1
/
5

What we do

■企業成長のための予算を社内から創出できる?! 企業には、携帯代や電気代、オフィス機器といったいわゆる”固定費”があります。しかし、もっといい販売元があるにも関わらず、無駄なコストをかけてしまっている企業が多くあります。そこで私たちはコストの適正値を分析できるサービスである「コストドック」を展開しています! このサービスは企業の”買う”を外部の購買サポーターとして「オンラインでコンサルティング」し、コスト分析と収益改善までをワンストップで実行します。 コストドックのサービスラインナップは、携帯電話、電気、保険、オフィス機器など会社の基盤となるようなものから、電子契約、清掃を人ではなくロボットに置きかえようという「DX化」を推進するモノまで多種多様です! 多くのコスト分析サービスは、お客さんから成果報酬をいただきますが、”コストドック”では、電気や携帯を販売する200社以上のサプライヤから委託費用をいただくため、お客さんは原則無料でご利用が可能です! そのため、月間では新規で280社を超える全国の中小企業が本サービスを利用しており、今期はこの数を3倍に伸ばしていこうと考えております!

Why we do

◼️経営理念 ​​「つよい企業をつくる」 ◼️ビジョン 「“買う”ということから企業の発展に貢献する」 これまで中小企業は環境整備や発展のために必要なサービスを購入をする場合、自身で1件1件調査し、比較して購入をしないといけないため、多大な人件費を掛けなければいけませんでした。またそれを提供する販売店も商圏が限られるため、地域によって価格差があり、同じ業種、売上でも全国的に収益格差が発生していました。 それを、オンラインで購買項目40項目一括で購入できるようにし、中長期でも購買サポーターとして活用もできるようにしました。 この仕組みは、多くのお客様が参加する事で、商品供給をするサプライヤには売上を上げてもらい原価を下げて、その安い原価の商品をお客様に提供するという「三方良し」の仕組みのプラットフォームとなっております。 「コストドック」を使ってコンサルティングをすることで、8割のお客様は収益改善に成功します。機能は同じなのに価格は下がり、創出できた資金で多くの企業が自身の企業の価値向上に使うことができる。そんな世界の実現を目指しています。

How we do

■若手に圧倒的な裁量を!チャンスしかない会社です! 今年は採用に力を入れたいと考えており、特に若手を中心に一緒に働くメンバーを多方面で募集しています! スキル採用・ポテンシャル採用どちらも進めています! 営業のノウハウや研修制度、教育体制は整っており、その上で自分の力やアイディアを代表の長崎に直接ぶつけることも可能です。 研修は最初の1ヶ月まるっと実施し、基礎を身につけた上でスタートすることができます! また、データドリブンで過去1万件以上の企業のコスト分析を行なってきたデータの強みもあり、それを応用した事業の拡大や新規事業のチャンスもたくさんあります。 ◾︎2年以内にパートナー企業1000社! 税理士・会計士、金融機関のパートナー数は現在580社ですが、この数を1000社に拡大すべく現在も活動をしております。 着実に数は増えていっており2年以内には達成する予定となっております。 私たちは、日本発展の基盤を握る中小企業に向けて本サービスを提供し、外部の購買パートナーとして、中小企業の発展を”買う”というところから貢献していきたいと考えております。