1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

社員インタビュー :2020年に新卒入社後、未経験から『アニメーション』制作で最前線に!

ジーゼの社員インタビューです。
今回は2020年4月に入社した清水さんに
一問一答形式でインタビューにお答えいただきました!

清水さん とは?

幼少期からゲームやイラストを描くのが好きで、専門学校のキャラクターデザイン専攻に進学。入学後、授業を通じて好きな「ゲーム×絵」を仕事にしたいという想いは強くなり、ゲーム会社を目指す。専門学校卒業後は、新卒でジーゼに入社。現在は入社後に経験した2Dアニメーション制作におもしろさを感じ、ゲームアニメーターとしてアニメーションを日々研究中。


Q.学生時代は何を勉強していましたか?

小さなころから絵を描くことはもちろん、ゲームで遊ぶのが好きでした。中学生の進路選択時には、デザインを勉強したいと思い高校では美術制作や歴史が学べる学科に進学しました。授業では色々な美術やデザインを学び、改めてデザインの面白さや深さを勉強しました。そこから「ゲーム×絵」をもっと勉強したいと思い、専門学校ではキャラクターデザイン専攻に進学しました。

Q.ゲーム業界で働こうと思った理由は何ですか?

「ゲーム×絵」をもっと勉強したいと思い専門学校に入学し、日々の授業や課題制作が面白くてやりがいを感じていました。勉強をしていく中ですごく楽しい「ゲーム×絵」を仕事にしたいと思うようになり、絶対にゲーム業界で働きたい!と考えるようになりました。

Q.ジーゼへ入社したきっかけは何ですか?

専門学校の先生にゲーム会社で働きたいと相談をしたところ、求人票をいくつか紹介していただきその中にジーゼがありました。調べていくとゲームだけじゃなく、教育や人材紹介など「アジアのHollywoodを創ろう!」をスローガンに多方面でも事業展開をしているところに興味を持ちました。

その後、選考で面接を受けた際に、社員の人がとても優しく雰囲気も良かったので内定をもらってからは入社を即決しました。

Q. 現在、どのような仕事をしていますか?

今はキャラクターに動きをつけるモーションやゲームのバトル中に出るエフェクトなどの、2Dアニメーション制作を行っています。入社までは授業で少ししかアニメーションの勉強をしていなかったので、アニメーション制作を任されたときは不安でした。ですが、先輩方に優しく丁寧に教えていただき、今では開発中ゲームのアニメーション素材の制作を行えるようになりました。

アニメーション制作という考えてもいなかった業務でしたが、今ではアニメーションを極めていきたいと思えるぐらいやりがいを感じています。日々自分で他のゲームを見ながら研究もしています。

Q. 仕事のやりがいや失敗はありますか?

キャラクターのモーションやバトル中のエフェクトを制作できることが本当に楽しくて日々の業務にやりがいを感じています。

まだ大きな失敗はないのですが、何度も修正が必要で苦戦をしたアニメーションが完成した時には、なんとも言えない達成感とやりがいを感じます。

Q.ジーゼで働く魅力は何ですか?

とても優しい先輩ばかりで居心地が良いところです。気軽に先輩に聞きにいける環境が揃っているので、わからないことがすぐに解決して入社間もないながらも仕事を行うことができます。また、今担当している業務以外にも様々なことに挑戦できる環境があることも魅力だと感じています。

Q. 今後どのようなことをしていきたいですか?

記憶に残って永遠と遊べるようなゲームを作っていきたいです。今はアニメーション制作を極めて、「モーションやエフェクトのことなら清水」となれるようにしたいと思います。その中で、いずれシリーズ化されるようなゲームに携わりたいと思います。

清水さんへのインタビューはとても和やかでした。いつも周りを癒してくれ、ネコと鴉が好きな清水さん。写真はお絵かきしている様子です!そんな清水さんと一緒に働きたい方、ぜひジーゼにご応募ください!
ご応募お待ちしております!

株式会社ジーゼ's job postings
12 Likes
12 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more