1
/
5

【マンガ好き座談会】GANMA!でインターンをして成長実感した話Part.2

こんにちは!学生インターンの宮下です!
オリジナルマンガアプリ「GANMA!(ガンマ)」を運営するコミックスマートでは、大学も学部も学年も全て異なるメンバーがインターンとして活躍しています。
どんな業務があるの?職場の雰囲気は?インターン生同士の仲はぶっちゃけどうなの…!?
ゆる~い雰囲気の座談形式でお話してみました!
第2回目のメンバーはこちら。

【ふうかプロフィール】(写真上段中)
国際社会学部3年(コミスマ歴1年)
趣味:美味しいお店巡り、YouTube鑑賞、マンガを単行本で集めること
特技:ダンス
好きなGANMA!作品:『山田くんとLv999の恋をする』

【ななプロフィール】(写真下段左)
文化構想学部3年(コミスマ歴1年)
趣味:漫画を読むこと
特技:絵を描くこと
好きなGANMA!作品:『透明人間灰田』

【大西プロフィール】(写真下段右)
創造理工学部社会環境工学科3年(コミスマ歴2年)
趣味:漫画を読むこと、旅行
特技:テニス
好きなGANMA!作品:『不思議のまゆりさん』

【みずきプロフィール】(写真上段左)
法律学科3年(コミスマ歴1年)
趣味:散歩、マンガを読む、YouTube鑑賞、ジェルネイル
好きなGANMA!作品:『きょうのミックスバー』『おやおやこども。』

それではいってみましょう~!

――みんなのインターン志望理由を教えてください。

ふうか「就活前に会社で働く経験をしておきたくて探し始めたかな。でも、どこで働こうか迷っていたときに友達に紹介してもらったんだ。自分の大好きなマンガを扱う業務に携われると知って、コミックスマートで働いてみたい!って思ったよ。」

なな「私も先輩の紹介で入ったよ。なりたい編集者のお仕事が体験できると思って、どうしてもチャレンジしたかったんだ。会社での勤務を経験したかったというより、業務内容に惹かれて応募したかな。」

大西「全然みんなみたいな理由じゃないんだけど、学校の時間割的に週一でしか時間を作れなくて。週一でも働けるインターンで、かつマンガが好きだからその2つを条件にして探してエントリーしたよ。」

――紹介だったり、自分で探したりとそれぞれだね。応募数はかなり多かったみたいだよ。選考や面接の印象で憶えてるものはありますか?

ふうか「会社のビルが想像してたより大きくて、入り口ですごい緊張が高まっちゃった。けど、桃さん(人材開発部の小畑さん(写真上段右))が色んな他愛のない話をしてくれてリラックスして面接出来ました。」

大西「当時大学1年生だったから、採用の面接が初めての経験で慌ててしまって。好きなGANMA!作品も聞かれたけど、当時全然読んでなくてさらに慌てて(笑)。けどマンガが好きなのは本当だったから、面接前にたまたま寄っていた新宿紀伊國屋で買ったマンガを見せながら愛を熱弁したよ(笑)。週一でしか勤務出来ないっていうライフスタイルも素直に話しました。」

なな「とにかくマンガが好き!ってことを中心に伝えた!紙媒体のマンガはよく読んでたんだけどWEBマンガは読んだことなかったから、それを伝えて、働いてその良さを知りたいなって。面接担当の方は少し悲しい顔をしてたような…?今では立派なGANMA!ユーザーです!」

――大西くんのマンガの熱弁ぜひ聞いてみたい!2020年2月~の在宅ワーク、調子はどうですか?

ふうか「ずっと1人なのがしんどいね…。みんなと会ってお仕事したい!逆にそのおかげでクラウドファンディングのグッズ発送するための出社がすごい楽しいけどね。」

なな「家は誘惑も多いけど、集中して取り組んでいます!出社の帰り道大好き!みんなで駅まで歩くのすっごい楽しい!」

▼大量のグッズ梱包作業。黙々と頑張ります!

▼家のデスク。リングライト買いました!

――ハマってるマンガを紹介し合ったりしながら駅まで歩くよね。
働く前と後で何かギャップはあった?

ふうか「働くことに対して堅いイメージを持ってたんだけど、それが崩された。コミックスマートの社員の皆さんはユーザーや作家さん、その他大勢の皆さんのことを考えながら沢山話しをしているよね。デスクに向かって黙々と作業というよりは人と人とのコミュニケーションが大事だと気がついたよ」

なな「マンガ編集の方たちは、マンガ作りだけに熱量を注ぐ華々しいイメージを持ってたけど、地道な作業ってたくさんあると知ったよ。コンテンツをつくる前段階のリサーチ業務も編集者自身で行っているのは意外だった。」

――それぞれ色々な業務を経験してきて楽しかった業務と、逆にキツかった業務は?

なな・ふうか「クラウドファンディングのグッズ発送だな~!」

大西「俺は誤字脱字チェック。集中してマンガを読めるから。誤字脱字チェック担当した作品は愛が芽生えて、絶対好きになっちゃう!」

なな「キツかったのは、『幽道少女-タオガール-』のテキスト抽出作業。タイピングは得意な方なんだけど、中国語が結構出てくる作品で、調べるのに時間取られて大変だったな。この漢字はなんて検索したら出てくるの!?みたいな。」

――あれは大変だったね…。みんなで分担して頑張った良い思い出!働いてみて成長した点は?

ふうか「実際に働くことで、社会人として働くイメージが出来るようになった。そして『報告・連絡・相談』の大切さを学んだ。ひとつの業務をみんなで分担することも多いから、進捗はちゃんと共有しないと!」

大西「変に自分で解決しようとしないで、わからないことがあったらすぐ聞くことのクセが付いた。聞いたら絶対に社員さんは丁寧に答えてくれて、みんな優しい。あとは、PCの基本的なスキルも身に付いたかな。」

なな「仕事を複数同時に振られたとき、効率よくさばけるようになった。『まずはこの社員さんに質問をしておいて、回答を待ってる間に他の仕事をして、終わるころに返信があるだろうから…』みたいな組み立てを出来るようになった。あとはデザイン系の仕事も任せられるようになって得意だったことがより得意になったよ。」

――2期生のPC設定は大西くんがしてくれたって聞いてたから元々PCには強いのかと思ってた!業務を経て身に付いたスキルだったんだね!学業との両立は問題ないですか?

大西「シフトの融通はきくから、時間割に合わせて無理なく働けるよ。オンラインになったことで通勤時間がなくなったしね。」

――これからの改善点やできるようになりたいことは?

ふうか「新しいツールをどんどん使えるようになってみたい。Photoshopを使った業務とかよく依頼が来るからね。」

大西「タイピングが早くなりたい。周りと比べて遅い気がするから…。テキスト抽出作業の効率を上げていきたいかな。」

なな「ゼロからの案出し業務での発想力を高めていきたい!学生ならではの視点が必要とされたときにすぐ対応できるように流行に敏感でありたい!」

――インターン生の案を参考にしてもらえたり、採用されたりする機会もちゃんとあるから頑張ろう!って気持ちになれちゃうよね!
最近あまり会えてませんが、インターン生同士の仲はどうですか?

中川「なかなか直接会えないからこそ、出勤したときは話盛り上がるし、業務終わりの帰り道まで別れを惜しんでるもん(笑)いい人しかいないよ!」

大西「今のところ男子は自分だけだから、もっといろんな人が来てくれるとうれしい!みんないい人だから男子ひとりでも話しかけてくれるし、特に不便もしてないけどね。」

――最後に、コミスマで働くことの最大の魅力と次期インターン生へのメッセージをお願いします!

大西「マンガ読むのが仕事っていう珍しいインターンです!マンガが好きならとても楽しめると思います!」

中川「雰囲気がいいっていうのは一番伝えたい魅力。バイトとはまた違う、会社の雰囲気を知ることができる。何か質問したら答えてくれる優しい社員さんばかりだし、なにか新しいことにチャレンジしたい人におすすめしたい!マンガを読む業務もあるし、マンガ好きには最高だよね!」

なな「自分の今あるライフスタイルに合わせながら働けるところは魅力のひとつ。現実的な面での働きやすさがあるって実は大切だと思う!エンタメが大好きな方、ぜひ一緒に働きましょう!!」

3人ともありがとうございました!
第2回コミックスマートインターン生による座談会、いかがでしたか?
第1回の座談会も違うメンバーで行っているので、まだの方は前回の記事をご覧ください!

▼第一回記事はコチラ

少しでも興味を持ってくれた方はコミックスマートの学生インターンへのエントリーお待ちしております♪
※3期インターン採用3月8日OPEN!

コミックスマート株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more