1
/
5

W CREATIVE副代表 浦部_一つでも多くの企業と”NEXT STAGE” へ

弊社、W CREATIVE株式会社 代表取締役副社長 浦部のインタビューです。会社・仕事の魅力や、今後の展望についていろいろとお話してもらいました!

―――仕事、会社に対する“想い”を教えて下さい。

■日本のお客様に寄り添ったサービスの提供を第一に

前職の外資系クラウドソーシング企業では、動画制作時に制作工程管理、コスト管理、クリエーター管理、お客様とのやり取りができるようなプラットフォームを使用しておりました。当時はオンライン上で効率的に映像制作を進められ、お客様にも喜んでいただけると信じ、自社プラットフォームの使用を積極的に推奨していました。

ただ、一方で日本のお客様は他国とは少し性質が異なります。満足のいく成果物を期待されることは勿論のこと、同時に細やかな対応や対面での打ち合わせによる密なるコミュニケーションを通じて信頼関係を築ける側面もあります。

W CREATIVE としては常に顧客視点を大切にオンラインとオフラインを分け隔てなく有効的に活用しながら、一つでも多くの企業へ貢献できればと思っています。


―――今後のミッションは?

■一つでも多くの企業と”NEXT STAGE” へ

「W CREATIVE」は、単に動画制作をこなすだけではなく、顧客の利益に繋がるような包括的な動画マーケティング支援まで行える会社です。世界100カ国に渡る動画クリエイターネットワークを基盤とした動画コンテンツ制作、動画マーケティング、広告配信まで事業を展開しています。顧客の潜在的な課題を抽出しながらデジタル時代に適したサービスを提供し、顧客、および弊社メンバーともに更なる成長を目指します。そして、日本での成功体験をもとに世界でも戦える企業へ成長できたらと考えております。


―――この業界や仕事の面白さはどんな点にありますか?

■難しい業界だからこそ、成し得た先には成長がある

営業サイドに関して言えば、お客様の「単なる課題解決」ではなく、「潜在的な課題」を掘りおこし、客観的な視点や価値あるデータを基に「何をすべきか」を一緒にお客様と擦り合わせながらゴールへ導く力が求められます。

また、制作サイドに関しては無形商材かつ制作プロセスが長いことから、常に顧客の期待値・イメージを把握し物事を逆算して考える思考力、クリエイターと連携しながら制作を進める調整力が求められます。

営業、制作ともに難しさはありますが、成し得た先には必ず成長があると思っています。また、大手企業の幅広い部門の方々と接する機会が多いため、他業界や他業種に対しても幅広い知見を身につけることができるとかと思います。


―――会社の魅力はどんなところですか?

■変化が激しい業界で、スピード感を持ってゼロベースで生み出せる喜び

若い会社なので、ゼロベースから作り上げていくことがほとんどです。そこに魅力を感じてもらえるかと思いますし、一人ひとりの力が会社に強いインパクトを与え、個人の成長は会社の成長に直結します。メンバーが切磋琢磨し合い時に支え合い、この会社で働くことを誇りに感じていけるような組織にしていきたいですね。

また、定期的な社内ミーティングはあるにせよ、役割を果たす以上、基本的に時間の使い方は個人に委ねられています。今はこのような時期ですので難しいですが、少し長めに国外で余暇を過ごしたり、学習のために時間を割いたり、健康維持のために日中に運動したりと、個人にとって最高のパフォーマンスが発揮できる働き方を推奨しています。


―――どんな人と一緒に働きたいですか?

■常にチャレンジングな環境で成長したい人待ってます!

素直で誠実、そして失敗を恐れず常にチャレンジ精神があり、目標に対し貪欲な人と一緒に働きたいです。また、成長意欲のある人には、会社としてできる限り支援します。経験は問わず、やる気重視で待っています。このスタートアップの時期だからこそ変化を楽しみ、チャレンジングな環境の中で一緒に成長していきましょう!

W CREATIVE株式会社's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings