Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

導入企業1000社以上。更新率97%のメンタルヘルスプログラム「ALART(アラート)」です。
組織のボトルネックを見抜く洞察力と適切な実行策が求められます。
ドリームホップってどんな会社? ▼企業概要 私たちは企業の組織改善を支援している会社です。主にストレスチェックのデータを活用し組織のボトルネックを発見。課題に対して適切な打ち手を打つことで社員の定着化、エンゲージメント向上、採用力の強化につながる支援をしています。 ストレスチェック実施後は1200社を超える官公庁、民間企業と取引をさせていただいており、今後は自社が保有するビッグデータを活用した採用、社員定着、エンゲージメント向上といったアナログで実施していた分野にテクノロジーを導入して効果を上げていく事業を推進していきます。

Why we do

 20代が多い職場ですが、30代、40代、50代、60代も在籍し多様なメンバーが揃っています
職場風景です。オンとオフの切り替えが上手な社員が多いです。
日本の職場を改善したいから。それにより組織と人が持っている潜在力を最大化することで法人も個人も幸せになると考えているからです。 そのために以下のミッション、ビジョン、バリューをベースにビジネスを推進しています。 MISSON 人と組織の潜在力を最大化する VISION 日本の職場に承認文化を根付かせる Our Values -Customer Success First 顧客の成功を第一に考え行動をします。 また、顧客の成功を実現するために「顧客の顧客の課題」を見越して研鑽に励みます。 顧客から発信される「面倒くさい」を見逃さず、insightを発見する。 この行動が、違いを生み出す”Cool”な提案を実現すると考えます。 -Big Giver 成功は他者への貢献力が大きく影響をしていると考えています。 しかし、他者を過度に気にして、自己犠牲をしてしまっては意味がありません。 「自分の行いが多くの第三者に貢献していた」という状態を追求し続けます。 -Frontier Spirit 実現困難な目標には野心的な目標が必須です。 実現するには活動量、スピード、規律、モチベーションが整っていることが必要です。 ミッションを理解し、自律的に行動できる”ミッション駆動型人材”を目指します。

How we do

弊社の保健師です。顧客への組織改善コンサルティングから営業支援まで幅広く対応しています。
「人と組織の潜在力を最大化したい」という理念に共感いただいた方の応募をお待ちしております。
メンタルヘルス事業部では営業は代理店様メインで活動しています。代理店様をフォローするメンバーが2名おります。2名とも他業種からの転職組(第二新卒)です。 運用は12名で1200社超の顧客を対応しています。フロント業務は7名で対応しており、多くが保健師、看護師、精神保健福祉士などの国家資格保有者です。全員、業種も職種も未経験のメンバーですが、内に熱いものを秘めたメンバーが多くモチベーション高く仕事を進めています。フロント業務は5名が20代、1名30代、1名40代の構成です。 システム部門は1名プロジェクトリーダー(PL)がおります。ベトナムのオフショアに15名ほどメンバーがおり日本で管理しながら進めています。1名のPLもプロジェクト管理は初めてですが納期を守り開発を進めてもらっています。よくあるトップや別部門からの無茶ぶりで疲弊しながら開発するスタイルではありません。1名も20代で前職はJavaのエンジニアです。 実際、若手社員が多いということもあり会社では資格取得や研修参加を奨励しています。特に資格取得に対しては費用全額負担+合格者には報奨金を渡しています。中には成績優秀者として協会から症状をもらう社員も複数名出ています。 研修もSMBCコンサルティングと提携をしており「いつでも、好きなだけ、勤務時間内に」研修の受講が可能です。場所は大手町なので少し移動がありますが各自スケジュールを調整して自己研鑽に励んでいます。弊社では社員がいつでも自由に研修を受講できてこそ意味があると思っており、自律的に自分のキャリアアップ、スキルアップを考えながら、実際に活用できる制度です。 行きたい研修があるが行きにくい・・・という雰囲気は全くありません。 研修も受講回数の上限は決めておらず各自の自主性に任せています。 当たり前ですが、社員への信頼を原則に運用されています。 <外部研修制度> ・三井住友コンサルティング定額制クラブ ・東京商工会議所 ・東京大学大学院医学系研究科TOMH研究会 ・中央労働災害防止協会など多数 <社内インフラ> スケジュール管理:Gridy グループウェア・経費精算・勤怠管理・業務システム・SFAなど:全てKintoneで一元化 メール:メールワイズ ウェブ会議システム:zoom 貸与端末:Surface、iPad(2017年モデル)、Windows PC(SSD搭載)等 <連携研究機関> 理化学研究所 革新知能統合研究センター 東京大学大学院医学系研究科精神保健学分野 <資格取得支援> ・メンタルヘルス・マネジメント検定:受検料負担+合格者には報奨金の支給 ・個人情報保護士:受検料負担+合格者には報奨金の支給 ・統計検定:受検料負担+合格者には報奨金の支給 ・心理相談員:受講料全額負担 ・東京大学大学院医学系研究科TOMHコース:受講費用全額負担など多数 <職場環境改善に関する取り組み> ・毎朝のミーティングにて帰社時間を発表し特定の個人に負荷がかからないよう業務を分担 ・オフィスコンビニの飲食物を全て無料(派遣社員・アルバイトも利用中) ・育児のための出勤、退勤時間の調整および時短勤務 ・歓迎会・忘年会等の懇親会費用の全額負担(派遣社員・アルバイトも参加) ・ストレスチェックの実施(新職業性ストレス簡易調査票を利用) ・交通費精算・出退勤の事務業務を自動化(Kincone利用) ・ランチミーティングの実施(費用は全額会社負担) *具体的な取り組みはフィードをご覧ください。