1
/
5

What we do

宿泊施設を「泊まる」場所ではなく「住む」場所として、提供するプラットフォームを運営しています。
帰らない日は家賃がかからない「リレントレジデンス渋谷」を東急と共同開発しました。その他にも100室の直営物件を運営しています。
2020年6月に、帰らない日は家賃がかからない家を探せるプラットフォーム「unito」をローンチしました。帰らない日は家賃がかからない家では、日本初の「リレント」という料金システムを開発・採用しています。「リレント」とは、帰らない日のお部屋を、ホテルとして"さらに貸し出す"(=リレントする)ことによって、家賃を節約する料金システムです。 (https://corp.unito.me/company/ リレントにおけるビジネスモデル特許取得) 新型コロナウィルスの広がりに伴い、テレワークの広がりや、オフィスの廃止など、働き方が大きく変化しました。私たちunitoは、働き方の変化に伴う、暮らし方ニーズの変化に着目しています。 例えば、出社する日が週5日だったサラリーマンが、週2回の出社に変化したとします。これまでは、勤務地近くに住むことが当たり前でしたが、週5日間がどこにいてもいい時間になると、海の近くや、好きな街、自分の住みたい場所に住みやすくなります。 ただ一方で、週2回の出社も、これまで同様、勤務地近くから通勤したい。 そんな方に、勤務近くの東京の家として、unitoをご利用いただいています。unitoは、帰らない日は家賃がかからないため、無駄な家賃もかかりません。 その他にも旅行が多い方や、パートナーと半同棲をしている方、介護で帰省の多い方など、それぞれの方の暮らしを最適化するために、「帰らない日は家賃がかからない家」を活用いただいています。 一人ひとりが、暮らし方を選択できる世界をつくること「暮らしの最適化の追求」をパーパスに掲げています。

Why we do

Purpuse:「暮らしの最適化の追求 〜 Innovation in Living 〜 」 我々のすることはすべて、「暮らしの最適化の追求」から始まっています。 帰らない日は家賃がかからない「リレント」という料金システムから始まり、暮らしを縛り付けない1ヶ月単位の契約、家具家電付き・水光熱費込みなどの備え付けサービス、多様な暮らしのニーズに応える様々な部屋タイプ、何度暮らしを変え、引越しをしても、その履歴を把握し部屋探しに寄り添うコンシェルジュなど、全ては一人ひとり異なる皆さまの暮らしを最適化したいという思いから生まれ、進化しています。 出社のある日だけ東京に家が欲しい人、ひとり暮らしの初期費用に困っている人、いますぐ数ヶ月だけ住む仮住まいが欲しい人、2拠点・多拠点生活で使ってない日の家がもったいないと感じている人。unito(ユニット)は、暮らしに課題を感じているすべての人に向けて、最大限応えるサービスを提供できるように頑張っていきます。 コーポレートサイト: https://corp.unito.life/

How we do

オフィスは、池尻大橋の「大橋会館」内にあります。毎週月曜日が出社日、それ以外の日は、リモートで仕事をしても出社をしても、どちらでもOKです。
「住む」と「泊まる」が融合したホテルレジデンスのフラッグシップ「ホテルレジデンス大橋会館」
私たちは3つのバリューを大切にしています。 1, 泥臭く、視野は広く 〜 Insect eye Bird eyes 〜 2, 素早く試し、深く考える 〜 Fast action deep think 〜 3, 暮らしにこだわる 〜 have willpower 〜 1, 泥臭く、視野は広く 〜 Insect eye Bird eyes 〜 Unitoは、泥臭い現場対応の積み重ねと、視野を広く持ってスケーラビリティを考え続けることの両立こそが、事業成長に繋がると信じている。 だから、目の前のユーザーに応えるとき、同時にどうすれば効率化できるか、再現性を生めるかを考える。 2, 素早く試し、深く考える 〜 Fast action deep think 〜 暮らしの最適化の追求をしていくと、多くの未知に遭遇する。 その時、Unitoは、分からないから悩み、考えるのではなく、分かるためにまず一歩を踏み出す。 素早く試し→学びを得て→深く考えることで→不確実性が減る、そしてまた素早く試す。 このサイクルを回すことで、未知に向き合っていく。 3, 暮らしにこだわる 〜 have willpower 〜 暮らしの最適化の追求とは、インフラである「暮らし」をアップデートすることである。 Unitoは、「インフラを作っている」という誇りを持つ。 だからこそ、ユーザー一人ひとり、そして、私たち自身の暮らしを大切にすることはもちろん、行政や施設、メディアや投資家など、全ての人とのコミュニケーションと、全ての意識決定に、未来の暮らしを作るという自覚と責任を持つ。