1
/
5

【MVP賞受賞者インタビューvol.9】未経験入社2年目で受賞!!大事なのは的確な目標設定。

ワンスターは経営戦略に対して最も結果を出したメンバーをMVPとして、
半期に一度開催される総会で表彰し、社員全員が称賛する文化があります。

今回は中途入社2年目でMVP賞を受賞されたNさんにお話を伺いました!

本日はよろしくお願いします!
まずはMVP受賞おめでとうございます!

ありがとうございます!

今回受賞に至った大きな理由は何だと思いますか?

ワンスターではビジョングリップという、会社と個人の価値観やビジョンを理解しすり合わせるという文化があります。僕が入社当初立てた目標が、半年後に案件を上司から引き継ぐ、その半年後に中途新人賞を受賞する、その半年後にセクションリーダーになる、その半年後にMVPをとるというものだったのですが、今のところ全て計画通りにこなせています。
自分の中で適切な目標を設定してそれに向かってちゃんと動けたことが今回受賞にいたった大きな理由かなと思っています!

すべて計画通りってすごいことですね・・・!
Nさんはワンスターに中途で入社されたとのことですが、前職はどのようなお仕事をされていたのですか?

前職は人材派遣会社の法人営業をしていました。
新卒で配属されたのが大阪で、地元である東京で仕事がしたいなと思ったのが転職のきっかけです。
あまり業界を絞らずいろいろなところを受けていました!

何故広告代理店であるワンスターに入社しようと思ったのですか?

転職活動をしていく中でワンスターに感じた1番の魅力は、面接翌日にフィードバックをしてくれたことです。面接後にフィードバックをしてくれるところは当時受けていた他の会社にはなかったんですよね。それを翌日に、しかも僕のもっている課題を丁寧に教えてくれて、ここは一人一人にきちんと向き合ってくれる会社なんだと感じました。
なので広告代理店であることとか、事業内容とかよりは、人の良さに惹かれて入社しました!

フィーリングは大事ですよね!
現在ワンスターに入社されて3年目とのことですが、MVP受賞までの過程をお伺いできればと思います。
先程計画通りにいったことがMVP受賞理由とありましたが、正直苦労したことはなかったんでしょうか?

実は苦労は結構ありました。1番苦労したのは考える回数が増えたことですね。
前職ではあまり考えることをして来なくて、自社の商品があって、ひたすら数をこなしてそれを売り込んでいくということを淡々とこなしていました。
一方ワンスターは、1つの事象に対して何故それが発生したのか要因を特定するまで深堀り続けなければならなくて、上司からは1つ起きた物事に対して3回考えろと言われているくらいです。
僕は考えることが今まであまり意識できていなかったのに対して、ワンスターではそれが当たり前のことだったので、習慣化するのに苦労しました。考える癖をつけることにとにかく必死でしたね!

3回も・・・!何度も考えることでより適格な要因を見つけ出すことができるということですね!

そうなんです!あと僕が入社して5日目に総会があったんですけど、上司と上司のチームがMVPを獲ったんですよね。すごいところに配属されたというプレッシャーがめちゃくちゃありました(笑)
けど、もともと向上心があって誰よりも早く成長したいという気持ちが強かったので、仕事には常に前のめりな姿勢で取り組んでいました。上司も自分が提案したものは一旦受け入れてくれ、やらせてもらうことが多かったです。
最初の頃は、なんでも挑戦して失敗してを繰り返しながら少しずつ成長していったような感じですね!

失敗を恐れずとにかくやってみる!という姿勢だったんですね!
入社1年半頃セクションリーダーになられたとのことでしたが、何か変化はありましたか?

はい、これが今まで自分の成長に繋がった1番の出来事だと思います。
セクションリーダーになった頃、上司が案件から離れ、僕がリーダーとして案件をけん引していかなければならない状況でした。しかし、想定していたより全然うまくいかず、過去最悪の実績を出してしまったんです。

そのクライアントでは特に成果が求められる繁忙期が年4回あり、僕が最初に経験したのは6月末~7月末の夏の繁忙期でした。ユーザーが広告をクリックしてサイトに訪れ、資料請求を何件行ったかが成果となるのですが、依頼されていた目標値約10,000件に対し、4,800件程しか達成できませんでした。

セクションリーダーが責任重大な役職なのが伝わってきますね・・・!
目標未達になってしまった要因は何だと思いますか?

完全に準備不足でした。
本来はクライアントの繁忙期にきちんとした成果が出せるよう、その前の期間はあらゆることを想定して入念な準備や対策を考じておくことが必要だったんです。
なんとかなるだろうという甘い考えで、想定できるリスクを潰し切れていなかったことが未達に繋がったのだと思います。

それを踏まえて、冬の繁忙期では必ず成果が出せるよう、あらゆるリスクを想定しました。
この状況で起こり得るリスクは何か、そのリスクは何パターンあるのか、そのパターンを潰すにはどうしたら良いのかなどひたすら戦略を練りました。
また、必要な費用としてクライアントに5000万円のご予算を交渉し、それを元にクリエイティブの開発量を3倍に増やしテストを行うなどして、繁忙期に向けて入念に準備を進めていきました。

その結果、目標値10,000件に対し12,000件を達成することができました!
チームにはだいぶ負荷をかけてしまったと思うのですが、その分達成できた時の喜びはとても大きかったです!

(MVP受賞時、上司のIさんとのツーショット!良い笑顔ですね!)


おめでとうございます!
チームで力を合わせて準備したおかげですね!
最初成果が出せず苦しい時期があったと思うのですが、心が折れずに踏ん張れたのは何故だと思いますか?

僕が1番苦しかった時に、それを察してくれた周りの方々が週末に釣りや映画に連れ出してくれたんです。
僕は休日も仕事のことばかり考えて自分を追い込んでしまっていたので、みんながいろいろなところに連れ出してくれなかったら、きっと潰れちゃってたと思います。
今でも釣りは大好きで、金曜の仕事終わりから明け方まで釣りをするのが毎週の楽しみです!(笑)

あと、当時のチームが僕の他に新卒の子が2人という、入社歴の浅いメンバーしかいなかったんです。
僕が潰れたらチームとして機能しなくなってしまうと思っていたことも、あきらめずに最後まで踏ん張れた理由かもしれません!

周囲の支えと責任感が大きかったのですね!
Nさんの今後の目標についてお聞かせいただけますか?

近々の目標としては来年の15期下半期でチームMVPを獲ることです。
本当は今回個人ではなくチームMVPを獲りたかったので、次こそはと思っています!
そのために15期下半期に入ったタイミングでもう1回計画をすべて練り直して、半年間のプランを立てました。チームのメンバーも半年前と比べて成長しているので、それを考慮してより難易度の高い計画を練りました。
現在下半期が始まって3ヶ月程ですが、既に上半期に出した結果を超えることができています。
この調子で進めていければチームMVPになり得るような実績は作り出せているのかなと思っています!

もう少し先の話で言うと、今いる部下2名に役職とチームを持ってもらうことです。
現在自分はプレイヤーとしては成長し、実績も出せるようになってきていますが、同時に自分以上の実績を出せる人を育てられるようになりたいとも思っています。
部下にとっても僕がずっとフロントでやっていく状況はあまり幸せなことではないし、成長にも繋がらないと思いますので、マネジメント力の向上が今の僕にとっての課題であり、目標ですね!

チームのことを大切に思われているんですね!今後の成長を応援しています!
本日は貴重なお話ありがとうございました!

入社当初に立てた目標設定をすべて計画通りにこなすNさんですが、現状に満足せず、まだまだ向上心は衰えを知らない様子でした!今後のNさんやチームの皆さんの成長を楽しみにしています!!

株式会社ワンスター's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more