1
/
5

【インフラチームリーダーインタビュー】インフラチームの仕事内容や働き方について徹底解説!

こんにちは!カタリストシステム採用担当です✨今回は弊社執行役員兼、インフラエンジニアチームの統括をしている諫山さんにお話を伺っていきたいと思います。

今回のトピックは…

『カタリストシステムのインフラチームはどんなチームなのか』

現在弊社はインフラエンジニアを絶賛募集しておりますので、ご興味ある方はぜひカジュアルにお話しましょう!

◆インフラチームの開発内容

現在インフラチームはラボ型開発という形で協業先のサーバ構築支援をしていて、実際に稼働しているサーバーの老朽化や更新に伴って新しく作り直したいというクライアントのご要望に対して、意図を汲み取りながら自動構築していくというところに従事しています。

元々は週に何回かお客様先にチームで出向いて開発していましたが、コロナもありフルリモートの環境が整ったことで、今では完全に自宅から開発していく形になっています。

我々が担っているのは、仮想化基盤にてバーチャルマシンを起動後のOSセットアップやミドルウェア等の設定段階からが職務となります。

システム仕様の検討やミドルウェアの選定等も含まれます。

◆インフラチームの魅力

まずは技術力の部分ですね。カタリストシステムでは、少数精鋭で、技術に精通したメンバーが集まっています。実務でもある程度のサーバー知識やネットワーク知識が必要になるような仕事なので、所属してしっかりと技術を取り入れていけば必然とスキルアップしていける環境であると思います。

そして、一番の魅力は新しい分野や技術に対するアプローチをオープンにしているところだと思います。

例えば新人メンバーが参画して「こういった新しい技術があるんですけどどうですか」と言われれば、全く活用実績がなかったとしても、それが本当にいいものなのかどうなのかを一旦必ず検討するようにしています。そのため学べる技術に上限が来ませんし、常に機動力高く最新・最適を追っていける環境です。

◆カタリストシステム インフラチームに向いている人

もちろん、経験があるというのが一つの判断基準ではありますが、何よりも「技術が好きな人」「エンジニアという仕事が好きな人」というのが一番かと思います。

カタリストシステムにいるメンバーはインフラチーム含めて技術のことが大好きな人が多いので、“新しい技術に触れられ続けることが楽しい”とか、“技術について語れるメンバーがたくさんで嬉しい”といった理由で在籍し続けてくれるエンジニアが多いです。

なので、その点が共通している人であればすごくマッチすると思います!

カタリストシステム最大の魅力は・・・

カタリストシステム最大の魅力は「人」です。

弊社は、チームとして働く上でコミュニケーションを取れているかということがすごく重要だと考えています。

例えば、いくら優秀なエンジニアが自分の上司だったとしても、そのスキルがメンバーに共有されない環境って、メンバー個人としても会社としても成長できないじゃないですか。

組織でやることのメリットって、やはりチームメンバーとの交流による新しい発見だったり、人に教えることで自分も学べることだったりすると思っているので、優秀さ以上にコミュニケーションの部分は大事にしていきたいと思っています。

◆コミュニケーションの取り方

弊社には飲み好きなメンバーがとても多いので、以前は飲み会で頻繁にコミュニケーションをとっていましたが、コロナになり、完全にフルリモートになったので、ツールなどを活用しながらコミュニケーションが希薄にならないようにしています。

週に一回は必ずチームメンバーとZoomの時間を設けながら、新しく入ったメンバーにもやりにくいところはないか常に確認を取るようにしてますね。

その他にもコミュニケーションは自社オリジナルのツールである程度しっかり取れていて、痒いところに手が届くようなシステムを作って上手くやっています!

カタリストシステムの良いところは「飲み会が好き」とか、「イベントを全力で楽しむ」とか、そういった部分が多いので、コロナが明けてまたみんなで集まれるのを心待ちにしています!

株式会社カタリストシステム's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings