1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

新型コロナウイルスに不安を持つ人達に医療相談の場を提供~バングラデシュでmiupが行っていること~

新型コロナウイルスの影響で、世界中が健康面の不安だけでなく、経済面の不安にも包まれています。


新型コロナウイルス感染症の感染拡大により現地の健康面における不安が高まっていることを受け、miupはバングラデシュで新たなサービスを開始しました。



1、普段miupが行っていること

まずは、miupが普段バングラデシュで行っていることを簡単に説明します。


①自社のクリニック運営、遠隔診療
②自社の臨床検査センター運営、他病院からの検査の受注
③東京大学と共同研究での医療AIサービスの開発


miupは、以上3つの事業を展開しています。


詳しい事業説明に関しては、以下の記事をご確認ください!





2、新型コロナウイルスの対策として急遽開始した取り組み

このようにバングラデシュで医療サービスを展開するmiupですが、新型コロナウイルスによって不安を抱えている現地の方々に対して自分達にできることを考え、


①一般の人向けに

新型コロナウイルスに不安を抱える人々に対する遠隔での健康相談サービス


②会社向けに

経営者への衛生面などのコンサルティング、従業員の健康リスク評価、従業員やその家族にドクターコンサルティング、血液検査などを一貫で行うサービス


を提供しています。


特に、従業員の安全を確保し、現地の方々の事業を存続させることができるよう、②の会社向けサービスは特に力を入れて行っています。




miupでは、新型コロナウイルスの対策として、以上のようなサービスを行っています。


新型コロナウイルスの心配がなくなり、早く日常生活が戻ることを祈っております。


多様なmiup経営陣の人物像を一挙紹介! | miup会社説明
遠隔でインターン!?アメリカの名門大学に通うmiupインターン生① | 社員インタビュー miupインターン生の 上野蘭晶 さん 上野さんは高い志を持ち、知性と行動力を兼ね備えているとても魅力的なインターン生です! アメリカの大学ランキングで常に最上位グループに位置する大学に通っており、アメリカから遠隔でインターンしています。 今回は、そんな上野さんにmiupでのインターンについてインタビューしていきます! Q: まずは、 なぜアメリカに行こうと思ったのか 教えてください! 上野: 高校1年時に、医療ボラ
https://www.wantedly.com/companies/company_5359201/post_articles/228834
全職種オープンポジション
途上国の予防医療を医療AIベンチャーで普及させる!
miupは現在バングラデシュを中心に、医療サービスを展開しています! ・メディカルサービス(to Cビジネス) バングラデシュ現地で、自社でクリニックを運営し、患者さんの診察や健康診断サービス( my-sheba.com )を提供しています。日本の企業と提携し、高品質な機械や高水準のスタッフによるサービスを低価格で提供することで、幅広い層から支持を得ているサービスです。 ・臨床検査センターの受託と運営(to Bビジネス) 自社で臨床検査センターを持ち、解析受託の依頼を受けるだけではなく、周辺の病院のソフト面、ハード面の構築、ITの導入も積極的に行っています。 検査センター運営のノウハウを蓄積した我々であるからこそ、効率化された高水準の検査業務が提供できています。 ・AIを活用した検診・遠隔医療システム 診察や健康診断により得られたバイタルデータをAIを用いて分析し、健康リスクの高い人をスクリーニングする、というシステムを研究開発中です。これを遠隔地の医師の診療のサポートやAIによる健康アドバイスと組み合わせ、医療アクセスが困難な人々でも医療を手軽に、身近に受けられる世界を作ります!
miup Inc.
miup Inc.'s job postings
16 Likes
16 Likes

Weekly ranking

Show other rankings