This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

就活時に陥りがちな「ピンッ」とこない志望動機

どうも。
制作部で仕事している僕が、今回記事にするのは、「なぜCDCに入社したのか」というテーマ。

僕が入社したのは09年の4月。社会人になり8年が経過しました。就活していたのはかれこれ9年前?10年前?になります。昔のことはあんまり覚えていませんが、不思議と入社動機ははっきりと覚えています。

とはいえ、僕の入社動機なんて知っても面白くもなんともないですよね?正直、面白くする自信もありません(笑)。なので、読んでちょっと得する(?)情報をちょっと盛り込みたいと思います。さてさて、長文になるかもしれませんし、ならないかもしれませんが温かくお付き合いください。

売り手市場で学生有利

僕が就活をしていた頃の08年(1月~4月)は、非常に好景気で、今ほどではないですが売り手市場!どこに行ってもWelcome状態で、就活生にもどこか余裕がある感じ。当時はインターン参加は一部の意識高い系学生が参加するもので、積極的に参加する学生は多くなく、みんな3年生の11月や12月頃から動き始める暗いの感覚。僕も11月頃から説明会に参加し始め、業界を絞らず、色んな規模の色んな会社を見て回っていました。企業ややりたいことは決めていなかったけど、明確な軸は2つ持っていました。
①「これ、俺が作った!!」といえる成果物ができあがる仕事であること
②歯車ではなく、“俺”でいられる会社

なので、大手企業一直線というよりも一人ひとりの存在が重要になる規模の会社で働きたかったのです。すっごいくだけて言うと、「自分の存在価値を感じながら、自由に、なんか作る仕事」がしたかったわけです。そんな折、12月にCDCに出会います。そして説明会へ・・・。

「俺ここに入社するな」と思った瞬間

CDCの説明会に参加して思ったこと。それはタイトル通り「入社する会社はココだ」ということ。一目惚れというのか、直感というのか・・・。とにかく説明会がすごい楽しくて、「CDCで働きたい!!!!!」って一瞬で思ったんです。何が良かったかと言われればよくわかんないけど、とにかく出てくる人出てくる人みんなかっこよくて、みんな楽しそうで、みんな自由そうだったのが記憶にあります。飾ってないんです。全員。普通、説明会とかって、会社と自分を良く見せようとして偉そうなこと語ってたり、企業のよそ行きの表情をそこはかとなく感じません?確かにカッコいいんだけど、演技くさいみたいな。それがCDCは一切なくて、大声で笑ってるし、バカみたいな話をしてる。ただ、それが新鮮で純粋に魅力的。ここで働いたら楽しんだろうなって想像できたんですよね。

当時のCDCは300人弱の規模感。そして、制作職という広告づくり仕事。楽しそうってことだけじゃなくて自分の軸にガッチリはまり、ココなら「俺が作った」と言える仕事ができると思ったんです。勘の良い皆さんならここまで来ればわかると思いますが、やりたいことという自分の目的と「ココに入社するな」という直感に突き動かされ、僕はCDCに入社を決めたのです。尊敬する経営者がいたとか、成長性を感じたとか、そんな模範解答は言えませんが、自分の選択に間違いはなかったと思います。
※余談ですが、当時のCDCはエントリーシートがピンクの紙!Webですらないし、しかもピンク。1枚しかないから間違えたら終わりの一発勝負。今思い返すと最悪ですよ。

根拠の無い自信ですが、絶対内定出るっしょと思っていました!

何の自信か、最初から内定出るなって思ってた節があります。何の根拠もないんですよマジで。でも、不思議と落ちる気はしなかったです。なぜなのか・・・?
思い返してみると、思い当たる節がひとつ!
「自分らしく素でいられた」。
これにつきます。
CDCの面接では飾ることなく普段通りに話せた。たぶん、根拠の無い自信があったから。素で話せたから自信がついたのか、自信があったから素で話せたのか・・・。鶏と卵の話は置いといて、本気でそう思います。僕もいくつかの会社は面接がうまくいかず、今風に言うならお祈りメールをもらっていました。不合格になった企業の面接を振り返ると、ひとつの結論至ります。それは・・・

自分じゃない!きれい事の塊

結論から言うと、きれい事を語って自分を良く見せようとした面接は全て失敗しました。

ここからがちょっとお得な情報。就活生の皆さんに伝えたいのは、その志望動機本心?ということ。ひとつの例として、就活生と話をしていると「社会貢献したい」という言葉をよく聞きます。社会貢献自体は素晴らしいことです。することに賛成だし、僕もしたい。ただし、考えてほしいのは、皆さんが面接を受けている企業はビジネスをしているということ。企業は利益をあげるためにビジネスを拡大しています。これがメインミッション。僕も社会人になって気付きましたが、社会貢献をすることがメインの目的ではないんです。
※社会貢献しなくていいと言ってるわけじゃないよ。社会貢献も重要だよ

そこを勘違いしたまま就活を続けると、企業側のニーズと合わなくて内定にたどり着けないことが多くなる気がします。働く理由や志望動機は何でもかまいませんが、自分を飾ることなくありのままを主張した方が内定への近道だというのが僕の持論。本心で社会貢献をしたいと熱く語れるなら、それでOK。
ただ、印象を良くしようとしてキレイナ言葉を並べるのは要注意!事実、就活時の僕がきれい事並べた会社は全て撃沈してますから。


まあ、しがない1人の社会人の話なので、100%正解とは言えませんが、社会人の先輩の体験談として心にとめておいてもらえると嬉しいですね。もし、CDCの面接を受けてくれるなら、飾らないように注意すること!自分自身の魅力で勝負する方がよっぽど魅力的に見えるよ。頑張れ就活生!

株式会社キャリアデザインセンター's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings