1
/
5

労働のバランスをコントロールすることで仕事の生産性をより良くする!

こんにちは!営業部東北ビジネスユニットの佐々木です。(ちょっと部署名長いですよね笑)
私は、東北の仙台にて住宅部材メーカーのベストパーツに従事しています。

今回はベストパーツの物流部に従事している八巻さんにインタビューしたいと思います。
現在、主にお客様に部材を梱包や対応、配送などをしてくださいっている八巻さんにインタビュー形式で現在、社内の実態や入社のきっかけなどをお聞きしていこうと思います。


エネルギーがある若い内にチャレンジすることが未来をより良くする!

佐々木:早速ですが、一つ目の質問はベストパーツ様に入社されたきっかけ、あるいはベストパーツ様の魅力について教えてください。

八巻さん:当社を選んだ事は、本当に些細な偶然でしたが、入社の決め手になったのは、当時の自分に言われた事に対する反抗心と意地かな?
魅力は、たくさんのことを経験できることでした。現に今現在もたくさんの経験をさせていただいてます。一つのことではなくどんどん新しいことや未経験のことに触れれる環境は魅力的な環境だなとつくづく思います。

佐々木:当社は住宅部材メーカーの中では変化に対応しスピードがあると私も感じています。未経験のことを経験することでどんどん見えてくる景色が変わってきますね!

働く上で労働のバランスが成長にとって重要であること!

佐々木:現在は、どのような業務をされていますか?業務内容について詳しく教えて下さい。

八巻さん:現在は物流部に所属し業務を行なっています。商品を入出庫管理する部門にいます。自分が感じられる割合ですが業務は頭脳労働3技能労働3肉体労働4の割合かなと感じます。労働のバランスがいいので極端にこの業務がしんどいと感じるのはありません。全体的にやりがいもそうですが働きがいがります。

佐々木:3:3:4でバランスが取れていて、やりがいを感じれる時間を生み出せることはとてもいいことでもあり働きがいが倍増ですね!

八巻さん:またやりがいですと会社の外で、当社で取り扱いのある商品が使用されているときや、お店で販売されているのを見た時がうれしさもあり、もっと仕事を頑張ろうとやりがいにつながっていますね!

佐々木:それは私もやりがいにつながっています。嬉しいですよね1お店に販売されていたい取り扱っていただける方々がおられて!

佐々木:お仕事をされていて大変に思うことはいつですか?また、どのように克服されましたか?

八巻さん:病魔や心に打ち勝つ事ですね。克服できる時もあれば出来ない時もあります。経験則ですが、平常を維持するのが一番かもしれません。

佐々木:そうなんですね。物流部では平常心を保ち臨機応変に進めていくのが大切ですね!





真面目であり、鈍感力をコントロールすることでストレスフリーで戦える!

佐々木:たくさん質問にお答えていただきありがとうございます。最後の質問ですが、どのような方がベストパーツにあるいはこの業務に向いていると思われますか?

八巻さん;真面目な性格の人や協調性があることはとてもいいのかなと思いますが、特に精神的には鈍感力が強く、察知能力は鋭い人にはおすすめの環境何かなと思います。

佐々木:鈍感力ですか、他の社員にインタビューをしましたが鈍感力が出てきたのは初めてです。

鈍感力にはネガティブなイメージをもたれている方もいるかなと思いますが、鈍感力をうまく発揮すれば、敏感すぎて困ってしますことが減ることや繊細のあまり一歩を踏み出せないような状況に陥る時があります。鈍感力を発揮し、とにかくやってみるのもいいかなと一歩を踏み出すきっかけにもなりますね!

以上でインタビューを終わりたいと思います。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

私自身、社員の考えやきっかけを聞けて改めに感じることがありました。また、より働きやすい環境を作っていきたいと強く思えたきっかけにもなったのでとてもいい時間でした。

東北にある住宅部材メーカーの当社にご興味を少しでも持ってくださいましたら幸いです。
お気軽にご相談・ご応募お待ちしています。

べストパーツ株式会社's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings