1
/
5

【エンジニア】ソフトウェアの魅力を広げていきたい。iimonCTOの過去と今に迫る。【転職】

今回は、iimonでCTOを務める森さんにインタビューをしてまいりました!
iimonでエンジニアとして働くことに興味のある方におすすめです!
是非、最後までご覧ください!

ーまずは簡単に自己紹介をお願いします。

森と申します。現在は、iimonでCTOを務めています。
本日はよろしくお願いします。

ー森さんがエンジニアを目指し始めたきっかけは何でしたか?

幼少期に電子工作キットを買ってもらい、物作りが好きになったことがエンジニアを目指すきっかけだと思います。ただ、本格的にエンジニアという仕事を意識するようになったのは大学生だったと思いますね。

ーなるほど。大学生になるまでに、プログラミングに触れる機会はありましたか?

そうですね、中学2年生の時に家族からパソコンをもらい、
音楽のエンコードをしたり、簡単なプログラミングをしていました。それがとても楽しくて、時間があればパソコンを触っていましたね。

ただ、中学、高校では本格的にプログラミングを学ぶことができず、プログラミングに関して一緒に話せる友人も中々いなかった為、大学はきちんとプログラムを書くことが出来る、学校へと進学しようと考え、電子情報学科のある大学へと進学をしました。

ー大学生活はいかがでしたか?

私が大学に期待していたのは、プログラムを書くことができる環境と、プログラムについて話せる友人でした。
しかし、大学には理系学部だから選んだという方が多く、プログラミングやコンピューターが好きな方は多くありませんでした。その為、大学に満足することができず、大学院へと進学することにしたんです。

ーそうだったんですね…!
大学院卒業後は、研究者を目指さなかったんですか?

そうですね、研究者は目指さず、就職することにしました。
大学院ではコンピューターやプログラムの事について沢山学べて満足できたのですが、今後の方向性を考えた時に研究というよりかは総合的な知識を使ってプロダクトを世に出して色々な人に使ってもらうという方が自分に向いているのかなと思い就職する事にしました。

ーバッファローではどのようなお仕事をされていましたか?

ソフトウェア開発の部署を希望はしていたのですが、配属はハードウェア開発の部署となりました。
ハードウェアの開発は非常に勉強になることも多くありましたが、どうしてもソフトウェア開発に関わりたい気持ちが大きくソフトウェアの部署へと転属をしました。

ーなぜそこまでソフトウェアに関わりたいと思えるのですか?

ソフトウェアの文化が大好きなんです。
ソフトウェアにはオープンソースというソースコードを無料で公開し誰でも自由にそのコードを利用、改善をするという文化が根付いているのですが、その文化の上では、肌の色や言語、考え方などを抜きにして、一緒に良いものを作るということができるんです。しかも、ソフトウェアはPCとネットがあれば世界中で使われている様なものまで作れるというのも面白いと思っています。

ーありがとうございます。iimonにお勤めになるまで、ずっとバッファローにいたのですか?

いえ。バッファローへ2年半程勤めた後は、株式会社カヤック、株式会社プラコレ、note株式会社を経て、iimonへ転職をしました。

ーiimonへ転職をしようと考えた理由は何かあるのですか?

そうですね、そもそものiimonとの出会いというのが、プラコレ在籍中にiimonの役員である後藤博一がC MOとして入社したことです。当時プラコレのCTOを務めていたということもあって後藤とは話す機会が多く、退職後もiimonの話を聞いて面白そうだなと思う様になったのがきっかけです。

ーそんなきっかけがあったんですね。iimonの会社としての魅力はどのようなところですか?

そうですね、前職のnoteも非常に魅力的な会社でしたから、体が2つあればどちらもやりたいとは思っていました。noteではデータ基盤というビッグデータを扱う部署で働いており、大量のデータを扱う専門的な業務もとても面白かったです。一方で、iimonでの業務は、採用から、コード書く、仕様、設計、メンバーの育成と幅広い業務を担当することができます。

また、当時のiimonの状況としてずっと会社にいることができるリーダー的なポジションのエンジニアがいませんでした。その為、何か困った時やわからないことがある時に質問するハードルが少し高い状態であったのと、これまでに経験してきていた事が多く役に立つと思ったんです。

ーエンジニアとしてiimonを見たときに何が魅力ですか?

一つ目の魅力は、エンジニアチームの仲が良いということです。
というのも、メンバーの性格がとても良いんですよね。
しかも、メンバー毎に得意なことが違うのでお互いを補い合えるんですよ。
さらに、素直に話を聞くという姿勢もあるので他者からのフィードバックも積極的に受け入れるところかなと思います。
また、今のエンジニアのチームの皆は、未経験からスタートしたメンバーが多いので、わからないことや辛いことがあったとしても諦めませんし、言われた通りだけでなく一緒に考えるということが自然とできるメンバーです。

二つ目は現在進めている事ですが、技術とセールスのバランスが良くなるということです。
全ての会社がそうと言うわけではないですが、これまで見てきたIT企業では、技術力はあるけれど営業力がない会社や、営業力はあるけれど技術力がない会社が多いかなと思います。iimonではお客様が必要としている機能を使う人視点で細かい部分まで考えられて、必要としている人に届けられるという強みがあったのですが、僕が入り技術力を高めてバランスを良くしていこうと思っています。

ーエンジニアとして働きやすいと思うところはどこかありますか?

先ほども言ったように、これまでは経験者がずっと社内にいることができなかったので、わからないことが出てきたときに気軽に聞くハードルが少し高いということがありましたが、私が入ることによりその辺りは解消できると考えています。また、エンジニアとしてどのようなキャリアを積めば良いか、どのように学習すれば良いかも伝えられると思います。また、基本的に19時頃に業務が終わるので、仕事のバランスも良いと思います。

ー森さんは、どのような人と働きたいですか?

ありきたりかもしれませんが、一緒に働いていて、気持ちが良い人、成長意欲が高い人と働きたいですね。
あとは、エンジニアはエンジニア内で考えるのではなく、セールスチームと一緒に前向きに考えられる人が良いです。

ー今後の展望はどうですか?

iimonのプロダクトを通してたくさんの人に喜んでもらえる様にしたいですね。ソフトウェアは特に作ったものを一気に広められるという特徴があるのでたくさんの人に喜んでもらえるプロダクトを作って不動産業界にイノベーションを起こしたいと思っています!

株式会社iimon's job postings
13 Likes
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings