1
/
5

【PoC成功率100%】AVILENが誇るデータサイエンティストチームの魅力

AVILEN(アヴィレン)とは:
「最新のテクノロジーを、多くの人へ」をビジョンに掲げ、急成長を遂げているAIスタートアップです。
AI・ディープラーニングの導入から、コンサル・開発・人材育成まで。
主に企業向けに、AI分野に特化したあらゆるソリューションを提供しています。

皆さんこんにちは、人事チーム 採用担当の洲崎です。

先日、AVILENの独自メディア「AVILEN AI Trend(旧:全人類がわかる統計学)」にて、次のインタビュー記事を公開しました。
経営承継支援が中小企業M&AマッチングにAIを活用。1日→1分に作業時間を短縮!

中小企業の事業承継・M&Aをトータルサポートする株式会社経営承継支援様の委託を受け、AVILENのデータサイエンティスト(以下、「DS」)チームが「事業の買主を自動提案するAI」を開発。
約1日かかっていた作業が1分まで短縮され、日本経済新聞などにも取り上げられました。

インタビューや事例の詳細は、記事をご参照ください!
今回の投稿では人事的な観点から、開発依頼の経緯に関するエピソードを取り上げます。

"最初は「ここは教育事業もやっているし、いいかな?」という軽い気持ちで相談に行きました。そこで驚いたんですが、担当者の方(DS)が、リストの全プロジェクトについて実現可能性を詳細かつ的確に答えてくれたんです。 これこれこういう技術があって、こういう点に気をつければ出来る、と。目の前が明るくクリアになるような爽快感がありましたね。

ちなみに、他社ベンダーの反応は「あー、いいと思います」くらい。 提案はしてくれるんですが、何を想定したソリューションなのかが不明瞭でした。 例えば費用感などは出してくれるんだけど、開発期間がどのくらいかかるのかはわからない、とか。

その点 AVILEN さんは「できる・できない」、工数、費用を即答してくれたので、感動しました。 なので、その場でここに決めようと思いました。"

前提として、AVILENではAIシステム開発の相談に、営業だけで対応することはありません。
DSが同席するか、あるいはDSチームのみで対応することもあります

その理由はシンプルで、「その場で可能な限り最高のソリューション提案をしたいから」です。
非技術職ではどうしてもわからない質問、実現可能性、工数など。
後から調べて折り返すのではなく、その場で正確に早く対応するからこそ、顧客からの信頼感を得ることにつながると考えています。

実際のところ、人的リソースの兼ね合いや「提案できるビジネス力のあるDS」が貴重なことから、営業対応する同業他社が多いのではないでしょうか。
そんな中でもAVILENは、社内教育を通じてDSチームのビジネス・提案力の向上に注力し、このエピソードの対応ができるような人材の育成を強く推進しています。

また、DSがプロジェクトのスタート地点である商談から参加することによって、その後の開発でも顧客の意見やニーズをプロダクトにより正しく反映でき、格段に成功率を高めることにも繋がります。
その証拠に、AVILENはこれまでのAI・機械学習プロジェクトにおいて、本番開発前のPoC(実証実験)成功率100%を達成。そのほぼ全てで、本番開発検討段階まで進んでいます

AVILENの掲げるバリューの1番目に「顧客にとっての価値を考え、最高のアウトプットを追求する」とあります。今回のエピソードに見られるDSチームの在り方は、まさにこの価値観を反映したものです。

他にも、以下の話の中には、DSチームの高い技術力だけでなく、バリューの2番目「主体的かつ徹底的に取り組む」の姿勢なども見て取れますね。

"あと、嬉しい誤算だったのは開発スピードです。 速かったですね。 ほかにも、話の中でちょっと出てきたアイデアを自発的に取り入れてもらって、勝手に精度を上げてくれたのは驚きでした。"

AVILENは「最新のテクノロジーを、多くの人へ」届けるため、この魅力あふれるDSチームとともに働く仲間を募集しています!
本記事を読んで、少しでも「話を聞きに行きたい」と思ったデータサイエンティストの方は、ぜひご応募ください!

引き続き会社のことを皆さんに知ってもらえるよう、様々なストーリーを投稿していく予定です。
今後ともご愛読のほどよろしくお願いいたします!

株式会社AVILEN's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings