1
/
5

思うようには中々ならないけれど、、、思ったことしか実現しない!臆病者が意識を変え、変革の嵐を突き進む!

思うのは簡単、言葉にするのも簡単、、、そこまではできる
大切なのは、行動に移すという「覚悟」

こんな風になれれば、、、 そんなイメージはあっても、実際に行動に移すことができなかった。
憧れはあっても、どうすれば良いのかわからず、大学卒業後も飲食業でのバイトを継続した。
でもやっぱり一度チャレンジしてみたい。

その想いから、かなり遅れての就活を開始した。

2つの観点で私は今のコミュニティを選択をした。

①新規事業に携わる機会
②ビジネスレベルの早期向上

5年経過した今、振り返れば、
人材ビジネスで培った折衝力、適応力は市場価値の向上に不可欠であった。
また様々なビジネスモデルを知り、学び、常に刺激があった。

遂に本当のチャレンジの瞬間

今年の新規ビジネスコンテスト。
私は遂に温めてきた新規事業でコンテストに挑むことを決意した。
20作品以上が全社で発表された中で、予選を勝ち抜き決勝へ、、、

何よりもサジェスチョンタイムという意見交換の場で、メンバーから非常に多くの意見を頂けたことは
大きな支えになった。

3回に分けて、30人近くのメンバーから意見をもらえた。
決勝までの間に、もらった意見をもとに再構築。
納得のいく企画書が仕上がった。

結果よりもプロセスが宝になる

惜しくも優勝は逃したが、良い機会になった。
様々なメンバーからの新規事業提案がとても刺激になったと同時に、
今回の経験で得たものは、
「行動を起こせば大変だが必ず変化を起こせる」というもの。
この経験をもっともっとしていくべきだと実感した。

-----プロセスこそ宝

そう思えた瞬間だった。

日々の中でも意識の持ち方次第でチャンスがある

新規事業については、ここからさらにブラッシュアップをかけ、
必ず事業化し、リリースすることは諦めない。

ただ、今回の気付きは私の意識を変革させてくれた。

日々の中での変化経験こそが、新たな事業への学びになり、ビジネススキル向上に繋がる。
日々の中にチャンスが山ほどあることに気付いた。

既存ビジネスの仕組みを壊す

在り方を変えてみる。
既存ビジネスの在り方を疑ってみる。
どちらかというと、すぐに「できるのか?」と不安になり、
イメージはあるけれど、実際に行動に移さなかった私。

逃げていないでチャレンジすること。
一歩踏み込むことで得られたチャンス。
さらにそこから気付けた「意識の持ち方で物事は違って見える」ということ。

リレーションシップマネジメントチームを立ち上げる

そして私は新たなチームを考案した。
「0から1」を創る営業組織へと進化するために、、、

プロジェクトを立上げ、これまでを壊さねばならない。
この先に見える景色が楽しみすぎる。

新規事業を形にし、既存事業をスクラップ&ビルド。

困った時には仲間が全力でサポートしてくれる。

共に創っていきませんか?
その中に、きっと新たな気付きがあるはず。

少しでも躊躇している自分がいるなら、社会に出てからでも、
格好悪いくらいの青い春を、共に謳歌しましょう!

格好悪いかもしれないけれど、一生懸命は、きっと人の心を動かす

株式会社インオーダー's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings