1
/
5

What we do

Fem"Tech"の力を使って、月経管理・妊活サポート・更年期サポートを行う2Cアプリの開発と、それらを用いて法人の健康経営をデータドリブンで改善する2Bサービスをメインに提供しています。 また、性教育やジェンダー教育の普及に貢献するために、啓蒙活動としてFemCampというイベント事業も行っています。 更に、大企業を中心に女性の健康課題を解決するプロダクトの共同開発や、市場調査、実証実験の協力などにも取り組んでいます。 将来的には、思春期から更年期まで、女性の各ライフステージごとに最適化されたソリューションを提供していきたいと考えています。

Why we do

女性就業率が男性就業率と同レベルまで上昇すれば、GDPは10%押し上げられると言われています。これは、女性だけでなく、誰しもにとっての大きな利益です。 Feminismの先駆者であるオランプ・ド・グージュは、女権宣言の中で『女性は断頭台に上る権利があるのだから、議会の演台に上る権利もある』と記しました。 これは1791年に残された言葉です。月日は200年以上経ち、女性の権利や選択肢は、男性に与えられたものと等しくなっているでしょうか。 女性の活躍を阻む不条理は、ジェンダーバイアスが強く作用していると考えます。男性に比べ特有の健康課題が多く、パフォーマンスが不安定だったり、妊娠に伴って働けない期間が生じるのは事実です。このような事情から、「女性より男性を働かせた方が良い」と言ったバイアスが生まれ、性別だけで判断される通念が蔓延しているのではないでしょうか。 このようなバイアスという問題を解決するために、弊社はAI/MLの力を用いて、女性特有の健康課題・妊娠、育児などのライフイベントと、キャリアを両立しやすくなるソリューションを提供します。

How we do

Floraに足を踏み入れれば、その瞬間から年齢・性別・国籍は関係なくなります。 誰もがデリケートな話題でも、必要な時はオープンに話せる開放性と、文化や世代を横断した多様なアイデアのコンフリクトを重視します。 自由だけではなく、ストイックも大切です。社内・社外共に誠実な働きを徹底しながら、最もスピーディな動きを常に選択します。 思考プロセス、アウトプット、コミットメント…合理的且つ意図的な妥協以外は選択肢にありません。