Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

お互いの苦手を補いあう。誰も取り残さないチームづくりが旅音で働く魅力【スタッフインタビューVol.4宿泊準備チーム・小野村綾花】

金沢市内で一棟貸し宿やゲストハウス、ホテルなどを「旅音」というブランドで展開している株式会社こみんぐる。
日々多くのゲストに宿泊いただく裏側で、その宿泊準備を担う「宿泊準備チーム」とはどんな仕事を担っているのでしょうか?そのチームの雰囲気は?
こみんぐるで働き始めて1年になる小野村にインタビューしてみました。

ーこれまでどんなキャリアを築いてきましたか?旅音で働くきっかけについても教えてください。

旅音で働く以前は、個人宅の定期清掃の仕事や、外食サービスの会社に勤めていました。
前職でアルバイトスタッフを取りまとめる仕事をしていた際に、コミュニケーションについて学びたいと調べるうちに、コーチングと出会ったんです。
コーチングの学びを通して、アルバイト同士で問題を解決できるようになったり、アルバイトのとりまとめをする私の業務を幅を広げることが出来ました。
その後、TCS(トラストコーチングスクール)の認定コーチの資格を取り、フリーランスとして起業しました。
コーチングの仕事をスタートするにあたって、これまでの生活では知らなかった働き方や、知らなかった社会を知りたいと思い、パラレルワークのイベントに参加したところ、兼業・副業という働き方でもOKと募集していたこみんぐるを知りました。
こみんぐるの出展ブースで話を聞くにつれ、私が金沢に戻ってきた理由や金沢の魅力にもっと近くで関われるかもしれない!と一瞬で惹きつけられましたね

ー「金沢に戻ってきた理由や金沢の魅力に近くで関われる」というのはどういう背景からでしょうか?

-金沢市内を一望する大乗寺丘陵公園にて

元々は大阪府の出身なんですが、4歳~中学校までを金沢で過ごしました。
高校時代はフルートを専攻したく、関東の高校に進学し、音楽科のある学校に通いました。
でもそのあとフルートを仕事にするわけでもなく……学生生活の後は関西に移住し、8年ほど過ごしていました。
そうした日々の中で、もしも生活環境に一番の理想を掲げるならどんな生活がしたいだろうと考えたとき、
・生活に便利、かつ自然が身近な環境での子育て
・老後は穏やかに食事を楽しみたい
という2点を自分は大事にしたいという想いに気づいたんですね。

この2点を叶えるのに、生涯楽しめる拠点は金沢だと思い、Uターンを決意しました。

ー旅音ではどんな仕事を担当していますか?やりがいや楽しいところはどんなところでしょうか?

ゲストが宿泊される前の宿泊準備に携わっています。ゲストが快適に泊まれるように室内の清掃や、ゲストの要望に合わせた準備を行います。

-新婚旅行で訪れるゲストにメッセージカードを添えて入浴剤のプレゼントをしたとき

-お誕生日の旅行で予約してくださったゲストにはメッセージカードを宿に設置

旅音の宿は古民家や町家をリノベーションした一棟貸しの宿が多いのですが、宿の周辺では、宿の近くにお住いの方やご近所に工事などで来られている方に「ここ何?泊まるところ?」と声をかけていただくことがあります。
地元の方でも、親戚や友人が来た時に、自宅に泊まってもらうのではなく、別荘みたいな感覚で旅音を使っていただくことがあり、そういう使い方もあるんですよとお話すると、そういう使い方できるのイイね!と興味を持っていただけます。

ゲストと直接顔を合わせる機会は少ないのですが、アンケートなどを通して、ゲストが居心地よく過ごすことができたこと、金沢の旅を楽しむことを感じられたときはとても嬉しいです。

ー宿泊準備チームはどんな人たちが働いていますか?

学生さんや主婦の方など、様々な人が働いています。地元出身ではない人もいるので、土地勘が無い人もいますし、PCやスマートフォンをあまり使わないので機器の操作に不慣れな人もいます

そういう個人差がたくさんあるのですが、お互いの「苦手」ゾーンを教え合い、徐々に埋めながら、できないことができるようになったり、苦手だったことを習得できるようになったりしています。そうすることでチームの結束が強まっています。
誰も取り残さないチームづくりが、難しくも楽しいところです。

ーこれからどんな仕事に携わっていきたいですか?

まず、金沢を目指して来てくださるゲストと、金沢市内のゲストの皆様に旅音を満喫をしていただくことです。

それと、旅音のメンバーは県外出身者や金沢を一度を出たことがある人が多いんですが、長く地元で暮らしている人にも働いていただきたいですし、県外出身のスタッフとも、もっと情報共有しやすい場づくりをしていきたいですね。

1度や2度では楽しみきれない金沢の魅力を、まだまだ発見していきたいとも思います。
なぜなら、一度金沢を出て戻ってきた私が思うよりもっと広い魅力があるからです。

ーこれから仲間になる人へメッセージをお願いします!

私は宿泊業に関わること自体が初めてで、面接当時は、実際にここで何に貢献できるだろう?と漠然としていて、心配な気持ちがありました。
でも今では、まずはやってみる、聞いてみることが大切なんだと思います。
知ること、始めることに早い遅いはありません、金沢をイチから知るところからでも大歓迎です!

こみんぐるという職場は、「金沢というまちを大切に想う場所であり、そのために力を尽くす場所」です。

いかがでしたでしょうか。

「100年後も家族で暮らしたい金沢にするためにどうするか?」
こうしたテーマに仕事で関わり、そのために行動していきたい方をこみんぐるでは募集しています。

どんな事業を行っているのか、どんな人たちが働いているのかを知りたい、話を聞いてみたいという方は、お気軽に「話を聞きに行きたい」ボタンをクリックしてください!

旅音/TABI-NE ~金沢を暮らすように旅をする~'s job postings

Weekly ranking

Show other rankings