1
/
5

デリケートゾンケアブランド「I’m La Floria」が取り組む、サスティナブルとは

みなさまこんにちは!MelliaのMAIです!
今回は、2021年9月に実施したリブランディングとともに一新した、アイム ラフロリアで使用している"紙素材"についてご紹介します。

奥の深い、"サスティナブル"


ブランドコンセプトである"やさしさ"の中の1つである、”環境へのやさしさ”を実現するために、パッケージやリーフレットなどの素材にもこだわり、全てを一新しました!

ボトルには、トウモロコシやサトウキビなどの植物から作られる"バイオマスプラスチック"を採用しています。それだけでなく、一部商品を除き外箱も廃止しています。

他にも、お客様にブランドのことや商品についてご紹介するために必要なリーフレットについても見直しました。
これまでは、商品ごとにはもちろん、期間限定で使用する際もその都度作成していました。より詳しく、分かりやすく、最新の情報を!との思いで用意してきましたが、使いきれず余ってしまうことも…

そのため、リニューアル前には複数あったリーフレットを1種類のみに。
リーフレットの数は減っても、詳細な情報や使い方、サービスの内容についてはブランドサイトや会員様向けサイトを用意するなど、しっかり情報をお届けしながらも、資材の削減に努めました。
素材も、「適切な森林管理を行う林業者を支援し、森林保全に貢献することにつながる」とされている、"森林(FSC)認証紙"を採用しています。

FSC認証制度とは
無計画な森林伐採や違法伐採により、世界の森林面積は減少しており、毎年日本の国土の約3分の1に相当する森林が破壊されているといわれています。この現状を踏まえ、森林減少を抑制するために生まれたのが、FSC認証制度。森林を適切に管理し、環境や地域社会に配慮しているかどうかを、第三者認証による徹底したシステムで評価し、認証する仕組みです。

緩衝材だって手を抜きません!


オンラインにて購入いただいたお客様へ商品をお送りする際、欠かせないのが"緩衝材"。これまでは、プラスチック素材のエアークッションを入れて、商品が破損しないようお送りしてきましたが、こちらも紙素材へ変更。もちろん、FSC認証紙を使用しています。
(この緩衝材のデザインが、個人的には一番ツボです!)


ショッパーには”バナナペーパー"を採用。
"バナナペーパー"は、アフリカのザンビアで今までは廃棄されていたオーガニックバナナの茎から取った繊維を原料とし、古紙または森林認証パルプを加えて作られた"フェアトレード"の素材。途上国の貧困問題と、環境問題を解決したいという想いから生まれたエシカルな紙です。

繊維を取るという仕事のおかげで、アフリカの女性たちに雇用が生まれ、子供たちが学校に行ったり、マラリアを予防するための蚊帳を買ったり、電気のない家にソーラーランプをつけたりすることができるようになったそう!


今回紙資材を見直す中で、日本では環境配慮の素材について選択肢がまだまだ少ないことを痛感しました。
デザイン的には最適!と思っても強度に不安があったり、強度を満たすと使い勝手が悪かったり...商品をつくるのに匹敵するのでは?!と思うほど、苦労しました。

サスティナブルな素材を選びたいと思っても、ブランドのイメージに合う質感・デザイン性・使い勝手・耐久性・価格、全てのバランスが取れた素材はなかなかありません。今後、日本全体で取り組みが進むことで、できることが増えていくことを期待しています!

わたしたちの取り組みを通して、さまざまな環境問題があることを知っていただくことで、SDGsについて興味を持っていただけたり、ちょっとした行動につながっていただければ嬉しいです!
Melliaの取り組みもまだまだ始まったばかり。環境にやさしい商品やサービスを考えながら、よりサスティナブルな取り組みを実現していきます。

Mellia株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more