1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

SUNNYSIDE日記Vol.13「人と一緒に仕事をするのは大変だけど…」

SUNNYSIDEの日々を広報担当者が書き綴るSUNNYSIDE日記。会社のことを出来るだけそのままお伝えします。良いところも悪いところも、できる限りそのままオープンに伝える。等身大の私たちの様子を知ってもらうことで、共感する方や一緒に働く仲間と出会えたら嬉しいです。毎週1回の更新を目指して頑張ります。どうぞよろしくお願いします。

9月6日

大型の台風10号が九州・沖縄地方に近づいています。私たちのいる香川県も今晩以降に影響がありそうです。西日本のみなさまにおかれましては、どうかお気をつけください。難なく通過してくれることを心から祈っています。

さて、最近のSUNNYSIDEは、夏休み中の大忙しから一転、少しばかり落ち着きを取り戻しながら、各事業歩みを進めています。そんな中、「人」にまつわる2つのエピソードについてまとめてみたいと思います。それぞれ「人と一緒に働くのって大変だなぁ」と思ったことと、「人と一緒に働くのって最高に楽しいなぁ」と思ったことについてです。前半の話については、この日記に書くか迷いましたが、SUNNYSIDEの等身大を伝える日記として、きちんとお伝えすることを選びました。それではよろしくお願いします。

先月、2人のスタッフがSUNNYSIDEを退職しました。一人は転職。それもSUNNYSIDEが普段からお世話になっている福祉施設への転職です。SUNNYSIDEの仕事を通じて、自分の本当にやりたいことが見つかったとか。一人一人の個性に向き合いながら事業を行うSUNNYSIDEは、こうしたスタッフの次のステップを心から応援しています。しかも、今後もお付き合いのある企業さんでの仕事を通じて、「今後は違った形でSUNNYSIDEを応援したい」そうも言い残してくれましたし、これからの私たちの励みにもなります。本当にお疲れ様でした。今後ともよろしくお願いいたします。

もう一人の退職は少し残念な形での退職でした。ことの詳細は控えさせていただきますが、突然の退職です。「個性が共生し調和が発展を生む」を経営理念に掲げる会社としては、残念すぎる結果。「個人の資質」そう片付けることは簡単かもしれません。ですが、それを理由に今回のことに向き合わないことは、会社にとってとても危険な状態だと考えています。コミュニケーション不足だったのか、目線を合わせることができていなかったのか。スタッフ同士で話し合って、こうしたことが二度と起きないようにする必要があると考えています。「人と一緒に働くのって大変だなぁ」「一人で仕事していれば、こんな気持ちにならなくて済むのに」そう思わざるを得ない出来事。毎日会話しているようでも、意思疎通は難しいなぁと痛感しました。むしろ、他人同士、言葉通りの意思疎通は出来ないのかもしれません。だからこそ、面倒だけれど、他人と向き合い続ける。対話し続ける。こうした努力が必要なんだと感じました。仕事には大変なことがたくさんあるけれど、やっぱり対人関係が一番大変だなぁ。そう思うと同時に、それに逃げずに向き合い続ける会社でありたいと感じた出来事でした。

人と一緒に仕事をするのは大変だけど、人と一緒に仕事するのってとても楽しい。そう思えたエピソードもあります。7/18にリニューアルオープンしたSUNNYDAYHOSTEL。これまでもそうだったのですが、再開後はより一層、色んなスタッフと連携を取りながらお客様をお迎えする準備を日々行なっています。実際にホステルを運営するスタッフ、写真撮影するスタッフ、SNSを運用するスタッフ、もちろんアルバイトスタッフのみんなとも連携の日々です。「色んなスタッフと連携を取る」というと聞こえはいいですが、実際はみんなバッタバタ。再開当初は足並みを揃えることすら難しい状況でした。それでも絶えずコミュニケーションを取りながら2ヶ月間進めてきて、ようやく足並みも揃いつつあります。先日はSNSの運用を担当しているスタッフがInstagramのヒストリーをとっても素敵に仕上げてくれました。しかも「こうやろう」と決めたことの倍くらいのクオリティで仕上げてくれたんです。思わず社内のスラックで共有するほど、感動しました。Instagramを運用し始めた頃は、「どんな人に何を伝えたいのかから考えようか」という初歩的で面倒な会話から始まりましたが、毎回その時決めたことをベースに話をしていたからこそ、素敵なヒストリーに繋がったのだと感じています。SNSを運用するスタッフだけではありません、ホステル運営も、写真撮影も、それぞれのスタッフがSUNNYDAYHOSTELというブランドを担うプロとして自覚を持って仕事をしています。この「プロとしての関わり合い」がとっても心地良い。もちろん、他人同士なので、時には意見が合わないこともあります。それでも互いに向き合うことをやめない。そんな関係性から生まれるプロとしての仕事に、お客様は反応してくれるんだろうと思います。それは一人で仕事をしていたら、決して辿り着かないクオリティ&達成感なんだろうと思います。

人と一緒に仕事をするのは大変です。対人関係が仕事の中で一番大変と言っても過言ではないと思います。でも、人と一緒にするのは最高に楽しい瞬間でもあります。SUNNYSIDEは個性あふれる仲間と共に、そんな最高の瞬間をたくさんつくっていきたいと思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

株式会社サニーサイド's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more