1
/
5

What we do

WHERE(ウェアー):世界中の不動産取引になる情報がどこにいても一瞬で検知可能。
衛星データからAIを利用し、不動産取引につながる不動産情報を検知!今まで30時間かかっていた不動産情報収集が、数クリックわずか3分で完了!
私たちは、JAXAの知的財産及び知見を活用して事業を行うJAXAスタートアップです。 現在主に、衛星データを活用して不動産情報の自動取得を可能にするアプリ「WHERE(ウェアー)」を開発、提供しています。 ■ WHERE とは? 衛星データをAIで画像認識し、空き地や駐車場といった不動産を識別。それらの画像データと、法務省が管理する不動産登記データを連携することで、どこに・どのくらいの大きさの不動産があって、誰が所有しているのか、マップを見るような感覚で簡単にわかるアプリです。 (詳しくはこちら→https://pntwhere.com/) ■ WHERE の革新性 従来は不動産情報の取得にあたり、その多くを人脈からの紹介に頼る他ないのが実情で、網羅的に情報を収集することは困難でした。また、得られた情報を元に実地調査をして、不動産の大きさ等の条件を確認する、といったような地道な手法をとる必要がありました。 しかし「WHERE」を使えば、ワンクリックで簡単に網羅性のある情報を取得することができ、不動産情報の取得にかかる時間やコストを大幅に削減することができます。 このアイデアは、ありがたいことにコペルニクスマスターズ(地球観測データを利用したビジネスアイデアを募るコンテスト)の日本大会で優勝し、世界大会出場という実績をつくることができました。 ■ WHERE の未来 現在は、主にコインパーキングやトランクルームの用地を探す事業者さま向けにサービスを提供していますが、今後は個人でも簡単に利用できるアプリにしていきたいと考えています。そして、日本だけでなく世界中の不動産情報が集まるプラットフォームをつくり、ゆくゆくは、まるでフリマ感覚で不動産の個人間売買ができるような未来を目指しています。 例えば、マイホームの候補地を探す時や不動産投資をする時、もっと自由な選択ができるようになったらどうでしょうか?自分が過ごしている地域から視野を広げ、より人生の可能性を広げられるのではないか、そう思うのです。 現在は「WHERE」を軸に事業を展開していますが、JAXAの知見を活用し日々新しい可能性を模索しています。 代表はこれまで、「Penetrator」というロケット型の地中探査機の研究に従事してきました。Penetratorを活用すると、人が立ち入れない危険地域の状況をデータで観測することができます。この技術で、土砂災害が起きた地域の地盤の状態をモニタリングして二次災害に備えるためのシステムを構築したり等、人々の暮らしの安全に貢献できると考え、研究を重ねています。

Why we do

ドイツ・ミュンヘンで開催されたコペルニクスマスターズ(欧州委員会(EC)と欧州宇宙機関(ESA)主催の衛星データ活用ビジネスコンテスト)の世界大会で、各国の宇宙ビジネスに挑戦しているメンバーと交流
各国の宇宙ビジネスに挑戦しているメンバーからも高い評価をいただきました
”不動産から国境をなくす” 私たちはこのような思いでサービスをつくっています。 一般的には「家を建てたい」と思ったら仲介業者を尋ね、周辺の土地を探します。 「不動産を買って資産形成をしたい」と思ったら、インターネット等の情報から国内不動産を調べ検討するでしょう。 しかしこの時、家を建てたい方や不動産投資をしたい方は、本当に潤沢な選択肢から選べているでしょうか? 私たちは、不動産の選択肢を地球上全てに広げることを目指し、JAXAの持つ宇宙の知見と、代表の持つ不動産の知見を融合したサービスを生み出しました。 代表が宇宙に着目したのは、多くの人が理由もなく無意識に「地元愛」を持っていて、視点の大きさによってその「地元」の広さが変わることに気付いたときでした。 例えば、日本を舞台にしたサッカートーナメントで、人は地元県のサッカーチームを応援するでしょう。次は世界が舞台になれば、皆日本の選手を応援します。 では、視点が世界からさらに上の「宇宙」になったとき、人の意識はどうなるでしょうか? 世界中の人にとって地元は「地球」であり、このとき人々の意識から国境はなくなるでしょう。 このように、宇宙から捉えた地球に境目はないと思うのです。 私たちのアプリは、誰でも簡単に世界中の不動産情報にアクセスするのを可能にし、地球上の不動産から国境がなくなる未来をつくります。 国境なく不動産にアクセスできれば世界中の人々が住む場所を自由に決めたり、自分にとって最良の資産形成をして世界中の経済を回したり、多くの人にとって世界がより良いものになっていくと確信しています。

How we do

JAXA宇宙科学研究所(宇宙探査機ペネトレータと火山ペネトレータ)
コミュニケーションを大切にチーム一丸となって開発を進めています
■ 私たちのチーム 私たちはまだ数名の小さな組織ですが、「WHERE」に将来性を感じて「世界に変革を起こしたい!」と集まっているメンバーたちです。 コミュニケーションは基本的にオンラインで行われていますが、Slack等を活用してオープンにやり取りをしています。 ■ 大切にしている価値観 ・スピード重視 スタートアップでは、スピード感を持って物事を進めることが重要です。 質と量は両方大事ですが、まずはすぐトライして量を重ねることでその分改善に向けて学びを得ることを大切にしています。 ・自身の限られたリソースから最大限の価値を生む 会社が限りあるリソースを有効に使うべきであるように、個々人も自分のリソースを何に注ぐか、しっかり考えることが重要です。 ただお金を稼ぐために自分の時間を切り売りするのではなく、限られた時間を自分が没頭できることに充てられれば、それが最大限の価値を生み出します。 ■ご入社後の福利厚生等、その他 ---------| 福利厚生|--------- ・社会保険完備(健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険) ・各種法定休暇 ・通勤交通費(上限有) ・コワーキングスペース常時利用可能(お茶など飲み放題)  オフィスはこちら:https://hiraku-gate.co.jp/ ----|社内での取り組み|---- ・wrap-up party(目標達成時打ち上げ) ・社内交流会等随時実施 ・オンボーディング(各セクションMTG参加や職種説明等) ・タスク共有MTG(daily scrum(タスク共有/毎朝)、Sprint Retrospective(振り返りMTG/定期)、各セクションでのMTG(定期)) ・1on1(経営層と一般社員等) ・社内 de twitter(日々のつぶやきで社内交流) -----------|その他|----------- ・東京メトロ南北線 東大前駅から徒歩2分 ♪ ・リアル宇宙探査機が社内に設置 ! ・JAXAの研究施設の一室も拠点として使っているため、最先端の研究を身近に感じる機会あり! ・2023年10月に完成したばかりの綺麗なオフィス ♪(安藤忠雄-設計) ・HIIT利用が可能 ♪(屋内トレーニング)