Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

タクシー業界のリーディングカンパニー!日本交通はどんな会社?

タクシー会社へ転職を考えるにあたり、会社選びはとても重要です。特に未経験者は稼ぐためのノウハウが身に付いていないので、不安な人もいるでしょう。タクシー業界は歩合給の会社が多いため、心配な人は研修制度が整っている大手タクシー会社を選ぶのがおすすめです。この記事ではタクシー業界のリーディングカンパニーである日本交通についてご紹介します。


日本交通は9年連続売上高業界NO.1!

日本交通は2010~2018年にかけて日経MJサービス業務が調査した「ハイヤー・タクシー部門」で9年連続売上高業界No.1に輝いています。日本全国にはたくさんのタクシー会社があるため、その中で1位を取り続けることは至難の業です。このことからも、日本交通がいかに集客力が高く、顧客満足度の高い会社かということがわかるでしょう。

日本交通が業界のリーディングカンパニーであり続ける理由には、新しいシステムなどを積極的に導入する社風も関係しています。日本交通は2011年に日本で初めてタクシー配車アプリの「Japan Taxi」をスタートさせた会社です。「Japan Taxi」は比較的タクシーを利用する機会の多いサラリーマンをターゲットとしたアプリで、利用者は効率的にタクシーを捕まえられます。一方で、日本交通にとっても乗客を他のタクシー会社よりも先に確保できるチャンスが増えることから、業績の安定に貢献しています。乗客と日本交通の双方にメリットがあるアプリということで人気を博しています。

その他にも業界NO.1をキープし続けられる理由として、「全国およそ1000社との法人チケット契約」「月間16万回以上の無線配車」が挙げられます。タクシーチケットの利用客は、一般的に長距離を利用するケースが多いです。タクシー会社にとって長距離を利用する乗客は売上単価が高くなることが多いため、効率よく稼ぎやすい状況が整っていると言えます。また、無線配車が多ければ多いほど、流し営業などの非効率的な方法で乗客を見つける努力をする必要がなくなります。日本交通が誇る月間の無線配車は16万回以上であり、この数字は他社の3倍以上です。

ほとんどのタクシー会社がそうであるように、日本交通でも給与体系には一部歩合制が含まれています。そのため、年収をアップさせるためには効率よく乗客を見つけなければいけません。日本交通ではアプリや法人チケット、無線配車などの方法によって、乗務員が働きやすい環境を整えています。




日本交通の会社概要と社是・社訓

日本交通は1928年4月に初代社長の川鍋秋蔵氏が1台のハイヤーだけで営業を開始したのが始まりです。翌年の1929年には川鍋自動車商会を創設し、1945年になると当時の政府主導のもとで、ハイヤーやタクシー会社の統合が進められました。その結果、川鍋自動車商会の流れを含む企業を加えた11社1個人で現在の日本交通が誕生します。その後順調に営業地区を拡大し、1952年には現代ではタクシーの定番となっている看板灯(おでこランプ)を業界で初めて採用しました。

そして、1959年には車両数が1256台となって、ついにタクシー会社としては日本一の規模になります。1960年代以降も勢いは衰えず、新しい制度や車両を次々と取り入れますが、特に新しいチャレンジをたくさん始めたのは2000年代に入ってからです。具体的には、タクシーへのドライブレコーダーの導入や都内で初めて「陣痛タクシー」の運行を始めたことなどが挙げられます。そして、2014年には関西地区でも東京・日本交通の営業を開始するまでになり、現在に至ります。

日本交通グループの社是は「徳を残そう」です。単に高い業績を上げることだけを目標にするのではなく、乗客を満足させるために誇りを持って働くことを目指しています。誇りを持って真剣に働くことで、仕事を通じて後世に徳を残すことを経営理念に掲げています。その一方で、社訓は「エクセレントカンパニー宣言」です。具体的には「品格の高い超優良企業を目指す」「お客様第一主義」「正しいやり方で長期的に利益の絶対額の最大化を目指す」などとなっています。

社是と社訓の両方に共通しているのは、一企業としてはもちろん利益の拡大は目指すものの、それと同時にプライドを持って仕事に取り組む姿勢も大切にしていることです。短期的な売上重視ではなく、長期的な視点で経営を考えている点は転職を考えている人も安心できるでしょう。業界NO.1の誇りを持って、しっかり働きたい人におすすめの企業だと言えます。


東京・日本交通でタクシー乗務員として働く魅力とは

タクシー業界は年齢や経験の有無にとらわれず、だれでもチャレンジできるのが魅力の仕事です。タクシー乗務員の仕事は、主に乗客を安全で気持ちよく目的地まで送り届けることです。そのためには難しい資格の勉強も必要ですが、乗客とのコミュニケーションをどうやって取るかも重要になります。乗務員の言葉遣いや身振り手振りによって、乗客にただの移動手段以上の付加価値を与えることができるでしょう。

タクシー乗務員は乗務員自身と乗客が車中の限られた空間の中で相対することになります。知識量の有無よりも相手の話をきちんと聞く姿勢や言いたいことを聞き取る力が大切です。そういった点において、タクシー乗務員は究極の接客業だと言えるでしょう。上手くコミュニケーションが取れた乗客を目的地まで無事に送り届けたときに言われる「ありがとう」という一言は、仕事を続けていく上でのモチベーションになるはずです。

また、乗客とのコミュニケーションで生まれるのはモチベーションだけではありません。タクシーを利用する乗客にはさまざまな人がいます。病院へ行くために利用する高齢者や現役バリバリのサラリーマンなど多種多様です。そうしたいろんな人たちと接することで人間としての幅が広がるのもタクシー乗務員として働くメリットだと言えます。タクシー乗務員という仕事を通じて得た知識や経験は、きっと乗務員自身の人生に大きな影響を与えることでしょう。

タクシー乗務員として働く魅力には、その他にも社会貢献ができる点も挙げられます。日本交通ではエキスパート・ドライバー・サービスとして、サポートタクシーやキッズタクシーなどのサービスを行っているのも特徴です。足が不自由で出かけるのが難しくなってしまった高齢者や共働き世帯で送迎が難しくなってしまった子供の習い事などを助けるサービスを行っています。社会全体が抱える課題の解決に役立つことで、やりがいを感じられるのは魅力です。関西でもそういった新サービスの展開を図ろうとしています。





東京・日本交通の社風と女性乗務員への配慮

日本交通の特徴としては、「新しいことに常にチャレンジしていく前向きな姿勢」が挙げられます。実際に日本交通は常に時代の最先端のシステムを取り入れることに挑戦してきました。例えば、かつてはタクシーレジスターの導入を業界で初めて行いましたし、2000年代に入ってからもタクシー配車アプリなどによって業界を常にリードし続けています。このような企業として挑戦し続ける姿勢は社風としても生きており、現場には「とりあえずやってみたら?」という風土が根付いているのが特徴です。閉鎖的でない、オープンな職場環境を求めている人に向いている企業だと言えるでしょう。

また、働き方改革の影響によって、東京・日本交通でも、タクシー業界でも女性乗務員の活躍が徐々に増えてきています。そうした現状を踏まえて、東京・日本交通では女性が働きやすい職場を目指しています。具体的には配車時のペアを女性同士にする、社内に防犯用カメラを取り付けるなどです。また、育休明けの女性社員にいきなりタクシー乗務員として通常の勤務をさせるようなこともありません。育休明けは簡単な事務作業をあてがい、徐々に身体を業務に慣らしてもらえるように配慮しています。その他に、女性専用の更衣室も完備しているので、男性が多い職場だからといって苦痛を感じることはないでしょう。





未経験者でも大丈夫?日本交通の教育制度

東京・日本交通ではタクシー業界未経験者でも積極的に採用しています。とはいうものの、応募する側の人にとって未経験の業界に飛び込むのは勇気がいるでしょう。しかし、東京・日本交通では業界でも屈指の優れた研修が受けられるので、タクシー業界未経験の人でも安心です。新人教育から高度な接客トレーニングを受ける事が出来る関西最大級の研修センター「日本交通グループOTEC(オーテック)」も開設しています。まず、タクシー乗務員として働くためには第2種免許が必要です。日本交通では面接時点で第2種免許を持っていない人でも、採用試験に合格すれば提携教習所に通わせてくれます。提携教習所での第2種免許合格率は100%を誇りますから、「難しそう」などと心配しなくても良いでしょう。もちろん、教習所を含めて資格取得のためにかかる費用は会社が負担(規定有り)してくれますので、お金の心配をする必要はありません。

第2種免許を取得すれば、タクシー乗務員として働くことは可能です。しかし、第2種免許を取得しただけの段階では乗客とのやりとりのコツや効率的な営業方法など、タクシー乗務員として必須のノウハウがありません。そこで、東京・日本交通では第2種免許に合格した後で2種教習や実務教習を実施しています。2種教習は主に座学が中心で、法規講習や接客・安全マナーなどについて学びます。なお、転職時点で第2種免許を持っている人の場合、この2種教習から研修はスタートするので最短約10日で配属され、働き始めることが可能です。

2種教習終了後は、東京・日本交通で働いているベテラン指導員によって、機器の取り扱い方法や営業所での業務などの流れを指導してもらえます。また、その他にも先輩乗務員から効率的な営業方法や的確な経路についてのアドバイスをいつでも受けられる環境が整っているのも特徴です。まったくの未経験者の場合、すべての研修が終わるまでの期間はおよそ1カ月程度となっています。未経験者でもしっかりした研修を受けられるので、恐れることなくチャレンジしてみましょう。

業界未経験者なら東京・日本交通は選択肢に入れておこう!

日本交通はタクシー業界の中でも老舗であり、売上高業界NO.1のリーディングカンパニーです。常に新しいことにチャレンジし続ける姿勢を大切にして、業界のトップを守り続けています。その日本交通が関西へ進出し誕生した東京・日本交通。女性乗務員への配慮や未経験者でもしっかりした研修を受けられるのが特徴です。タクシー業界に転職しようとしている人は東京・日本交通も選択肢に入れておくと良いでしょう。



観光タクシードライバー
観光が好き!趣味と仕事を両立できる新しい形のタクシードライバーを募集!
私たちの目標は「常にお客様に選ばれる存在であること」。 規制緩和以降、長引く需要減少と相まって、タクシー事業は、都市部にて供給過多が進み、道路混雑等の交通問題、運転者の労働条件の悪化など課題を抱えていました。 しかし、昨今は、乗務員の高齢化とIT技術の活用が急速に進み、この流れについていく会社とそうでない会社とのラインが明確になってきました。 当社日本交通は、創業90余年の老舗でありつつ、約15年前から新卒採用に着手、また自社開発の配車アプリ「JapanTaxi」は、現在800万DLを突破。 常に業界を牽引するリーディングカンパニーでありました。 そして、我々、東京・日本交通株式会社は、その都内最大手の日本交通が首都圏以外に初めて設立したタクシー会社です。(日経MJサービス業務調査・ハイヤータクシー部門より) 「業界最大手の日本交通が関西エリアに進出」 5年前に業界を賑わせた当社は、この5年で、車両700台以上、乗務員1,000人以上までに急成長。 その中でも「常にお客様に選ばれる存在であること」という目標は、一瞬たりとも忘れたことはありません。
東京・日本交通


インターナショナルドライバー
ゼロから始める、観光のプロお客様だけの思い出を、あなたがつくる。
私たちの目標は「常にお客様に選ばれる存在であること」。 規制緩和以降、長引く需要減少と相まって、タクシー事業は、都市部にて供給過多が進み、道路混雑等の交通問題、運転者の労働条件の悪化など課題を抱えていました。 しかし、昨今は、乗務員の高齢化とIT技術の活用が急速に進み、この流れについていく会社とそうでない会社とのラインが明確になってきました。 当社日本交通は、創業90余年の老舗でありつつ、約15年前から新卒採用に着手、また10年前に自社開発した配車アプリ「JapanTaxi」は、現在800万DLを突破。 常に業界を牽引するリーディングカンパニーでありました。 そして、我々、東京・日本交通株式会社は、その都内最大手の日本交通が首都圏以外に初めて設立したタクシー会社です。(日経MJサービス業務調査・ハイヤータクシー部門より) 「業界最大手の日本交通が関西エリアに進出」 5年前に業界を賑わせた当社は、この5年で、車両700台以上、乗務員1,000人以上までに急成長。 その中でも「常にお客様に選ばれる存在であること」という目標は、一瞬たりとも忘れたことはありません。
東京・日本交通


キッズタクシードライバー
日本のおもてなしを世界へ!新規事業キッズタクシーの立ち上げメンバーを募集!
私たちの目標は「常にお客様に選ばれる存在であること」。 規制緩和以降、長引く需要減少と相まって、タクシー事業は、都市部にて供給過多が進み、道路混雑等の交通問題、運転者の労働条件の悪化など課題を抱えていました。 しかし、昨今は、乗務員の高齢化とIT技術の活用が急速に進み、この流れについていく会社とそうでない会社とのラインが明確になってきました。 当社日本交通は、創業90余年の老舗でありつつ、約15年前から新卒採用に着手、また自社開発の配車アプリ「JapanTaxi」は、現在800万DLを突破。 常に業界を牽引するリーディングカンパニーでありました。 そして、我々、東京・日本交通株式会社は、その都内最大手の日本交通が首都圏以外に初めて設立したタクシー会社です。(日経MJサービス業務調査・ハイヤータクシー部門より) 「業界最大手の日本交通が関西エリアに進出」 5年前に業界を賑わせた当社は、この5年で、車両700台以上、乗務員1,000人以上までに急成長。 その中でも「常にお客様に選ばれる存在であること」という目標は、一瞬たりとも忘れたことはありません。
東京・日本交通


エキスパートキッズドライバー☆
究極のサービス業をあなたが創る。ママ・パパを応援するキッズタクシー
「業界最大手の日本交通が関西エリアに進出」 5年前に業界を賑わせた当社は、この5年で、車両700台以上、乗務員1,000人以上までに急成長。 私たちの目標は「常にお客様に選ばれる存在であること」。 規制緩和以降、長引く需要減少と相まって、タクシー事業は、都市部にて供給過多が進み、道路混雑等の交通問題、運転者の労働条件の悪化など課題を抱えていました。 しかし、昨今は、乗務員の高齢化とIT技術の活用が急速に進み、この流れについていく会社とそうでない会社とのラインが明確になってきました。 当社日本交通は、創業90余年の老舗でありつつ、約15年前から新卒採用に着手、また10年前に自社開発した配車アプリ「JapanTaxi」は、現在800万DLを突破。 常に業界を牽引するリーディングカンパニーでありました。 そして、我々、東京・日本交通株式会社は、その都内最大手の日本交通が首都圏以外に初めて設立したタクシー会社です。(日経MJサービス業務調査・ハイヤータクシー部門より)
東京・日本交通
東京・日本交通's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more