Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

--- LEADING BRANDS THROUGH DIGITAL ブランドをデジタルへリードし、マーケティングにおいてクライアントの最重要パートナーとなり、消費者がブランドを求める世界を実現し続ける --- FICCは東京と京都にオフィスを構え、日本のナショナルクライアントのパートナーとしての実績が多数あります。ブランドや企業が抱えるさまざまなビジネス課題を解決するため、コンサルティングからマーケティング戦略の立案、施策の設計・実行までを提供しています。 現代のマーケティング課題を解決するために、私たちは価値を創造する「ブランドマーケティング」と、再現性を高める「データドリブンマーケティング」の融合を目指しています。パーセプションフロー・モデルなどのフレームワークを活用し、心の変化を定量的に検証する私たち独自の手法は、多くのリーディングブランドに採用され、ブランドの成長に貢献しています。

Why we do

--- FIND A BETTER WAY まだ見ぬ未来の価値のために --- FICCはライフスタイルやテクノロジーが変化し続ける時代において、常に本質的な価値を追い求め、その価値を提供するために成長し続けてきました。 小さなWeb制作会社として創業したFICCは、現在デジタルエージェンシーとして、多数のナショナルクライアントに対してマーケティング戦略の立案やコンサルティングを提供しています。 テクノロジーの進化とともに、データに基づいた再現性のある、より精度の高いマーケティング活動が可能となっています。FICCは"FIND A BETTER WAY"(まだ見ぬ未来の価値のために)という考えのもと、クライアントのデジタルシフトをサポートし、本質的な価値につながるマーケティングソリューションを提供し続けています。 これからも変わり続けるこの業界において、トレンドやスキルだけではなく、マーケティングの本質に基づき、クライアントや消費者にとっての価値を追求することが重要であると私たちは考えています。

How we do

--- CREATE NEW VALUE BY LEARNING TOGETHER 共に学び続ける情熱を、まだ見ぬ未来の価値へ --- FICCでは、学際的にマーケティングを追求し、学び続け、新しい価値を創造し続けるというビジョンを掲げています。 変化の激しい時代において、マーケティングやデジタルの知識はもちろん、統計学、行動心理学などさまざまな分野の知識を融合し、新たな価値を創造していくことが重要であると考えています。FICCでは「リベラルアーツ」の考えを重要視し、さまざま分野の知識の掛け合わせ、さらに社員一人ひとりのユニークネスを掛け合わせることで新たな価値につながることを大切にしています。 FICCでは学ぶことに情熱を持ち、新たな価値のためにチームと共に成長できる人を尊重しています。そのため社内のトレーニングプログラムや自己啓発の支援制度、またライブラリースペースなど、社員の主体的な学びや成長に対して積極的にサポートを行っています。充実したトレーニングプログラムのほか、外部の方をお招きして、デジタルマーケティングの最新動向などの勉強会も頻繁に実施しています。 社員はみな成長意欲が高く、クライアントへの価値提供の質を追求する姿勢を持っています。