1
/
5

webマーケティング部立ち上げから一年。クラウドリンクの変化と進化を振り返る。

こんにちは。広報の山本です☺

今回は株式会社Cloud Linkのwebマーケティング部立ち上げから本日までの約一年間、新設部署立ち上げにおいて一体どんなことをしてきたのか、クラウドリンクにどんな変化や進化があったのかを、お話できればと思います。

少し長くなるかもしれませんが、目を通していただけると非常に嬉しいです✨


webマーケティング部立ち上げに至るまで

「正しいことを広く伝える」をモットーに、webマーケティング部立ち上げから今日まで約一年間走り続けました。

ちょうど今から一年と少し前の2021年6月頃、私はクラウドリンクの面接を控えており、会社の情報を調べていました。その時に感じたのは「調べても全然情報が出てこない」ということでした。
自分で確認できた情報はページ数の少ないコーポレートサイトと、転職エージェントの担当者に共有してもらった採用ページ、そしてGoogleで指名検索をして得られたほんの僅かなもの。
クラウドリンクは候補者様と企業をつなぐサービスを展開している企業であるはずなのに会社の透明性が非常に低く、時間をかけて得られたのは面談へ行くのにも不安になるくらいの情報量でした。

面談時には情報収集段階で感じた課題を伝えました。その後無事に内定を頂き、とにかく今の当社の課題をなんとかしたいと即決で入社を決めてから約一年。今回はwebマーケティング部の立ち上げとともに実施したリブランディングの経緯や、来期に向けて進行していることをざっくりお話しようと思います。



人材紹介事業/SES事業でこの一年で行ったこと

2021.7 SNS(Twitter、Facebook)活用の見直し

2021.8 コーポレートロゴのリニューアル(リブランディング第一弾)

2021.9 wantedlyでストーリー発信をスタート

2021.9 ランディングページの完成(リブランディング第二段)

2021.10 広告運用のスタート

2021.12 メディアへの露出強化

2022.2 SES事業サイト開設

2022.3 オフィスの移転(リブランディング第三段)

2022.4 オフィス移転に関してのメディア対応、メディア掲載増加

2022.5 動画コンテンツでの展開をスタート

2022.5 求人サイトの作成とマーケティングオートメーションツールの導入に着手(リブランディング第四弾)



立ち上げから一年で行ったことを時系列でまとめました。こうして見るとなかなか密度の濃い一年だったなと思います。
鮮明に苦労したことや嬉しかったことを思い出すことが出来ますが、特に印象深かったことは三つ。

一つ目はコーポレートロゴのリニューアル。
入社して一番最初の重大任務だったこと、そしてこれからのクラウドリンクの印象を決める大きな要素になることからプレッシャーもあり、一つ一つの判断に対していつも以上に慎重になりました。
また、クラウドリンクのことを深く理解しようと様々な角度から動き、リブランディングの第一歩として何をどう伝えていこうか、そのためには何からすべきかを整理する機会にもなりました。
コーポレートロゴのデザインコンセプトは、向きに回転した矢印が未来をイメージした「先進感、ワクワク感」をメインに、弊社に対して「信頼感、親しみやすさ、未来感」を感じられるようなデザインを意識して作成しました。

二つ目はランディングページ完成と動画広告への展開。
冒頭にも申し上げた、『開示している情報量が非常に少なく透明性が低いこと』が課題と感じていたことを大きく払拭できるきっかけになったのがランディングページの完成でした。
ランディングページの存在は、クラウドリンクという社名を知って検索してくれた方と弊社のキャリアコンサルタントをつなぐ入口としての活用を実現できましたし、透明性を高くし敷居を下げるといった点で会社として大きく変化を遂げることが出来たと思っています。
また動画広告への展開を始めたことでクラウドリンクという存在や名前をより一層多くの方へアプローチできるようになりました。
例えどんなにいいサービスを展開していても、知られていなければないことと同じだと考え、ランディングページのデザインやコンセプトから周知拡大のためにどういう情報をどう開示するかと試行錯誤し努めた、クラウドリンクにとって大きな一歩となったプロジェクトでした。
今後も上記への拘りは妥協することなく日々積み上げていかなければと、こうして執筆している今もますます身の引き締まる思いです。

そして、最後の三つ目はオフィスを移転したこと。
オフィス移転に関してはまずワクワクが大きかったです。オフィスの移転なんて会社員生活の中でそう何度も経験出来ることではないと思います。だからこそ、今回のオフィス移転を単なる拡大移転と捉えるのではなく、『全社一体となって既存事業の拡大、そして「第2創業期」として更なるステップアップを目指す』というスローガンのもと、オフィスの移転プロジェクトをスタートしました。
オフィス移転に伴い、たくさんのメディア様に掲載いただける機会にも恵まれ、サービスに関してのメディア展開とはまた違った角度からのクラウドリンクを開示することが出来たかと思います。

以上特に印象深かったことを書き並べましたが、一年してきた中で細かいことも含めて、全てに意味があります。クラウドリンクってどんな会社でどんな人が働いている、どういう会社なのかと多角的に開示できる機会が増えました。



マーケティングに正解はあるのか

振り返れば、いつも何か新しいことを始めるときには「これを”今”始めるという選択は間違っていないか」、進めているときには「方向性ややり方は本当に間違っていないか」と常に目的の手段として正しい選択であるのかということを気にしていた記憶があります。(これで大丈夫だと確証を得られるまでは何事も疑い続けてしまうような心配性です)

立ち上げ部署なので何もかも前例がないことは承知の上ですが、今の弊社の立ち位置でできることはこれで合っているのかと何度も不安になり、正解を求めるべく他社の前例に頼ろうと様々な本を読む日々。
どんなやり方があるのかと方法や手段を知るため、またマーケティング部としての役割を全うするための手段の引き出しを蓄えるといった意味でもいろんなところから情報を収集し強みに変えようと必死でした。

私は前職で、一人で新規開拓からマーケティングのような業務まで行っていたのですが、大きな企業のマーケティング部署でがっつり働いていたわけではないので、正直今マーケターとして行っていることが正しいのか、自信はありません。答えが見えない中でも、とにかく最適策を見つけ突き進まなければならないというプレッシャーに何とか打ち勝ち、今日まで手探りながらもがむしゃらに進んできました。ですので果たして正解の道を進めているのかどうかは今でもわかりません。
ただ様々な本を読んで分かったことは、マーケターとしての在り方は会社や個人によって異なるものなので決して本やネットに正解が書いているわけではないということ。
会社の状況や目的、予算、譲れないことなど複数の要素があって初めてマーケターが立てるべき道筋は決まるものだと思っています。
一般的なマーケターとしてすべき正解は分からないけど、クラウドリンクのマーケターとして目指すところはぶれずに「クラウドリンクの情報を正しく広く伝えること」。そして届いてほしい層に、いつでも『クラウドリンクのサービスを利用する』という選択肢が一番に存在するように、状況に合った施策を打ち続けることだと思っています。

いくらサービスが良くても人から求められなければ、知られていなければ、存在していないものと一緒ということは、マーケティング業務に携わってから痛いほど学んだことです。
クラウドリンクで私の役割は『一人でも多くの方にサービスを利用していただくためにできることを全てする』ことに尽きると考えてこれまでやってきましたし、これからも結果に拘ってトライし続けます。



”マーケティング”に懸ける想い

マーケティングに携わっていると「やり方次第で可能性は広がる」と実感する機会が多く、一つ一つの取り組みに非常にやりがいを感じます。
タイミングを見定めた大きな先行投資ももちろん重要ですが、その前段階でコストを大きく割かなくてもできることって無限にあるんですよね。
ひと昔前とは違って今はいろんな媒体が発達して、方法・手段がたくさんあります。
その中から最適な手段を選んで、時流に乗る。ただ乗るべきタイミングでの発信や運用を繰り返すだけではなくて、自社が切り開いていこうという視点での発想や気力を備え続けることも必要なので、マーケティングは短距離走を何度も何度も繰り返してやっとゴールが見えてくるといったイメージです。
この短距離走を何度繰り返せばゴールが見えるのか、今はまだ到底想像もできませんが、すぐにゴールが見えるものではないからこそゴールまでのコースを自分で調整できるので、野望は高く、柔軟に現状を楽しんで取り組むことを忘れずにいようと思います。



これからの課題

今期の目標としては、今以上に基盤を強くする。
多少のことでは崩れない強い土台作りができれば、細かいことにも注力できる時間に回すことができると思うので、ここは前期同様徹底したいことです。
そのためにもメディア掲載数増加の継続化、動画コンテンツへの露出拡大も引き続き頑張りたい。
あとは今一番の課題でもある、求人サイト完成に向けて走ります!



webマーケティング部で活かせる力を。個人の展望について

個人的には分析した結果をより生かせる専門的な知識が必要だと思っているので勉強と実践、どちらの時間も大切にしていきたいです。これまで以上に”学ぶ”ことを大切に自分の力を信じて伸ばしていきたいと考えています。



総括

この一年、様々なことを乗り越えてきました。
実現出来たこと、成果につなげられてよかったことに関しては自分を褒め、まだまだ力不足なことは次どうするかと詳細に考えています。
時間は有限なので、今ある課題を払拭するため、そしてクラウドリンクが一層飛躍するためにできることをコツコツ積み上げていきます。
弊社には優秀なメンバーが沢山いますので、一人一人が輝く場所を作ることもマーケティング部の仕事だと自負しています。
来年のこの総括では今年以上に報告項目が増えていることを誓い、また気持ち新たに業務に取り組んでいきます。

長くなりましたがここまで読んでいただいてどうもありがとうございました!

株式会社Cloud Link's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社Cloud Link
If this story triggered your interest, have a chat with the team?