1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【イベントレポート】and factory Beer Bash #4を開催しました!

こんにちは!HRの大畑です。
10/25に開催されたBeer Bash#4。こちらのレポートをさせていただきます。

今回のテーマは「若手エンジニアLT - スマホアプリ開発あるある編」です。


キッカケは前回イベントの懇親会に参加者の方から「LT枠で参加したかった」という一言を頂いたことからでした。実は登壇したいと考えているものの、初めてで遠慮してしまったとのこと。やはり初めての登壇は敷居が高く映ったり、そもそも受け入れられる場所が見つけられないといった話をされていました。その後も社外イベントでお会いしたエンジニアにこの話をしてみたところみなさん「登壇したい!」「でも何処で登壇すれば良いかわからない」という方が多くいました。


この結果を弊社エンジニアにも共有したところ、「確かに初めての人が気兼ねなく出来るLTイベントってあまりないですね」「自分もイベントで登壇してみたい!」といった話になったため、and factoryでその場を作ってみよう!となった次第です。

ただ、LTを行う上で一番重要である「テーマを何にしたら登壇しやすいか」を考えたのですが、ここでも社内のエンジニアからのアドバイスが非常に参考になりました。


開発の「あるある」ってナレッジなのでお互い共感しやすい(されやすい)ですし、
登壇者側の気持ちとしても共感を得られると分かりやすく嬉しいし、
懇親会の時もそういった話があった方が話しやすいですよね。何よりあるあるって言いたい!


・・・やっぱりエンジニアの気持ちはエンジニアに聞け!ということで、
今回のテーマ「スマホアプリ開発あるある」に決まりました!

なお、今回and factoryの初LT大会を盛り上げていただいた登壇者の方は10名の方です!
(テーマとともに共有させていただきます)

■はじめて枠
2takaanthony85さん・・・「UIViewのレイアウト更新メソッドを整理する」
ginyolithさん・・・「Androidアプリ開発初心者にありがちな事」
NIccariさん・・・「コメントを書こう!」
hironobuigaさん・・・「Codableあるある」
shinji_kurosawaさん・・・「ViewControllerのボイラープレートを自動生成する」

■LT枠
saikiさん・・・「リファクタあるある ~ショートカットキーを添えて~」
417_72kiさん・・・「Collection操作の罠」
noumiさん・・・「Androidエンジニアあるある」

■and factory枠
PKPK-Carnageさん・・・「Cocoa Touch Frameworkあるある」
domonrさん・・・「iOS開発に慣れてきた時にやりがちあるある」



今回発表されたテーマですが、大きく分けて2つのタイプとなっていました。


①具体的なテーマを1つ取り上げ、その中で深堀する内容
②大きな括りでテーマを設定し、いくつかの項目を挙げて展開する内容

①は「UIViewのレイアウト更新メソッドを整理する」「Codableあるある」「ViewControllerのボイラープレートを自動生成する」「Collectionの罠」、「Cocoa Touch Frameworkあるある」という発表が当てはまるかと思います。

各人がテーマに合わせた具体的な事例や対策までの共有があり、参加された方も興味深そうに聞いていました。登壇者毎が持つ得意領域や経験した「あるある」をもとにした内容は聞いている方も学びや気づきに繋がるものが多かったのではないかと思います。


また、②はAndroidエンジニアの割合が非常に多かったのが印象的です。「Androidアプリ開発初心者にありがちな事」「Androidエンジニアあるある」「iOS開発に慣れてきた時にやりがちあるある」「コメントを書こう!」がそれにあたります。

「何もしていないのにクラッシュする」というエンジニアリングを始めた頃、誰もが遭遇したと思われる「あるある」や、逆に慣れてきたからこそ陥りやすい「あるある」をはじめ、基本は忠実に進めよう!という内容が多く、特に「あるある札」があがる場面が多かった印象があります。特にアプリを作っても社内にAndroidユーザーがいないため評価がもらえず淋しいといった、Androidエンジニアが日頃感じている「あるある」は盛り上がったポイントの1つです。

他にも意外に知られていない便利なショートカットキーをひたすら紹介するという「リファクタあるある ~ショートカットキーを添えて~」「あるある」ではなく「へぇ〜」といった感嘆の声が多く新たな意味合いで特に印象的なテーマでした。

そして今回少しでも盛り上がっていただける方法はないかと考えて1つ仕掛けを作ってみました!それがこちらの「あるある札」です!


はじめての方も参加しやすいような出来る限り和やかな雰囲気を作りたいと考えるなかで、「あるある」をテーマに聞いている方にも参加してもらえる双方向なコミュニケーションが出来たらより楽しくなるのでは無いか?と考えました。
想像以上にみなさん積極的に使っていただけて、盛り上がりに繋がったのではないかと思います。


その甲斐もあってか、懇親会では過去のイベント以上にみなさん積極的に話をしていた印象です。発表されたものだけでなく、個々の抱える「あるある」を共有しながらヒントを得ている場面もありました。誰かに話すことで別視点の意見を得られて、新たな発見に繋がるのではないでしょうか。今後もテーマを変えながら続けていきたいと考えています。

懇親会で個別お話した時も、事後のアンケートでも次回登壇してみたいという答えがとても多く登壇のきっかけづくりを作る観点でも運営側として手応えを感じられる結果となりました。


改めてとなりますが盛り上がるテーマを展開していただいた登壇者の方、また数多くイベントがあるなかand factory Beer Bash #4を選んで参加していただき、みなさまありがとうございました!

これからもand factoryでは様々なテーマを設定したLT会を開催することで、みなさんにとって発信の場を作るとともに、成長に繋がる出会いを作り続けていきたいと考えています。今後さらに多くの方に面白いと思ってもらえるイベントづくりを進めていきます。

なお次回は11月22日(木)19:30〜、本イベントに参加したサーバーサイドエンジニアからも是非やってみたい!という話を出してくれたので「サーバーサイドエンジニアあるある」を行いたいと思います!

サーバーサイドエンジニアが感じる日頃の悩みなどを理解する場面になるはずです!ぜひアプリエンジニアの方もサーバーサイドが何を考えているか理解のために是非参加していただけたら嬉しいです。


応募はこちらから!

▶︎▶︎Connpassイベント応募ページ◀︎◀︎

■ 過去のイベント
Beer Bash #1「IoTテーマのトークセッション」
Beer Bash #2「若手エンジニアとのMeetUpイベント 〜キャリア〜」
Beer Bash #3「Firebaseのハンズオン」

andfactory株式会社's job postings
12 Likes
12 Likes

Weekly ranking

Show other rankings