェクト例>  整理券“発券”アプリ「hakken」  https://about.hakken.io/  #いえつなキッチン  https://ietsuna.com/  Plastics Smart(プラスチックスマート) | 環境省  http://plastics-smart.env.go.jp/  【ブラックサンダー】スマイルカカオ プロジェクト| 有楽製菓様  https://www.yurakuseika.co.jp/shfc/

Why we do

【ブラックサンダー】スマイルカカオプロジェクト
釣った魚をそのままお届けして漁師メシを教えます!
弊社サービスの一つである「#いえつなキッチン」は、飲食業の未来の当たり前を作るため、シェフの働き方を拡充するために、コロナ禍真っ只中の5月に立ち上げました。  <#いえつなキッチン>  食材デリバリー+料理教室+オンライン飲み会の3つを組み合わせたクラウドレストラン  飲食店、漁師、農家、バリスタなど、バラエティ豊かなチャンネルが揃います。  https://ietsuna.com/ テレビ各局ニュース番組、「マツコの知らない世界」「ちちんぷいぷい」「VOGUE」「日経MJ」を始めWebメディア250媒体以上で取り上げられ、注目を集めています。 当サービスでは、オンライン上でシェフやユーザーが談笑しながら料理を作り、一緒に食べたりと、そのコミュニケーションや空気感を通して「楽しい!」時間を届けています。 デリバリーやオンライン料理教室にはない”新しい体験”を、エンターテイメントとして提供できるよう、新しい文化をコツコツ作りながらも新しいコンテンツを次々に打ち出して参ります。 進行中のためまだご紹介できないものもありますが、上記以外にも大手企業とのコラボレーション事業、自治体と取り組むフードロス削減プロジェクトなど、水面下で進めているプロジェクトがいくつもあります。

How we do

目の前が瀬戸内海!尾道から仕事をする日も。
お仕事を通して素敵な出会いもあります。
【働く環境について】 弊社は基本フルリモート。自宅などから業務を行なえるため、コロナ禍でも通勤を気にせず、安心して業務にコミットできます。 そしてリモートながら、日本各地の案件に関われるチャンスがあります。 京都オフィス以外に、日本各地のシェアオフィスを活用できる取り組みも始めています。  <LivingAnywhere Commons>  https://livinganywherecommons.com 【メンバーについて】 転職時には、その会社でどんな人が働いているのか、とても気になる重要なポイントだと思います。 弊社にはフルコミットのメンバー以外にも、クリエイティブ部分などで業務委託で入っていただいているメンバーもいますが、皆さんあたたかくて優しい方ばかり。この点は自信を持ってお伝えできます。 また、弊社代表・竹井のインタビュー記事もご紹介しますので、よろしければぜひご覧ください。  <KANSAI STARTUP NEWS>  行列をスマートに解決する仕掛け人。転機はブラジルでのある民族との出会い!?  https://kansai.startupnews.jp/post/hakken/  <THE ROOTS>  株式会社hakken竹井淳平「血流を上げておけば大丈夫」  https://the-roots.jp/20200805001/    <TECHABLE>  飲食店が今やるべきはテイクアウトではない!? 株式会社hakkenが考えるコロナ時代に必要な2つの対策  https://techable.jp/archives/133785