1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

月一の帰社日で会議を行い、会社方針の共有や、ボトムアップで出た課題の進捗状況を共有しています。代表藤田さんからSlackで会議資料を事前連携し、テーマや前回の宿題など基にした無駄な時間を省いた有意義な会議を行っています。無駄話するなら飲み会?オンオフのメリハリをしっかりつけています。
ホワイトボードを使って社内プロジェクト会議を行ったり、社内でお酒を飲みながら談笑したり、リラックスできるようなレイアウトにしています。
弊社はソフトウェア・WEBシステム開発業を中心とした会社です。お客様常駐型とオーダーメイド型請負開発の2パターンでシステム開発を行っております。(HP制作も小さく行ってますが、まだ事業化まで至っておりません) お客様先常駐型のシステム開発では下記実績がございます。元請直でアサインさせて頂き、技術支援させて頂くことが現状は多いです。(将来的に、商流ポジションを上げて、エンド直契約を増やしたいと考えています) 案件:フィットネス/スポーツ業向け予約管理システム 工程:要件定義・設計・テスト 環境:JAVA8・Oracle11g・Seaser2(Springへ移行) 案件:遊戯業向けシステム開発 工程:要件定義・基本設計・詳細設計・実装・テスト・運用サポート 環境:JAVA・Oracle11g・SpringBoot また小中規模ですがエンド直請け(士業法人様向け)の受託開発もスタートし、二次フェーズに着手しております。現在は平行して小規模案件の受注活動中です。 案件:士業様向け社内経理システム開発 工程:要件定義・システム設計・基本設計・実装・テスト 環境:PHP・Laravel・MySQL・独自サーバー

Why we do

「IT・テクノロジー」で、「つくる人」と「つかう人」をワクワクさせる 「つくる人=エンジニア」と「つかう人=ユーザー」の両視点を大切にし、 つくる人とつかう人を「ワクワク」させるために何をするか?を常に問い続け、喜ばれる価値のご提供をします。
社名の由来は、「システム」と「ナビゲーション」を繋げた造語です。私たちが作り上げるシステムを通じて、お客様をより良い未来へ導きたいという想いを社名に込めました。「システム」が示す意味はITに限りません。社会における様々な仕組みについて、より良い形を模索し続けることで、お客様に頼られ、共に並走できる存在を目指してまいります。
SES/SI業界に入って目の当たりにした事が大きく二つあります。 一つ目は疲弊しながら駒のように使われるエンジニアを沢山見てきたこと。二つ目は多重請負構造の問題です。例えば、複数の会社が間に介在する事でお客様の顔が見えづらく、無駄な仲介マージン発生、収益目的で不要な機能をつける、無理なスケジュールの押し付けなど、効率悪くて古いスタイルがずっとまかり通っている事。 少しでも古い業界から脱却して、イキイキと働けるエンジニアを増やす、そして直接お客様と併走しながらより良いモノ作りをし続けられる組織を創る。そういった事を実現するために弊社を起業しました。 そのために策定した企業理念が下記となります。行動指針は現在策定中ですが、社員一丸となって行動し続けて成果を出せる組織を創りたいと考えています。 ・理念 「三方よし」の幸福追求 私たちが考えている「三方よし」とは、「お客様・自社・社会」が幸せになる事です。お客様は勿論のこと、幸福追求の原動力となる社員、パートナー様、そして関わる地域社会を含めた、皆が幸せになれる事業となるよう、邁進します。 ・ミッション 「IT・テクノロジー」で、「つくる人」と「つかう人」をワクワクさせる 「つくる人=エンジニア」と「つかう人=ユーザー」の両視点を大切にし、つくる人とつかう人を「ワクワク」させるために何をするか?を常に問い続け、喜ばれる価値のご提供をします。「ワクワク」の定義は下記となります。 夢を膨らませる 希望を抱く 心を弾ませる 心を躍らせる ・ビジョン 「人らしさ」を追求し、ありがとうを「つくるひと」を増やす 「人らしさ」を追求する、と言えばITにおいては矛盾が生じやすいかもしれません。ITの発展において、世の中を便利にしたり人々が豊かになる反面、ITに固執すぎると「人らしさ」の輝きがなくなりやすく、人とのコミュニケーションが希薄になったりもします。 業務効率化、コスト削減もITのなせる大切な業ですが、喜ばれるモノづくりをする際に「人らしさ」の価値を最大化しなければ、より良いモノづくりもできないと考えます。お客様も「人」である以上、心があります。IT・テクノロジーだけでは解決しきれない、お客様の心まで満たせる「ヒューマン・カンパニー」を目指します。

How we do

スマツクに参戦した時の写真です。ゲーム部の部活動制度があり、社員同士が交流を図れる場を作っています。オンとオフのメリハリが好きな方はぜひフィットすると思います。
カフェ風でみんなが落ち着くオフィスをつくりました。コロナ影響で集まる機会も激減していますが、もう少し落ち着いてきたら、気を付けながら集まれる日がくることを待ちわびています。
従業員は10名程度、ほぼエンジニアで組織構成しています。 代表自ら営業、バックオフィス、採用などを担い、基本的にはなんでもやります。信頼をベースにした長期スパンでのお取引を大切にしています。社員に対しても長期的にいて欲しいからこそ、改善を繰り返して良い会社作りをしていきたいと考えています。 システム開発事業部の部長は、元々SI企業で常駐型開発エンジニアをしていました。3Kの職場だったそうで、業界に一石を投じられる会社、地方創成のビジネスを創るという事で、幸せになれる人が少しでも増えるならとても人生楽しいだろうな、という共感から入社頂きました。 元々経験者という事でもあったため、今ではシステム開発事業部の部長職として、マネジメントや教育、採用、受託などを大きく任せています。 未経験から入社したメンバーは2~3年が経過し、メキメキと力をつけ始めた者も出てきています。例えば、常駐から受託立ち上げメンバーへアサインしました。会社に対する外部や内部貢献度合いなどによって代表判断でアサインを決めます。 目先はエンジニアメンバーのリーダー教育、リーダー抜擢をしたいと考えています。 仕事なので苦しい時も沢山ありますが、基本的には和気あいあいとしている社内風土なので、困った事などがあった際はすぐにフォローする会社です。