1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

「第2回ファイザー ヘルスケア・ハブ・ジャパン」に登壇

2020年8月31日、ファイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:原田明久)主催の『第二回ファイザー ヘルスケア・ハブ・ジャパン』の登壇企業として選ばれ、出席いたしました!

ファイザー社の世界的な取り組みのひとつである「ファイザー ヘルスケア・ハブ」は、オープンイノベーション戦略を活用し、デジタルテクノロジーやサービスを持つスタートアップ企業と協業することで、患者さんにより良い解決策の提供を目指しています。

新型コロナウイルス感染症の流行拡大の中でもイノベーションへの取り組みを滞りなく進めるため、全てのディスカッションがオンラインで実施された今回。当日はコグニティを含む5社が登壇しました。

ファイザー社からは代表取締役社長や各ビジネス部門代表の役員をはじめ多くの関係社員がオンラインで参加し、発表に対する活発なディスカッションが展開されました。

【コグニティの技術】

 コグニティでは、独自開発した「CogStructure(コグストラクチャー)」という情報分類フレームワークを使うことで、コミュニケーションを解析しています。

CogStructureは、人工知能研究分野における「Knowledge Representation(知識表現)」と呼ばれる領域に属し、人の思考パターン・構成を記述可能にして、推論しやすくする技術アプローチです。

英国認知言語学者S. Toulminの50年前の論文をベースに、日米両言語におけるインターネット上の様々な文書や動画の構成を記述・変換する実験からスタートし、独自のルールへ拡張進化させました。

このフレームワークを使って解析を行うことで、固有名詞や言語差に影響されず、業界やシーンが違うコミュニケーションであっても構成要素の比較が可能となります。

 この技術を用いて開発された「UpSighter(アップ・サイター)」は、金融や不動産業界など120社以上で導入され、研修や教育等に活用されています。オンライン商談が増える昨今、「対面商談とオンライン商談の成約率の差に関する調査」に使用したプロダクトでもあります。

【UpSighter(アップ・サイター)】

UpSighterは、録音・アップロードされた業績上位者のトークを自動解析し、模範となるトークのパターンを検出。

“キャラ売り”や“雰囲気の良さ”で好成績な人と、誰もが改善できる情報構成のパターンを見分け、改善効果の高い指導方針を提示することが可能です。

また、検出されたトークパターンを使ってアルゴリズムを開発し、AIによって業績上位者とのトーク差分が明示された「自動フィードバックレポート」を一人ひとりの従業員に提供します。

 UpSighterの活用により、業績上位者と比較した自分のトークスキルを定量的に把握できるだけでなく、理由づけやデータ・事実情報の提示不足など具体的な改善点が提供できるため、口頭のみの指導よりも納得感が高く、新人の営業成績の改善が早いといった評価や、成績に伸び悩むシニア従業員への指導が楽になったとの評価をいただいています。

また、新人に向けた指導結果として、電話でのアポイントメント獲得率が64%から78%に上昇したという実績もあります。

「UpSighter(アップ・サイター)」 https://upsighter.com/

コグニティでは、現在、業務委託で営業活動にご協力いただける方を募集中!

興味を持っていただけましたら、是非一度お話を聞きにきてください。

コグニティ株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings