1
/
5

What we do

私たちは、調達→生産→物流→販売という“サプライチェーン”領域で、「マニュアルレスなUI/UX」と「業務網羅性」を実現するスマートSCM SaaS『RECERQA(リチェルカ)シリーズ』の開発を行っています。 SCM領域の中で、RECERQAは『仕入・在庫・販売管理』の分野に特化したサービスを展開しております。 ※SCM(サプライチェーンマネジメント)とは「原材料の調達から製造、販売店に製品が持ち込まれて消費者の手に届くまでのプロセス」を指します。 近年、SCMの重要性が問われている中で、業務推進の効率化を図るプロダクトの課題は大きく2つあります。 ①「あらゆる業務を網羅しているが、機能が複雑で使いこなすまでに時間がを要するプロダクト」 ②「機能重視で使いやすいが、担当できる業務が限定的でカバー領域が狭いプロダクト」 そこで『RECERQA』は高い業務網羅性にこだわり、『説明書要らずでパッと見て分かるユーザビリティ溢れるSCMツール』をリリース。 SCM領域に潜むあらゆる課題を解決に導いていきます。 ◆プロダクト紹介 ◉『RECERQA』 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 『RECERQA』は仕入・在庫・販売管理といったサプライチェーン領域において、専門的な業務知識を持たずとも、迷うことなく業務を遂行することができるサービスです。 『RECERQA』のコンセプト ・システムを知らなくても、業務を知らなくても、誰でも利用できる ・使うだけで業務がアップデートし続ける ※プロダクトHP:https://service.recerqa.com/ ◉『RECERQA Scan』 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 『RECERQA Scan』は、請求書をはじめとした書類をAIで簡単に“データ化”することができるサービスです。 SCMにおいて、仕入・販売・在庫管理を行っていく上で ・請求書の読み取り ・納品書読み取り ・輸入時の諸経費の読み取り など、OCR技術を用いて業務に携わる場面が多く出てきます。 上記のような場面において、ユーザーに確かな価値を提供するために開発をスタート。 従来、OCR領域にて課題として取り上げられていた「各書類上における読み取りたい項目」の設定が不要で、誰でも簡単に使い始められることを可能にしました。 ※OCR:紙に印刷された文字をスキャナやカメラで読み込み、テキストデータに変換する技術 *プロダクトHP https://service.recerqa.com/rq-scan#request *プレスリリース https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000105773.html

Why we do

【代表メッセージ】 *『RECERQA』のサービスを通してSCM領域の本質的な業務課題を解決したい。 ====================== RECERQAのはじまりは、IT業界出身であるCEOの梅田が、あるイタリア製オートバイの総輸入元を経営する中で「モノ」を扱う業界の仕事の複雑さ・煩雑さに直面したことでした。 例えば、 ■日常的な取引による複雑な在庫管理 ■時間や工数のかかる棚卸業務 ■自分たちの取り組みは正解なのか、きちんと儲けはでているのか といった初歩的な内容でさえ把握することが難しい現実を突きつけられました。 自分たちが「何をどのくらい業務に打ち込み、どう結果に結びついているかといった部分をシステム化しなければいけない」と強く感じ始めたことがプロダクト開発に取り組むキッカケとなり、『RECERQA』の開発をスタートしました。 「“良い”サービスが売れるわけではなく、“売れる”サービスが良いもの」という言葉を大切にし、まずは売れるサービスを創り上げていくことを最優先の目標にリチェルカは挑戦し続けます。

How we do

弊社は代表の梅田とエンジニアの野田、プロダクトマネジャーの幸田の3名が2022年に創業いたしました。 現在、エンジニアは野田、インターン1名、業務委託3名の計5名で開発を進めておりますが、 2023年7月に初めての資金調達を実施し、製品開発を加速するべく、中途エンジニアの採用活動をはじめました。 代表の梅田は過去、CROとして過去4年で売上100倍もの成長に携わっており、 あなたが作ってくれるプロダクトを売る力に自信のある会社です。 また、一度IPOを経験した3人で起業しており *非常に強いマインドでご一緒できる方* *給与よりも大きなインセンティブを追い求めたい方* *部活の様な泥臭く喜怒哀楽しながら共に成長できる方* を探しております。 ■行動指針 リチェルカでは、5つのPromise(リチェルカでは体現し続けようという思いを込めて他社でいうValueをPromiseと呼んでいます)を大切にしています。  ・Promise   アクセルを開ける   健全なコンフリクト   石橋を高速で叩いて渡る   stay simple   利益重視 このPromiseを体現し続けるためにも、エンジニア・ビジネスチームが顔を合わせて密にコミュニケーションを取りながら開発を行っています。 経験や実績ももちろん大切ですが、マインドやカルチャーフィット、ポテンシャルを重要視し採用をしたいと考えています。