1
/
5

~時代の変化に対応できる会社へ~ 神広企画のこれまで・これから(代表取締役 魚谷)

こんにちは!神広企画株式会社の採用担当です。

みなさんが転職活動をされる際に、大切にしているポイントは何ですか?
代表の人柄!という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、神広企画の代表取締役の魚谷に、今後の展望など熱く語っていただきました!

盛りだくさんの内容になっていますが、神広企画、そして代表への理解が深まること間違いなしです!

代表取締役 魚谷 浩史 Uotani Hiroshi
前職「日通工株式会社(当時東証一部上場)」にて、入社1年目の新人中全国1位の成績で表彰されたのを、当時神広企画の常務取締役だった父親(現会長)に認められ、平成2年神広企画株式会社に入社。
いずれは起業したいと考えていた現代表にとって、父親が役員を務める小さな会社を大きくするのが夢への近道だと考え入社を決断。入社後売上の殆どが新聞広告だった会社にデザイナーを採用し制作部を立上げ折込チラシの売上を大きく伸ばす。
その後、販促品ECサイト「販売本舗」を開設、年商4億円のサービスにまで育てあげ、「販売本舗」のクライアントを軸に東京支社を立上げ、同じく年商4億円を超えるようになる。
コロナ禍で販促品の売上が大きく落ち込んでしまっている現在、逆にチャンスと捉え現在新たなビジネスモデルへの転換にトライしている。

■縁の下の力持ちの評価。

営業部の責任者を部下(新営業課長)に任せるようになった時、営業部の次のリーダーが持ち味を発揮しやすいよう、自分は営業の仕事を続けながら内勤(営業事務・媒体担当)の部署に席を移しました。
席を移動したことによって内勤スタッフ達と向き合う時間が増え、営業スタッフを支え頑張ってくれている内勤スタッフ(縁の下の力持ち)が評価されやすい状況を作りたいと考えるようになりました。
そこで、内勤スタッフが通常業務をしながら売上も上げ会社に貢献できるビジネスモデルを作ろうと、ECサイト「販売本舗」立上げへの挑戦を決めました。

内勤スタッフの評価改善の為に立上げた「販促本舗」は今では会社の大きな柱になり、人の為に考え動くことで大きな成果につながった成功体験が僕の考え方の根底になりました。


■DXへの取り組みのきっかけは、定着率100%が崩れたことによって始まった。

10年間退職者がでていなかったので、うちは定着率が高くいい会社だと思っていました。
それが、2019年ECサイトを運営する内勤営業のスタッフが退職してしまい定着率100%が崩れてしまいました。
それがきっかけで、ECサイト事業部の業務フローに無駄なタスクはないか見直すべきだと考えるようになりました。

この時をきっかけに、自社ECサイトサービスを抜本的に改善し可能な限り業務フローの自動化に取り組もうとしていた最中にコロナ禍に突入しました。
コロナ禍に突入したことによって、自社ECサイト運営のタスクの自動化のみではなく、世の中のECサイト運営に関わる人たちが自動化できる業務でストレスを感じなくなるようなサービスを開発し提供したいと考えるようになりました。
ECサイト運営には人がしなくても良い自動化可能なタスクが多くあり、運営スタッフだけでなく利用者も不必要なやり取りが発生してしまうことにストレスを感じています。

ECサイトに関わる人達がストレスを感じることなく、収益性も上げ待遇改善にもつなげたい。
そんな想いで、現在は複数のプロジェクトに取り組んでいます。

【広告×IT】で、面白い未来が見えてくる。

アナログなコミュニケーションはなくなるのだろうか?
僕は営業マン時代、飛び込み営業やテレアポが普通だった時代を過ごしてきました。
新人営業マン時代には毎日100社以上飛込みをしていた時期もあり、かなりストレスを感じながら過ごしており飛び込み営業の合間には、何度も喫茶店で休憩をし自分なりにストレスを和らげていました。

現在は電話で話すことなくPCも立ち上げることなく、スマホさえあれば比較的何でもできる時代になりました。
営業マンが靴底をすり減らして大きなストレスを感じながら受注していく、、、
そんな過去のアナログなビジネスモデルは、なくなっていくべきだと考えています。

アナログな作業に目を向けず、失敗を経験した弊社ならではの課題解決のアイデアが豊富にあります。
それをカタチにしていくことによって、弊社と同様の課題に苦しむ人達のお役に立ちたいと今は考えています。

とは言えアフターコロナになれば、また人と人とが会って直接話をしたいと思う場面もまた増えてくるのだと思います。
今まで弊社が培ってきた「フェイス・トゥ・フェイス時代」のコミュニケーションスキルと、新たなデジタルコミュニケーションの融合が、合理的でちょうどいい未来「広告×IT=面白い未来」に繋がっていくのではと思ってます。


■神広企画のこれから。

広告会社の仕事は、クリエイティブで華やかで楽しく飽きが来ません。
でもかなりアナログな部分が多い仕事でもあります。
面白いアイデアを生み出しカタチにしてしていくのが広告代理店の仕事の楽しさ。
ITツールの提案もSEOコンサルの相談もECサイト構築の相談もいろんな相談が受けれたり提案もできる。
そんな広告代理店の仕事があったらもっと飽きがこなく楽しそう。
今まで培ってきたクリエイティブ力や人脈を活かしながら、広告屋ならではのアイデアをデジタル技術でどんどんカタチにしていきたい。

社内では、20代のスタッフが、入社2~3年目で取締役になっていたり、そんな評価制度も作っていこうと考えています。
そんな未来になってたら、面白いですね。

ありがとうございました。これまでの失敗を成長の糧に成長してきた神広企画。これからも時代のニーズにマッチしたサービス展開をし、更なる飛躍をしていきます!

神広企画では新しいことに挑戦したい!という仲間を募集しています!

神広企画株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more