1
/
5

harmo、慶應義塾大学薬学部とPHR活用による治療最適化に関する研究を開始

harmo株式会社は、慶應義塾大学薬学部と「電子お薬手帳を基盤としたPersonal Health Record (PHR)活用による治療最適化に関する研究」に関する共同研究契約を締結し、この度「電子お薬手帳を活用した内服薬の飲みやすさ・扱いやすさに関するアンケート調査」を開始いたしました。

患者さんを中心にした医療(ペイシェント・セントリシティ)の重要性が再認識されていますが、実臨床の場において患者さんから直接情報を収集した研究(リアルワールドデータ)はこれまでほとんどありませんでした。そこでこの度、harmo株式会社が持つ「harmoおくすり手帳」を用いたPHRデータを通して、実臨床の場における患者さんからの直接の評価を収集する共同研究を実施することになりました。

共同研究の詳細に関して記載しておりますので、是非ご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000051375.html

harmo株式会社's job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings