1
/
5

鉄道マンがMBAを経て事業再生コンサルへ変身した軌跡~ダイヤ引きからそろばん弾きに~

はじめまして。房野です。LBP岡山オフィスで業務をしています。

多くの人が通るのと少し違う道を歩んできた私がLBP(ロングブラックパートナーズ)にたどり着くまでの話と、今の過ごし方をご紹介します。

1.自己紹介
2.選んだ道
3.入社から歩んだ道
4日常生活

1.自己紹介

現在、ロングブラックパートナーズのRSチーム(再生計画策定後のモニタリングを行うチーム)に所属している房野です。大阪出身で東京に11年いた後、岡山におります。

業務内容は、債務者と複数の債権者の合意によって進められた私的整理手続きにより再生途上にある企業の業績をモニタリングするというものです。定期的に報告書を作成し、時には借入先の金融機関に企業の業績報告も行います。

趣味は読書・旅行で、列車に乗りながら本を読むことには快感を覚えます。気になる本はとにかく買う主義なので読み終わらなくて困っております。老後の毎日には困らないでしょう

2.選んだ道

企業業績のモニタリングを行い、金融機関に企業の業績報告をする私ですが、冒頭に書きましたように同じ業界の方が通るのとは少し違った道を歩んできました。

社会人1年目は、駅員をしておりました。サラリーマンの街として有名な東京のとある駅です。その後、車掌へと進み新人車掌の教官も務めました。運転士にはならず、運行管理をする指令員となり、日本の鉄道システムを外国に輸出する事業の研修に選抜されるなど、鉄道輸送の世界にどっぷり浸かる準備は万全でした。


     サラリーマンの街として有名な東京のとある駅で駅員生活をスタートしました。

ここで人生の転機です。

社会人9年目に出願していた国内の大学院MBA課程に合格しました。当時の社内規定では自己都合で大学院に進むための2年間の休職が出来なかったため、鉄道輸送の世界へのレールを進む(大学院を断念)か、趣味の旅行で日本全国を巡り肌で感じたローカル経済の魅力を探求する道を進む(退職し進学)かの分岐点に差し掛かりました。

そして、迷ったら、より困難に思える世界に進む方が成長できる!と信じ、鉄道輸送の世界から飛び出しました。MBA課程では組織マネジメントやマーケティング、会計やファイナンス、生産管理や戦略といった科目を学び、経営層を目指す志の高い友人も多くできました。

大学院修了後は、学んだことを活かしたいと考え、岡山県のとある中小企業(運送会社)に転職しました。これまでの経験を踏まえ、営業企画の管理職として登用していただき、営業部の業務管理全般や年次経営計画・収支計画の修正等を任せてもらうこととなりました。

会社での業務を通じて、中小企業が抱える課題や発展の可能性を実感するようになり、やりがいを感じていました。一方で、「同様に困っている会社はもっと多くあるはず」「より多くの方々の力になりたい」という思いが日に日に強くなっていき、1社での仕事に満足できなくなっていきました。そのようなときに、多くの中小企業の再生に貢献しているロングブラックパートナーズに出会い、在籍期間は短く不完全燃焼ながらも、さらなる成長と自身の活躍の場を求め再び転職することとなりました。

3.入社から歩んだ道

全く違う畑で多くの時間を過ごしましたが、MBA課程を経て、短いながらも企画部門のプレイングマネージャーとして働いてきたので何とかなるだろうと少々甘く考えておりました。

財務データを扱うので必然的にExcelワークが中心となります。恥ずかしいことに知っている関数では全然足りない上に、操作の正確性にも欠けるため、先輩に時間を割いて頂きExcelワークとは何かのレクチャーを受けることとなりました。感謝です。おそらく、もう少し慣れた人ならここまでお世話にならなかったでしょう。今後、自身と同じように迷っている後輩と接する機会があれば、同様に導いてあげたいと思います。

このように、LBP人生をスタートした矢先に、同じRSチームの先輩が家庭の事情で退職するため、その仕事を引き継ぐこととなり、一気に仕事のレベルが上がりました。データ作業に慣れたと思ったら、分析・コメントまで担当です。

以前所属していた企業でも、株主総会用に自社の業績レポートを書き、業績悪化理由、期末時点での着地見込み等を会議で報告したりしておりました。しかし、それは日々数値を管理していたから出来ていたことで、複数の企業の分析・コメントとなると、頭に入れることが多くあり、今でも日々勉強の毎日です。

ある程度、担当企業について理解が深まってきた頃、バンクミーティング(取引銀行に現状や今後の見通しを説明し、合意形成を計る会議)で、再生途上の業績を説明する機会がやってきました。

金融機関出身の方からすれば、大きな話でもないかと思いますが、「シニアローンって、おじいちゃん・おばあちゃん向けのローン?いや、違うな…」といった状況から脱したばかりの私からすると、非常に荷が重く勇気のいる場でした。これ聞かれるかな?というポイントを何個も何個も説明できるように調べて、万全の態勢でバンクミーティングに挑みます。金融機関からの質問に答えられないとLBPの信用を毀損してしまいますからね。といっても今でも答えられないことがあります。そんな時は同席している上司が、さっと回答してくれます。

そんなこんなで、少しずつではありますが、再生計画策定後のモニタリング業務を通じて複数の企業の再生にのめりこんでいっています。分析した項目のヒアリングを行い、毎月のように企業の代表の方に接していると、「まだ社内でも言ってないアイデアなのだけど、房野さんだから教えてあげる~」などという嬉しいお言葉に出会うこともあります。このような前向きな話も、本当は話したくないようなことでも、喋っていただけるように信頼関係を築き、企業の変化の兆しにいち早く気づき、サポートできるように取り組んでいきます。

4.日常生活

最後に、日常生活の紹介を少しさせてください。

現在、一児の父親として、LBP人生を突き進んでおります。平日は多忙で帰宅したころには子どもは寝ているので、朝の10分の食事タイムを大事にしています。土日は接する時間を多く取れるので一緒に公園に出かけたり、入浴したりします。自分のビジネスパーソンとしての成長も大事ですが、同時に子どもの成長、家族との時間も大事にしていきたいです。




事業再生コンサルタント
地域で活躍!岡山から中小企業の経営改善に取り組むアドバイザーを募集!
私たちロングブラックパートナーズ株式会社は、地域に根ざし企業に密着して成果をだすことを誇りに展開する、独立系の事業再生・経営改善コンサルティングファームです。 「クライアントの長期的(ロング)な黒字(ブラック)を確保するパートナーでありたい」との想いが社名の由来です。 【主な事業内容】 ■事業再生アドバイザリー 中堅・中小企業が抱えるさまざまな経営課題に対し、「専属のプロジェクトチーム」が、「一定期間クライアントに常駐」し、「ファクトベース」のアドバイザリーサービスを提供することで、主に財務面の早期健全化を達成するための各種サポートを行っています。 ■成長支援コンサルティング 「成長スピードが鈍化している」「損益が安定しない」「生産性を向上させたい」「コスト削減に本格的に取り組みたい」このような経営課題を抱える企業に対するアドバイザリーを提供しています。 ■事業承継コンサルティング 円滑な事業承継のために必要と考える事業の「磨き上げ」と財務体質の改善、そして次世代の経営者候補も巻き込んだ事業の将来設計までを一貫して支援します。 ■M&Aアドバイザリー 単なる仲介業務にとどまらない、「オーナー」と「企業」の双方にとってメリットのある事業継承をご支援します。 ■ファンド事業 北海道・岡山県にてハンズオン型の「事業再生/活性化、事業承継ファンド」を運営しています。 また、広域復興支援ファンドを九州全域・西日本(中四国地方)で運営しています。 さらには、事業承継対応の「継承ジャパンファンド」を新たに立ち上げるなど、サービス展開地域、規模を毎年拡大しています。 【ユニークな特徵】 ■クライアント現場常駐型スタイル 私たちの主なサービスである事業再生アドバイザリーでは、創業以来、「クライアント現場常駐スタイル」を続けている点にあります。クライアント先へ常駐し、現場に眠る様々な経営データを丁寧に紡ぎあげ、「ファクト」の積み上げをもってクライアントの経営課題を明らかにするアプローチを重視しています。 ■地域再生ファンドも、「地域常住」 私たちが運営に関与している地域再生・活性化ファンドでも、展開地域に私たちのスタッフを「常住」させ、各地域における投資先企業の業績向上までコミットするスタイルを貫いています。クライアントの近くで、ハンズオンで経営改善に取り組む。そんな価値観の元、ファンド事業を運営しています。 【これからの展望やビジョン】 私たちはこれからも独立系アドバイザリーファームとして、現在の60名規模から、5年後には100名規模を目指しています。中堅・中小企業様に対して、事業再生・経営改善の分野はもとより、事業承継、成長支援、M&Aアドバイザリーなどについて高品質のサービスを提供しつつ、同時に地域再生・活性化ファンドではこれからもハンズオンの経営改善支援に取り組んでいきます。 アドバイザリー事業とファンド事業の両方を併せ持つユニークなコンサルティングファームとして、全国の中堅・中小企業様の役に立ちたいと願っています。この想いに共感し、私たちのチームに参画いただける方を求めています。
ロングブラックパートナーズ株式会社
ロングブラックパートナーズ株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

MBA

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more