1
/
5

Woltで働き始めてTOEICの点数が200点アップしたMegumiのストーリー

Wolt (ウォルト) には、職歴、経験、意見やスキルが異なる人たちが集まっていて、そこから新しい仲間や働き方が生まれています。社員にスポットライトを当てたEmployee Storyシリーズでは、それぞれの地域や部署で活躍するメンバーを紹介!

今回はWoltを新規都市へ進出させるExpansionチームで活躍するMegumiに、転職した経緯や、Woltでの働き方や仕事軸について伺いました。

🎙 今までの経歴を教えてください

広島で生まれ育ち、大学は大阪で日本アジア現代文学の日本語学を専攻。大学卒業後は100円ショップを運営する日系企業へ入社しました。半年間千葉で店舗運営などを担当した後、広島で1年程新規店舗の立ち上げや店長、既存店舗の立て直しなどの業務を行ないました。

その後、英語を学ぶために海外留学をしたく退職し、たまたまWoltのサポートアソシエイトの求人広告を発見。正社員だけどシフト制で働けるので、海外へ行っても融通が効くかなと思い応募しました。面接の対応がよかったのも、入社した理由の一つです。

Supportチームの一員としてWoltに入社し、半年後にはSupportチームからOperationsチームへ異動。入社時から広島以外で働きたいと希望を伝えていたので、現在は新しい都市でのローンチに携わるExpansionチームでLauncherとして働いています。


🎙 日々のスケジュールはどうですか?

チームにもよりますが、私の場合は10:00-11:00ごろから仕事を始め、20時-21時くらいまで働いています。朝が弱いので、その分調整して働けるのはとても助かります!

毎日決まったスケジュールではないのですが、配達パートナーさんへのオンライン説明会や倉庫でグッズの受け渡し、データを見てオンボーディングの数を管理したりしています。新規都市のローンチ時はオンボーディングの数が増えるので忙しくなりますが、その分チームで休みを取ったりしています。


🎙 Launcherの業務内容を教えてください

オペレーションチームにて新規都市の立ち上げを担当、現在は大阪のローンチを担当しています。

オーダー数と配達パートナーの稼働率のバランスを調整するのがオペレーションチームの主な業務です。雨の日など、たまに自分たちで配達をしたりすることもありますが、主にオンボーディング数の調整や、それに関する問い合わせ対応を行っています。

その他は、配達パートナーのオンボーディング書類の確認、グッズの在庫確認や引き渡し。 配達パートナーの満足度を高めるため、報酬以外での付加価値を作る業務も行っています。例えば入館方法を作成したり、ニュースレターなどを配信しています。


🎙 仕事のやりがいは?

新規拠点での立ち上げや、チームの立ち上げに成功した時に達成感があります!

職場では、常に自分のテンションを一定に保つようにしています。新たにチームに加わる人にとっては自分が先輩なので、周りに気を遣わせないためにも、落ち込んだり気分が変わらないようにしています。Woltのチームは感情の流れがポジティブなので、自分自身もポジティブでいられます。


🎙 今後のキャリアはどのように考えていますか?

実は、入社時はTOEIC560点だったのが、去年の点数が770点になっていたんです!社内のSlackなどで英語を使う頻度が多く、Woltに入社してから英語が自然と上達しました。

とにかく今は自分ができることを増やしたいです!

業務としては、今後も引き続き日本のExpansionに関わりたいです。いつかは海外に住んでみたいと思っていたので、在宅で仕事ができる今、密かに海外移住計画も立てています。もしWoltがアジアに進出することがあれば、Expansionチームとして海外進出に携わりたいです!


<Wolt Japan広島オフィス>


🎙 入社してから変化したことはありますか?

入社当時に比べてメンバーがかなり増えたので、社内でも知らない人が増えました。そのため、情報共有などが難しくなったり、他のチームが何をしてるかわからない時もあります。ただ、Woltではグローバルのミーティングで毎週誰かを讃えるカルチャー『Shoutout!』があり、コミュニケーションや会社の雰囲気は良く保たれています。

勤務時間や自分で裁量を持てる今の働き方が気に入っているので、今後もWoltのカルチャーはなるべく変わらない状態でさらに拡大して欲しいです。

Woltでは社員がすごく仲良し

よくある『家族みたいな会社』はネガティブなイメージだったのですが、Woltは良い意味でアットホームな会社です。皆で何かを作り上げるという目的が明確で、それに向かってかなりのスピードで進んでいる。個人でパフォーマンスが上げられない人でも、他が良いとそこをちゃんと認めれる会社です。

入社当初は良い人が多すぎて怖いという、逆のカルチャーショックがありました。前職では失敗するとダメ出しをされたりと苦しい時期もありましたが、今思えば辛い時からの立ち直り方などが身についていました。


🎙 最後にメッセージをお願いします!

転職活動や、今働いている環境が合わない人もいるかと思いますが、必ず自分に合う会社があるはずです!

Woltは柔軟性を持って動ける環境がありますが、定時で帰りたい人や、自分の業務だけしたい人は合わないです。自分の業務範囲外のことも、やりたければチャレンジできる環境があるので、いろんなことにチャレンジしたい自立している方には向いています!

Wolt's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more