1
/
5

【オンラインインタビュー:後半】新規に立ち上げた札幌拠点だからこそ感じる仕事の楽しみとは?

本日は社員インタビュー特別編の後半!

昨年度、立ち上がったばかりの札幌支社メンバー4名へインタビューを行いました。

《前半の記事はこちらから》

◆メンバー◆

橋本瑠奈さん(写真・左)
稲邉堅太さん(写真・左から2番目)
大島奈々恵さん(写真・右から2番目)
松岡京子さん(写真・右)

ー土日などのリフレッシュの方法はみなさんぞれぞれ持っているんですか?

【橋本】私は眠って美味しいもの食べたらストレス発散できます(笑)ゆっくりして美味しいもの食べて回復しています。

【大島】私は休日は家族との時間を作るようにしています!

最初は案件の進捗で焦ってしまうことがあって、土曜日とか日曜日の休みでも構築を進めてしまっていたんですけど、韓さん(弊社Webエンジニアマネージャー)から仕事とプライベートを分けて、決められた期間内で終わらせるスピードをつけていくというのも大事だと言われてハッとしたんです。それからは休日に引っ張らないように気をつけています。

ー焦らず、ご自身の中で線引きができるようになっているんですね。

【大島】そうですね。勉強がてらつい案件に手をつけたくなるんですけど、そうすると早く終わりすぎてディレクターさんとの進捗のズレが生じてしまうんです。

必要以上に早く動きすぎて変に手が空いてしまうとチーム全体のリズムが崩れてしまうかなって。平日に集中して手を動かし、休日はゆっくりするというペースを意識しています。

今後は、平日複数の案件を対応している分なかなか時間を設けられないため、休日に学習の時間を作っていきたいですね。

【稲邉】僕も休日はできるだけ仕事のことを考えないようにしています。

常に考えていると頭がいっぱいになるので、仕事じゃない時はできるだけリフレッシュできる時間を作るようにしています。そうすることで、集中して仕事とも向き合えるような気がするんです。

ーそういえば稲邉さんはパチンコが趣味でしたよね?(笑)

【稲邉】いや、パチンコは最近やっていないです(笑)今は真面目に生きてますよ。

【松岡】私も休みの日は仕事は一切しないようにしています。平日の夜も基本的に仕事のことを考えないようにしています。

普段からあまり休みの日も家からは出ず、近所のコメダ珈琲に行ったりとかで、あまり外に遊びに行ったりはしないです。

ー松岡さんはインドアですか?

【松岡】はい、インドアです!

例えば土日休みがあってどっちも予定が入っているとすごいストレスなのでどちらか1日は家にいたい。

【一同】わかる!共感(笑)

ーバタバタ忙しくするよりもゆっくりする時間を土日で作るように調整されているんですね。仕事に精を出すって考えたら、それだけメリハリ作ることが必要なんですね。

【松岡】あとは、お風呂行くのがリフレッシュの一つです!自宅から車で15分ほどの場所にあるスーパー銭湯が好きでよく通っていました。いまはコロナで行けなくなったんですが以前は平日の夜など毎週行ってました。広いお風呂って何も考えなくていいので、本当に最高です...!

ーいいですね。リフレッシュしてストレスフリーな時間を過ごせそうですね。

では、続いてコムデに入社して良かったなと思うエピソードを教えてください。

【橋本】私は Web会社の1社目がコムデなので、他の会社がどうかはわからないんですけど、未経験で入って、研修を終えてすぐに案件を任せてもらえると思っていなかったのでそこがすごく嬉しかったです。

自分で手を動かしてサイト構築して出来上がっていくっていうのを見ていくとモチベーションにつながるのでありがたいなと思いました。

会社からは研修の時に、自己解決力を身につけてと言われていたので最初はすごく難しくないか?と思っていましたが、今は自分で解決してこそ身につくと感じるようになったのでそういった会社の姿勢も自分に合っていました。

【大島】入ってまだ1ヶ月ちょっとでいろんなサイトを構築しているので、この先どんどんいろんなサイトが構築できるようになると思うと楽しみです!

あとは、今回北海道拠点の立ち上げということで、良くも悪くも自分たちしかいないのでやりやすいと感じる面もあれば、これから主体的に動いて環境を作っていかなければならないという意味で課題の大きさを実感する面もあります。

これからは未経験の仲間が札幌支社にどんどん入ってくると思いますが、自分も今後はある程度人に何かを教える立場になっていくのかなと思うとワクワクしますし、それ自体が自分自身の成長にも繋がる良い経験になると前向きに捉えています。

【稲邉】僕も案件にすぐ触らせてもらって、自分のスキルを磨いていけるのはすごくよかった所と感じています。

最初は自己解決能力を高めるよう指導を受けたものの、自分で処理できないことも多く戸惑うこともありました。頭ではそのやり方が一番成長に近いと分かってはいましたが仕事なのでミスすることが怖かったんです。でも向き合っていくことで取り組む姿勢を評価してもらえ、徐々にですが任せてもらえることが増えていったというのは純粋に嬉しかったです。

【松岡】私も皆さんと同じで、すぐ案件を任せてもらえることですね。そんなにまだ数は任せてもらえていないですが、エラーを解消する作業、古いHTMLのバージョンアップ、1からサイトを作るなどクライアントさんの業種によってもやることの幅が広いので毎回新鮮だなと感じています。

また大島さんと同じで新規立ち上げの札幌拠点で、何もないところから自分たちで作っていくことが初めての経験なので面白く、やりがいも大きいです!

ーありがとうございます!札幌1期生として、運営など難しいこともあるかもしれませんが、それが1つ経験として面白いと言っていただけたら非常に嬉しいです!



ーでは今後チャレンジしたいことや案件や技術面、経験面でやってみたいことを教えてください。

【橋本】私はエンジニアとして、速く正確な仕事をしていきたいです。

もともと職場が専門学校だったので、先生が生徒に教えるということをずっと見てきていました。人に教えるという仕事に面白さを感じていました。

将来的には、コムデは教育事業などを行うことを視野に入れていると伺ったので自分の技術力を身につけてその上で自分の技術力を誰かに伝えていきたいと思っています。

【大島】自分の得たモノを次に繋げて、人を育てていくことって技術職としてすごく大切なことだと思っているので、今後はそういった部分でできることを増やしたいです。

まずは今は自分のコーディング力を上げていくということが課題になるのでそのために勉強を頑張りたいですし、次は新しく入ってきた人を自分の手で育てていきたいと思っています。

【稲邉】僕はコーディングの速さをもっと上げて、スラスラ描けるようになりたいです。現在はJavaScriptの分野で強いエンジニアを目指していて、そのために勉強をしています。一旗上げられるようなエンジニアに成長していきたいです。

【松岡】私はかっこいいサイトを作れるようになりたいです。

長期的になりたいビジョンは何かの技術や分野に特化していくことですが、それはJavaScriptかもしれないしWordPressかもしれないし、技術でなくても仕事でミスが少ないでもいいと思っています。これはこの人が一番と言われるように成長していきたいです。

そうなるために自分の得意分野を見極めて決めていきたいですね。

ー皆さんの中で技術的な成長やビジョンの達成というところでそれぞれ想いがあるんですね。

最後に、どんな方と一緒に札幌拠点を盛り上げたいですか?新しく入ってくる方、後輩になるかもしれない方向けに、メッセージをそれぞれお願いします!

【松岡】みんな未経験で入っているので、技術は求めていないです。会社としてはあるかもしれないですが、、。個人としては性格的に素直な人だったらいいです。今、札幌拠点の雰囲気がいいのでメンバーの雰囲気にもマッチする人がいいですね!

ーその他にこんな性格の人が合っているっていうのはありますか?

【松岡】信頼できる、真面目な人ですね。

【大島】私も未経験スタートだったのでスキルについて言えるような立場ではないので技術は求めていないです。前職で歯科衛生士をしていた時にチームで仕事をしていて、今と共通している部分があります。

人が増えると、自分と違う考えがあるのでぶつかる面もありますが、自分と違う部分を非難するのではなく、受け入れて自分の成長に繋げて欲しいと思って人と向き合ってきました。コムデの仕事もチームで取り組むことが多いので、そういう意味では人の違いをいいところと捉えてくれる人と一緒に働きたいです。

【橋本】私は、ワクワクする気持ちを忘れない方がいいですね。前向きに取り組んでくれている人が一緒にいると自分自身も鼓舞されてもっと頑張ろうと思えるので、一緒に高めあえる人が来てくれると嬉しいです。

【稲邉】僕は正直な人がいいですね。嘘をつかない人、真摯に向き合える人が来てくれればうまくやれるんじゃないかなと思います。

ーみなさんのコメント伺うと、総じて誠実な方って感じですね!

インタビューは以上となります。みなさん今日はありがとうございました!

今コムデの中でも勢いのある札幌支社をさらに盛り上げていってくれる方を大募集しています。

札幌支社の雰囲気を感じて、

◎やりがいを持って働けそう!この場所で挑戦してみたい!

と思った方はぜひ直接お話をしませんか?

〈話を聞きに行きたい〉ボタンよりご応募お待ちしております!

株式会社コムデ's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more