1
/
5

1年で「コストカッター」して成果をあげる、機材管理サブマネージャ―の活躍

「GooPass」でレンタルされたカメラ機材を発送・メンテナンスする「機材管理」部門。
機材管理でサブマネージャ―として配送対応、オペレーション改善を担うのが百々さんです。

「百々さんは自分の部署だけでなく、会社の利益を考えて仕事に向きあう姿が印象的です。スピード感や交渉力はさすがとしかいいようがない、カメラブに欠かせない人ですね。」

チームメンバーにそう断言させる百々さんは、入社1年足らずでオペレーション改善、30%以上のコストカットに成功、会社の収益性改善に貢献する仕事ぶりをみせます。

今回はカメラブの「コストカッター」ともいえる百々さんがおこなった具体的な施策や、機材管理チームの雰囲気について伺いました。

役者にバンド、やりたいことを突き詰めて手にした実力

学校卒業後は芸能プロダクションに所属し演技の稽古、その後はボーカリストとしてバンド活動を謳歌した後、出産と同時にプロバイダー企業に電話オペレーターとして就職した百々さん。異色のキャリアで企業に入社した彼女は、オペレーター、テクニカルサポート、社員育成とマルチに活躍、顧客対応件数は退職まで7年間トップだったのだとか。
ライター職として転職した2社目は10人程度のメディア企業でしたが、入社3年後にはマザーズ上場。

「気が付いたら色々やってましたね、物流、バイヤー業務、商品開発、店舗開発、新規事業立ち上げ、最終的には社長室として経営管理に携わっていまいた。」

スタートアップ企業で幅広い業務に携わり、経営者の右腕として働いていた百々さんは、理想のキャリアを目指す「キャリア思考」ではなく、役割と与えられた仕事に対して期待以上の結果を出そうと取り組むスタイルを持つようで、”道のないところに道をつくってくれ”と頼られる場面が多々あるといいます。

前職のメディア企業でカメラの知識を深めるために、カメラ記事連載のコラボ先を探していたところ「GooPass」を発見し、協業を提案するために連絡したことがカメラブとの出会いでした。

問題を次々と解決する「百々スタイル」で収益性改善に貢献

入社、1年足らずで30%以上のコストカットやオペレーション改善に大きく貢献した百々さんがおこなった施策とは何でしょうか。

1.システムの改善

まず百々さんがおこなったこと、それは提案でも改善でもなく実務でした。実際に手を動かすことでみえてくる無駄な作業は省き、人的ミスを招く作業はシステム化しようと開発部と協力しました。例えば、完了作業とメール送付作業が発生していた2段構えのオペレーションを一括で対応できるようにするなど、入社3ヵ月後には他部署を巻き込み小さな施策を積み重ねていきました。

2.予算管理の徹底

次に着手したのは、予算管理の粒度を高めること。配送費、付属品の予算管理、段ボール、梱包材費用を1円単位で確認していき、管理体制を強化しました。
ひとえに安い備品を探すのではなく、必要な強度やオペレーション上の懸念点はないかなど全てを網羅的に検討したうえでコスト削減手段を商社に提案した結果、十分な仕様の備品をさらに安く仕入れました。今後も取り扱う機材数が増えるGooPassで、備品コストの改善は将来大きく影響します。

3. 新オペレーションの導入

今まではカメラ機材返却時に損傷した箇所を発見しても原因が分からないケースがあり、ユーザーに確認をする必要がありました。そこで百々さんは、出荷前に写真を撮り納め、エビデンスを残す運用に切り替えました。機材トラブルも円滑に対応し、ユーザーの撮影体験に問題が起きないよう新オペレーションを導入したのです。

「オペレーションの改善は不要な作業の洗い出しが最も大切です。例えば、発送業務1つとっても、人が作業する以上、人的ミスは0にならない。人的ミスが0でないとダメという先入観で仕事をすると、無駄な2次、3次チェックなど不毛な仕事が増えて、余計にミスを生むので「ミスをしないために何をやらないべきか」という意識改革が必要です。」

既存メンバーの空気感、やり方を尊重しながらも、実務を経験しながら改善を進める、リーダーの鏡ともいえる百々さんの業務や改善スピードに舌を巻くメンバーも多いのだそうです。

「百々さんはとにかく理解する力や作業スピードが早いので驚くことが沢山あります。先日も、映像撮影に使う機材の動作確認を一回の説明で理解してました。私は理解するまでに時間がかかりましたよ。」

百々さんはチームメンバーを唸らせながら、管理業務に加え受発送業務にも従事し続ける、現場目線を忘れないスタイルで改善を重ねています。

メンバーに怒られることも……フラットなチームの雰囲気

完璧にみえる百々さんですが、チームメンバーから指摘を受けることもあるようです。

「まさに昨日のことですが、アルバイトスタッフからメンバーへ指導する際の表現が直接的だったり、改善の余地があることをはっきりと注意してもらいました。反省する一方、チーム内でお互いの課題を指摘しあえるのは本当にありがたいなと思っています。」

役職や立場に関わらず指摘しあえる機材管理チームは、アルバイトメンバーが多く滞在しています。主に機材好きの専門家気質の方々が、メンテナンスや受発送業務に携わっているのだとか。

「メリハリをつけてくれれば何も問題ないのですが、新機種の入荷のときには仕事がおろそかになることがあるくらい、みんなカメラの話になると盛り上がります(笑)。」

カメラ好きが揃っているので、写真の話をしていたり、盛り上がっておしゃべりしたり、和やかな空気が流れているのだとか。

サービス拡大に応じて求められる倉庫管理の課題

いいサービスでも続けられなかったら意味がない、継続することが最大の顧客価値の提供であると語る百々さんは、サービスの質を落とさず物流を最適化し、売上の向上やコスト削減、バランスを鑑みて施策を打つようにしています。

「直近の課題は、倉庫の拡張です。」

そんな百々さんが取り組む課題は、サービス拡大と共に増加するカメラ機材の数に対応できる倉庫の拡張です。カメラ機材という精密機器のサブスクに対応できる倉庫は限られているため、複数倉庫と交渉を重ねながら、最適解を探しています。

業務改善を一緒にできる、管理や物流に強い人材を求む


視座が高く経営視点をもつ百々さんに対する信頼は厚く、彼女を頼る声は耐えないようです。そんな百々さん率いる機材管理チームがスケールするためにはどのような人材が必要なのでしょうか。

「私はこれからもオペレーション改善やコスト改善にコミットして会社の利益に貢献したいので、やりたいことが沢山あります。一緒に業務改善や社内調整を推進できる人がいると、サービスレベル向上がより迅速に進むと思います。」

機材の不具合に対して原因を調べるなど、テクニカルサポートに近い業務ができれば解決策や対処法を瞬時に決めることができるので即戦力として活躍できるのだとか。ただし、カメラ機材に詳しくない方でもメーカーサイトにいけばだいたいの情報はあるので、入社時点ではそこまで知識や経験は必要ないようです。

他に機材管理に向いている方の特徴を伺ったところ、物流管理経験、総務経験は機材管理の職務と共通点が多いためオススメのようです。

「経験が浅くてもロジックに基づいた提案ができれば採用の意思決定が早いので、やりがいを感じることができますよ。」

今回入社いただく方には業務改善を一緒にしていきたいので、オペレーションを作り上げていく楽しみを実感できる楽しさを味わえるのだとか。効率的にバランスのよい思考とスキルを持つ百々さん、そんな彼女と働けるだけでも価値がありそうです。


機材管理MGR
機材管理マネジャー候補|物流のマネジメント経験者を募集
私たちカメラブは、カメラで撮りたくなる世界をつくり、撮る人、振り返る人を増やすことを通じて、カメラの文化をふたたび盛り上げていこうと日々取り組んでいます。 ■ カメラのサブスク「GOOPASS(グーパス)」 一眼レフカメラやミラーレスカメラ、交換レンズ、アクションカメラやドローンなどの撮影機材を、月額定額で入れ替えレンタルし放題となる、カメラのサブスクリプションサービス。 ■ 体験のサブスク「GOOPASS PRIME(グーパス プライム)」 “心地いい環境で働きたい”、“おしゃれに思い出を残したい”、“日常を豊かにしたい”という想いを叶える、旅行、ワーケーション、クリエイティブ体験、そしてクリエイターの追体験ができるクリエイターインタビューなど、活躍している現役クリエイター目線で厳選したコンテンツをお届けするサブスクサービス。 上記サービスを成長させていく過程で、自社プロダクトをもつスタートアップとしては、IT企業らしくデータドリブンなマーケからカスタマーサクセスまでを行いつつ、受賞歴のあるモノサブスク企業として、新しい価値づくりに日々チャレンジしています。 パートナーとの取り組みも会社のフェーズのわりには多く、ビックカメラやトヨタファイナンスなどの大手とのアライアンスや、地方自治体との撮影体験づくり、旅行会社との撮影ツアーづくり、学校など教育機関との産学連携の学びの場づくりと、幅広く取り組みを行っています。 カメラブは「GOOPASS」を通じて、誰にとってもカメラをもっと身近なものにすることを目指しています。
カメラブ株式会社
カメラブ株式会社's job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more