Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

ドローン販売・保守・運用代行を行っています。
産業用ドローンの導入サポート、講習を行っています。
株式会社FLIGHTSは「ドローン社会」の実現を目指しています。 ドローンは映像撮影をはじめ、土木測量や外壁・屋上点検、農薬散布などクリエイティブから産業まであらゆる用途が開拓されています。 ですが、用途が分かっていながらもドローンの知識やリテラシー、利用プロセスなどまだまだ確立されていない部分が多くあります。 このドローンとユーザーをつなぐプラットフォームとして私たちは活動しています。 さらにはまだ発見されていない用途の開拓を進めています。 事業内容は映像撮影(空撮)、ドローンを使ったコンサルティング、ドローン講習や販売、ドローンに特化した保険やデータ解析用のソフトウェア提供や開発など多岐に渡り、様々な企業や団体から信頼をいただき、評価いただいています。 ▼FLIGHTSの提供サービス  https://flightsinc.jp/#service ▼「Inter BEE2018」先進映像協会ルミエール・ジャパンアワード2018 VR部門 優秀作品賞選出 https://droneagent.jp/flights/20190422 ▼品川区と災害時におけるドローン活用に関する協定を締結 https://www.value-press.com/pressrelease/219545 ▼農業従事者の声を元に高性能かつ低価格を実現 日本製農薬散布ドローン「FLIGHTS-AG」 https://droneagent.jp/flights/20190304 ▼FLIGHTS-外壁点検 外壁法点検なら赤外線ドローン!自治体への提出まで一括請負! http://flights-inspection.com/ ▼DroneAgent ドローンVR空撮コンテンツ制作を開始〜旅行サイト「じゃらんnet」のコンテンツ制作協力をきっかけに〜 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000018381.html

Why we do

ドローンが活躍する場所は次々広がっています!
最新機材で360°パノラマ画像やVR撮影などを行っています。
FLIGHTSが見据えているのは、「ドローン前提社会」です。 現状は150億円程度の国内ドローン市場ですが、2030年には1000億円へと急成長を遂げ、ドローンが当たり前に空を飛び、荷物を運び、撮影や点検をし、インターネットで接続・管理できるような社会がやってくると言われています。 というのも、これから労働人口はどんどん減少していきます。現状の地方の経済を動かしているのも、多くは高齢者です。では10年後の未来、誰がその仕事を代わることができるのか?と考えると、ロボットで代替していくしかありません。 ロボットと言ってもいろんなものがありますが、既存のルールと競合する部分が少ない「空」の領域であるドローンは、ロボット産業の中でもはやく成長するでしょう。 現状の日本におけるドローンは、空撮・測量といったジャンルでは欠かせない存在になっていますが、アメリカやイギリス・中国と比べてドローンの活用が遅れており、特に点検や農業活用においては発展途上な状況です。そんな中、2017年の国家戦略会議で「3年以内にドローンを使った荷物配送を可能とする」「橋やトンネル、ダムなど公共工事の現場で測量にドローンなどを投入する」と発言されるなど、国としてもドローンに注目し始めています。法整備などはこれから進められることになりますが、一定の規制はしつつも、利活用のための規制緩和・調整が行われていくと言われてます。 そのような成長中のドローン市場において起こる課題を解決し、市場の成長を促進することが、FLIGHTSが掲げるミッションです。 まず注目したのは、情報の非対称性でした。ドローン操縦士(オペレーター)側に比べて、撮影等を依頼するクライアント側に情報が足りていなかったり、ドローン機体の進化に対してオペレーター側の運用水準が追いつかず、クライアントに適切なサービスを提供できない状況でした。そこでスタートした「DroneAgent」では、FLIGHTSが厳選した認定オペレーターによる空撮を実現し、今後は測量・橋梁点検なども強化していく予定でいます。 その空撮現場で蓄積したノウハウを発信する場が、自社メディア「FLIGHTS」です。FLIGHTSのインストラクターや業界の著名人が、空撮・測量・点検の利活用の現状、 運用方法、最新機体、規制状況を解説することで、情報の非対称性の解消につなげるためにスタートしました。 そして、オペレーターの質向上や、どうやってドローンを活用したらいいかわからないという課題に対して、教習・及び運用サポート窓口の「DroneCamp」を提供しています。 これらをスピードはやく、正しい形でサービス提供することで、未成熟なドローンマーケットを変革し、「ドローン前提社会」の実現を加速させます。そして、今後は「情報提供→購入→運用→保守」というドローンサービスにおけるバリューチェーンを、よりはやく・質高く実現していくことを目指します!

How we do

みんなでドローンや最新テクノロジーが大好き!一緒にドローンサービスの未来を切り開いていきましょう!
ドローンを知らなくても大丈夫。仕事を通じて詳しくなっていきます!
【働くメンバー】 FLIGHTSのメンバーは約50名。 20代前半〜40代の、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。 皆、ドローンや最新テクノロジー、新ビジネスに関心が強いメンバーばかりです。 新しいマーケットを切り開く先駆者としての責任を自覚しつつも、多くの方々から期待されるサービスを作っていくことができる、エキサイティングな環境です! 「DRONEOWNERS」代表取締役 峠下周平インタビュー  https://droneowners.jp/column/column_Interview_flights_1.html 「DRONEOWNERS」 インストラクター 堀内亜弥インタビュー https://droneowners.jp/column/column_Interview_flights_2.html

Page top icon