1
/
5

【私の就職活動】~#2 小林 波月~

はじめまして。
株式会社キャシュモ 内定者の小林波月です。
2022年3月に明治大学商学部を卒業予定で、今年の4月末に内定をいただき
6月から2人目の内定者インターンとして働いています。

現在の仕事内容としては、経理代行チーム(アカウンティングサービス部)にて、
お客様の経理の入力業務・振込業務のお手伝いを中心に行っており、
それ以外にマーケティング関連の業務にも携わらせて頂いています。
来年の入社後にはすぐに担当企業を持ち、アカウンティングサービス部の一員としてお客様の経理を担い、バリバリ働くことを目標としています。

好きな事を再確認できた学生時代

大学生活は、好きなものを再確認していく期間でした。
ここでお話しする好きなものとは、学問の分野のことです。
高校生のうちから多くの資格をとり、
自分だけの強みを作りたいという思いから商業高校へ進学しました。
高校3年間で山ほどの資格試験を乗り越え、
目標であった全商検定9冠を達成した私は、「もう簿記はお腹いっぱい!他のことを勉強したい!」という思いを抱いて大学に入学しました。

実際には、マーケティングを勉強するサークルに入ったり(結局あまりやる気になれませんでした)
観光系のゼミナールへの入室を希望してみたり(希望はしたものの、ゼミ試験でしっかり落ちました)
宣言通り、2年生まではとにかく「簿記以外、会計以外」の道を進んでいましが、
サークルもゼミも自分の中でしっくりくるものがありませんでした。

そんな時、必修として履修していた簿記学の授業がとても楽しかったんです。
やっぱり私にはこの分野だな、と再確認しました。
2年迷子になりましたが、自分が好きなものに気が付けて本当によかったと思います。

好きな事を強みへ繋げる就職活動軸

就職活動を始めたのが大学3年生だった昨年の夏ごろです。
大学生活のエピソードや姉の影響もあり、将来仕事をするなら経理職だと考えていました。
特に姉の影響が大きく、私と同じ高校を卒業し、大学を卒業した姉が、現在経理として働いています。
姉と話をする中で「経理は会社の経営を支える大事な役目だ!」と話す姿がとても格好良くて、
漠然と「私も将来経理として働きたいな」と考えていました。

就職活動を意識する前に”会計が好きだ”と気づく事ができたので、これは大きな強みだと感じました。
その強みを発揮できる仕事に就けたら、自分の好きなことを仕事にできる!
会社の重要な経営基盤を支えられる!会社の発展に貢献できる!たくさんいいことがある!

そんな思いから、経理職に絞って就職活動を行おうと決めました。
1月下旬に初めての本選考を迎え、その流れで就職活動が本格化していきました。

「面接は数!?」自分のやりたい事、できる事を理解し、伝える対策を徹底した面接対策!

就職活動をするにあたって、「自分は一体何ができるのか」をたくさん考えました。
仕事は結果が求められます。やりたいことでも、実際に自分が出来なかったら意味がないと思い、
本当にこの会社でこの仕事がやりたいか、自分にこの仕事ができるのかの2つの観点で
会社や業務内容を判断するよう心がけて準備をしました。

取り組んだことといえば、なんといっても面接練習です。
最初は自分の面接を誰かに見てもらうなんて恥ずかしいと思い、
初めての面接は一人だけの対策で臨みました。
しかし、実際に経験してみると、話したいことが全く話せない。
これはまずいと焦り、すぐに腹をくくって友達にzoomでの練習を依頼しました。
だいたい週3日、2~3時間程度で開催していたと思います。
先輩たちが「面接は数をこなすしかない」と話していた理由が、その時ようやくわかりました。


やりたい事を諦めかけた就職活動。。。
自分の気持ちと向き合い、勝ち取った「やりたい仕事」

就職活動を振り返ると、自分の気持ちに素直になって行動を起こすこと、これが一番大変でした。
経理職を希望する中で、募集人数の少なさや入社後に経理部に配属されない場合もあること等、
経理職に就けるチャンスが少ないことに悩んでいました。

少しでもできる事はないかと模索し、経理として働いているゼミの先輩へOB訪問をした際、その方から「小林さんは明るいし、コミュニケーション能力も高いから、経理よりも営業の方が向いていると思う。」とお話いただきました。
それを聞いた私は、初対面の方がそう判断するなら私は営業職の方が向いているのかもしれないと思い、
就職活動中に一度経理職を諦めてしまいました。

しかし、経理職以外の職種についてどれだけ調べていても、やはり自分の興味は経理職にありました。
この気持ちに嘘はつきたくない。働くのは私自身だし、
いくら募集人数が少なくとも、勝ち取ってやろうという思いが強くなり、

もう一度経理職で募集を探し始めた時、出会ったのがキャシュモでした。

現在、インターンとしてお仕事をさせて頂いている中で、「小林さん経理向いているね!」と
声をかけて頂けたとき、自分の気持ちを貫いてよかったと心から安心しました。

入社の決めては
「幸せに働くイメージ」と「成長できるイメージ」

Wantedlyを眺めているときに偶然キャシュモを見つけ、
そのまま呼ばれるように説明会参加の申し込みをしました。
説明会が始まると担当者から、
「今日の説明会を通して、キャシュモで幸せに働くイメージができるか考えてみてください
というお話しがありましたが
経理職の募集枠の狭さに一度諦めかけていた事もあったので働く姿をイメージできるか
正直、半信半疑でした。しかし、事業所紹介の動画が流れ、実際に働く社員のシーンが映し出され時、
本当に直感ですが、もうここで働いている自分が見える!と思いました。
説明会終了後、すぐに書類を準備しエントリーしたのを今でも覚えています。

キャシュモを選んだ理由として
「日本一を目指す会社」の一員となって、会計のプロフェッショナルとしてその目標を達成したい、
という思いが選考を進むごとに強くなった事と、ありのままの自分でいれた事です。

会社説明時に、「日本一を目指す会社」という説明がありました。
会社の経営を支える大事や役割を任せてもらえるプロフェッショナルとして
多くの経験を積み、レベルアップできると思いました。

また、面接でお会いする方々がとても気さくで楽しく、ありのままの自分でいれました。
内定をいただいた時、迷う部分もありましたが
説明会での「キャシュモで幸せに働くイメージができるか考えてみてください」という言葉が頭に浮かび
キャシュモなら自分が幸せに働くことができると思い入社を決めました。

今後の抱負と就活を控える後輩へ一言

内定者インターンとして働き始めて4ヶ月が経ちました。
来年の4月、自分がどれほど成長しているのかとても楽しみです。
今後の抱負として、まずは1日でも早く会社の戦力になるため、たくさんの知識を身につけていきます。
お客様の会社の数字をお預かりする際、生半可な気持ちで取り組むことは言語道断。
すべての数字に根拠を持って試算表作成をするべく、勘定科目一つ一つの意味から学び直していきます。

就職活動は、自分のために行うことです。
どうしても周りの状況が気になってしまいがちですが、周りの人は全く関係がありません。
働くのは自分です!
自分のペース・やり方で、「ここなら幸せに働ける!」という会社を見つけて欲しいと思います。


株式会社キャシュモ's job postings

Weekly ranking

Show other rankings