1
/
5

元ポンコツプログラマーが広報をしているワケ

初めまして!ベーシックスで広報をしている佐藤と申します。ページに訪れていただきありがとうございます。

今回は初ストーリーということで、自己紹介も含めながら、私がベーシックスで広報をすることになったキッカケや、ベーシックスの「素」の部分をご紹介したいと思います。

「プログラマーになってもらいます」呆然とした新卒配属初日

私は短大を卒業して、大手ハウスメーカーに入社しました。短大では、心理学や経済学を専攻していました。でも配属されたのは、なぜかシステム開発の部署。
全体研修を終えて配属初日、案内された自分のデスクに座ると、「どん!」と分厚いマニュアル5冊が置かれました。

「当分仕事はできないと思うから、まずこれ読んで。それが終わったら、この部屋にあるマニュアル全部読んでね」と。部屋を見渡すと四方に本棚があり、びっしりとあるマニュアル。気が遠くなったのを覚えています。

「なんで私はこの部署に配属されたの?」 そうは思っても、やるしかありません。

それからの私の仕事は、先輩へのお茶くみ(今では考えられませんが)、電話応対やコピー、そしてマニュアルを読むこと、研修に通うことでした。ちなみに私の上司は40代男性の管理職でしたが、ほぼ放置プレイでした(孤独だったな…)

同期がつぎつぎと仕事を覚えていくのを見て、私だけが何の役に立っていないことに肩身が狭かったです。「私は仕事をしていない」という感覚だけがありました。

入社一年目、全国の顧客受注データを壊して社内騒然

入社から半年ほど経ったとき、あるテストプログラムを実行しました。

上司が忙しそうにしていたので、プログラムを見せずに「まぁ大丈夫だろう」とぽちっとやったら・・・
しばらくすると、先輩が「おい、おかしいぞ!?誰かなんかやったか?」「まずい、止めろ止めろ!」のような怒号が響き、部署内はまるで『踊る大捜査線』のような、まさに現場で事件が起こっていました。

「絶対わたしのせいだ・・・」とフリーズしていましたが、おそるおそる先輩にプログラムを差し出し・・・「原因わかったぞーー!」 その後の記憶はあまりありません。
何時間かして、先輩方のおかげで何とか復旧し、事なきを得ましたが(自分で言うな)、「システム開発とは何とおそろしく、会社全体に影響を及ぼす危険な仕事なんだ・・・」と痛感したのを覚えています。

やりがいを感じ始めた頃に出産退職

そんな私も、5年もすれば小さな仕事もできるようになってきました。でもそんな矢先に妊娠。当時は、「結婚か出産で会社は辞めるもの」という時代背景。産休ももらえないこともあり、退職して専業主婦になりました。

『人は失ってからその大切さに気付く』とはよく言いますが、私は会社を辞めてから、仕事ができる有難さを痛感。「いつか働くときがきたら、一所懸命働こう(プログラマー以外で笑)」と心に誓ったんです。
その後、新聞社のライターに応募して採用されました。『私は伝える仕事が好きだ』と初めて思ったときは、既に30才を過ぎていましたが、これが私が広報をはじめたキッカケです。

その後、建築会社に入社して広報部を立ち上げ、人事や営業も経験しました。たくさんのお客様、そして求職者に来てもらえるようになったことが、とても嬉しかったです。

SNSで小畑社長との出会い

小畑社長とは、SNS「LinkedIn(リンクトイン)」で知り合いました。お互い同世代ということもあり意気投合。30年以上最前線でやってこられているのに謙虚で、飾らず率直にお話される人柄や、採用に課題を感じておられたことにも共感し、広報を担当させていただくことになりました。

小畑社長は「サッカーチームのような会社をつくりたい」と話されていました。ひとつのボールをみんなでつなぎ、誰かがミスをしたら全員でカバーして、個人の得意技を生かしながらも団結力で目標を達成する。それがベーシックスの仕事です。(小畑社長がベンチを温めるのが得意だったことはここだけの話です)

前職の建築会社は、社長がもともと「大工さん」でした。だから、現場で働く大工さんの気持ちがよく分かると話されていました。小畑社長は、今も昔もエンジニア。今でも現場に毎日立つからこそ、エンジニアの気持ちをよくよく理解してくれます。

小畑社長はX(旧ツイッター)でも本音を発信しているので、よかったらのぞいてみてくださいね。

お掃除ロボットの実証実験に立ち会い@ベーシックスパーカー着

「BASICSエンジニア」の魅力を伝える

当社のエンジニアは、「できません」「やったことありません」を言いません。経験のない事例、トリッキーな案件でも「まぁやってみますね」と挑戦して結果を出す。尊敬しかありません。
私がプログラマーだった当時、もしベーシックスのように支え合える仲間がいたら、私も意欲を持って仕事ができていたのだろうな…と感じます。

私がプログラミングをすると大変なことになるので(笑)、私は会社の魅力を伝え、ベーシックスに入社してくれる人が増えるよう盛り上げるのが使命であり、やりがいです。

さぁ、そこのあなた!一度、うちの社長と喋ってみませんか?面談では、社員のエンジニアともお話していただけます。コンタクトお待ちしております!

株式会社BASICS's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社BASICS
If this story triggered your interest, have a chat with the team?