1
/
5

【感性AI】阪神アレのアレ達成!!「アレ」という表現の影響力とは??

Photo by Felix Feng on Unsplash

阪神タイガースが38年ぶりの日本一を獲得しました。

Googleで「阪神」を検索すると球団カラーの花火が上がるほどの盛り上がりを見せています。

(弊社の営業で生粋の阪神ファン中島君も盛り上がっています!)


「優勝」を「アレ」と表現し続け、「アレ」が流行語大賞にもノミネートされました。

「アレ」という表現・コミュニケーションがどのように潜在意識に働きかけたのか、感性AIアナリティクスで印象を評価してみた結果がこちらです。


楽しい・温かい・快い雰囲気の印象を持つ言葉である「優勝」や「ソレ」ではなく、

野性的に、粘りに粘ってあらあらしい猛虎として、「アレ」を目指す!というコミュニケーションが、選手たちの感性に働きかけ、奮い立たせ続けたのかもしれません。


チームで何度も声に出し耳にするスローガンの表現・言い回しが、潜在意識に大きく働きかけ、パフォーマンスに影響を与える可能性を感じました。


阪神タイガースの皆さん、支えたファンの皆さん、ついに掴んだ「優勝」、

本当におめでとうございます!!

感性AI株式会社's job postings
3 Likes
3 Likes

AI

Weekly ranking

Show other rankings