1
/
5

【感性AI】感性マテリアルプラットフォーム機能紹介 ~ イメージ深堀り機能について ~

こんにちは。感性AI 竹村です。

8月31日に感性マテリアルプラットフォームのβ版をリリースしました。

【感性AI】感性マテリアルプラットフォームβ版をリリースしました。 | 感性AI株式会社
こんにちは。感性AI 竹村です。2023年8月31日に感性マテリアルプラットフォームβ版をリリースしました。このプラットフォームは、製品のメーカーであるブランドオーナー様とマテリアルを開発する素...
https://www.wantedly.com/companies/company_4728274/post_articles/537493

このプラットフォームは、製品メーカーであるブランドオーナーとマテリアルを開発する素材メーカーをつなぐクラウドサービスで、素材メーカー様が登録したマテリアルを感性を基軸に探索が可能です。「すべすべしたレザーが欲しい」や「もっとふわふわしたファブリックが欲しい」など、あいまいな状況からマテリアルを探索できるので、商品企画の際にインスピレーションを膨らますことが可能です。

今回は製品メーカーであるブランドオーナーのデザイナーに主に使っていただける機能についてご紹介いたします。


ブランドオーナーのデザイナーは、雰囲気やフィーリングなどのイメージをすり合わせるため、ムードボードやイメージボードを作成するそうです。
画像やテクスチャ、カラーイメージ、テキストなどを集めて作成しますが、画像から具体的なテキストに落とし込む作業は、言語化が難しかったり、表現のバリエーションが出てこなかったりと、非常に負担のかかる作業です。

こうした作業の際に利用いただけるのが、感性マテリアルプラットフォームに実装されている「イメージ深堀機能」です。
この機能は、写真をアップロードするだけで、その写真から想起された情緒的な文章を生成するというものです。

これはイメージ深堀ツールの実際の画像です。
森の中に街がある写真を入力すると、写真の雰囲気を推定しながら文章を生成します。

同じ写真で再度生成ボタンを押すと、文章全体の雰囲気は維持しながら、違った文章が生成されます。

デザイナーのフィーリングに合う、または製品のコンセプトイメージを想起させるような画像を入力することで、言葉を生み出し、生成された文章の中から気に入ったフレーズや単語を抜き出して、ムードボードに反映していくことができると思います。

ちなみに、CEOの秋山のインタビューで掲載した、写真で文章を生成すると・・・

【感性AI】役員インタビュー  代表取締役 秋山正晴 ~感性分野のリーディングカンパニーに~ | 感性AI株式会社
感性AIに二代目社長として着任された秋山社長のインタビューをご紹介します。まずは自己紹介をお願いします。 はじめまして。感性AIの社長の秋山正晴です。当社は2018年の創業ですが、私は2022年...
https://www.wantedly.com/companies/company_4728274/post_articles/493993

温泉から見える景色を窓辺と認識して、落ち着いた和の雰囲気などを見事にとらえた文章ができてますね。まさに心が満たされます。。。


感性AIマテリアルプラットフォームは今後もデザイナーの方々とクリエイティブ活動を支援するようなツールを実装し、より充実して、お客様に使いやすいサービスを目指していきます!

感性AI株式会社's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings