1
/
5

What we do

プレステージ・インターナショナルは国内5県8カ所にコンタクトセンターを置くほか、グループで18カ国に29拠点を展開し、オートモーティブ事業、プロパティ事業、グローバル事業、カスタマー事業、金融保証事業、IT事業、ソーシャル事業の7つの領域において事業を行っています。 お客様のお声を承るコンタクトセンターとトラブル現場での解決を見出すフィールドサービス、そしてこの連携にIT技術を組み合わせて、お困りごとの解決まで一貫した高品質なサービスを提供し、この3つの強みで他社にはない独自のサービスを創造し、クライアント企業を強力にサポートしています。

Why we do

「事業創造を通して、社会に貢献できる企業でありたい」 当社は、創業当初から「エンドユーザー(消費者)の不便さや困ったことに耳を傾け、解決に導く」という経営理念を掲げています。そして、2013年12月の東証一部上場(現在はプライム市場へ上場)と2015年4月の新ロゴマーク導入をきっかけに、創業以来大切にしてきた「エンドユーザー(消費者)のお困りごとを解決する」というコンセプトに加え、「事業創造を通して、社会に貢献できる」企業でありたいという思いを込め、新しいグループ経営理念が生まれました。 創業当初からの想いを大切にしながら、より多くのお客様のお困りごとを解決していくために。プレステージ・インターナショナルはこれからも新たな事業創造に取り組んでいきます。

How we do

保育園併設の拠点もあります
当社は、東京証券取引所への市場変更当時の2013年から現在までに、売上高でおよそ2倍、営業利益でおよそ3倍もの成長を実現させています。ここでは、成長を続ける当社の強さの秘密をご紹介します。 1.品質を支えるサービス拠点 高品質なサービスを提供するために国内に大規模なコンタクトセンターを保有し、現場対応のネットワークを強化するとともに、グループで18ヵ国29拠点のグローバルネットワークを有しています。 2.地方&女性の活躍 国内のコンタクトセンターでは、秋田県に約2,500席、山形県に約1,150席、富山県に約1,000席、新潟県に約260席そして岩手県に約500席のキャパシティを有しています。また、従業員の約70%は女性です。 2018年からは女性活躍推進プロジェクト(Woman Excite Project)を発足し、人事制度や人財育成方法の見直し等を通し女性固有の課題解決を図り、組織風土の醸成と働きがいのある体制づくりを実施しています。 地方都市での継続的な雇用創出と同時に、働く環境を整え、優秀な人財に活躍してもらうことが、私たちの成長の推進力となっています。