1
/
5

What we do

財務担当シニアバイスプレジデント(SVP)兼ヘッドオブジャパンの橘浩二氏
マーケティングとセールスの領域に重点を置き、AI実装のマーテック、MAソリューションを提供しています。 ▍主なプロダクト ・ロイヤル顧客獲得のための広告プラットフォーム「CrossX」  ・24時間365日、自動広告キャンペーンクラウド「AIXPERT」 ・訪問者を顧客に変える「AiDeal」 ・パーソナライズされた顧客体験を創出し、顧客エンゲージメントを強化する「AIQUA」 ・会話型マーケティングソリューション「BotBonniie」 ・AIデータサイエンティスト「AIXON」 ▼詳しくはこちら! https://www.appier.com/ja-jp/

Why we do

最高経営責任者(CEO)兼共同創業者のチハン・ユー
最高経営責任者(CEO)兼共同創業者であるチハン・ユーは、スタンフォード大学でAIの修士号、ハーバード大学で博士号を取得。在学中から、「AIは先端技術であり研究が進んでいるにも関わらず、なぜ現実社会に浸透していないのか」と疑問を感じていました。そこで、企業にとってビジネスにインパクトを出しやすいマーケティング領域に着目し、AI導入のパイオニアとなるべく起業を決意しました。 その歴史は台湾から始まり、シンガポール、ベトナムと東南アジアへと進出。世界各国へオフィスを広げていく中で、北東アジアの重要拠点として日本に注目しました。社会情勢の変化によって、日本でもデジタルの重要性が再確認されていますが、AI活用に関してはまだ発展途上の部分もあります。私たちは「AI×SaaS」で日本企業、さらに日本社会全体の成長を後押しできる存在を目指しています。 今後は自社開発やM&Aなどを通じてプロダクトの拡充を図りたいと考えています。そのために、これからはビジネスメンバーの採用にも注力していきます。直近では、2022年1月にアメリカ・ヨーロッパに進出。今後とも世界中にネットワークを広げて行く予定です。 2021年3月より、Appier Groupとして東京証券取引所に上場しています。(証券コード:4180)

How we do

▍大切にしている価値観 Ambition 新しいプロダクトを、新しい地域で拡大する。これまでにないソリューションを生み出してこそ、激しい競争を生き残ることができます。 Direct Communications 日本・台湾・韓国など、さまざまな国籍のメンバーが働く中で、お互いの考えをきちんと伝えるコミュニケーションを大切にしています。社内の共通言語は英語です。 Open-Mindness どんな意見・フィードバックでもオープンな気持ちでストレートに受け止め、改善できるところは積極的に改善します。 ▍働き方と環境 外資系企業出身者をはじめ、さまざまな背景を持つメンバーが活躍中です。社員同士の距離が近く、オープンで話しやすい雰囲気が特徴です。さまざまな業界のノウハウが集結しているため、意欲次第であらゆる知見を吸収できると思います。 カフェのような開放感あるスペースも多いオフィスで快適に働けます。